よろずや– 10,000ビジネスストア

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

日本のコンビニに感動したことがあるなら、この言葉を聞いたことがないかもしれません。 よろずや。この用語は、すべてを販売する店舗、またはすべてをお金で提供、販売、または実行する意欲を指すために使用されます。

言葉 よろずや [万屋]とは、あらゆるものを売る店、またはあらゆる種類のサービスを行う人々を指します。よろずやは、すべてを知っている人を指すことがあります。それは、広く表面的にすべてを行う人、つまりジェネラリストを指すことができます。

おそらくあなたは聞いたことがあるでしょう よろずや お金のためにあらゆるサービスを行うあなたの会社を指すアニメ銀玉を通して。すべてを販売しているお店とアニメ銀玉とのつながりは?

発表
Yorozuya – a loja dos 10. 000 negócios

よろずや-日本の倉庫

日本には「よろずや」主に遠隔地や野外で。人口の少ない地域では、需要がないため専門店の設立が難しいため、店舗を見つけています よろずや.

それは通常、他の製品を販売する小さなスーパーマーケットまたは酒とキャンディーの店です。田舎には、生鮮食品から文房具まで、文字通り「すべての店」がありますが、すべてを売っているところもあります。

よろずやは古いバージョンと見なすことができます コンビニ。実際、すべてを販売しているこれらのコンビニエンスストアのフランチャイズは、置き換えられました よろずや 年を追うごとに、遠隔地にいる人だけを残します。

過去には、それはまた呼ばれていました ばんじ または バンヤ。に 沖縄、 それは呼ばれています 町谷。その英語版はGeneralStoreであり、その広範で表面的な意味を示しています。ポルトガル語で最も近いのは倉庫という用語ですが、それが適切な翻訳であるかどうかはわかりません。

発表
Yorozuya – a loja dos 10. 000 negócios

よろずやという言葉の意味

よろずや」は10,000 [万]の文字で書かれています。駅前や、さまざまな食料品やその日のさまざまな商品が売られている角にあるお店の総称。今日のコンビニエンスストアの前身と言えます。

実生活では、この単語は表意文字[万屋]でのみ書かれており、10,000は「すべて「。あなた銀玉アニメ、イデオグラムを追加 事[事] 文字通り「万営店」を意味します。

アニメ[事]に追加されたキャラクターは、単語の発音や読み方を変えることはありませんが、ビジネス、物質、物、またはサービスの感覚を追加します。アニメ銀魂でも、神楽は前身の名前を指します ばんじや.

発表

銀玉アニメでは、 よろずや 後にも絶滅しました Joui Wars、銀魂のものだけを残します。同じことが実際の生活にも当てはまります。コンビニエンスストアがこれらのジェネリックストアに取って代わり、残りはわずかです。

Yorozuya – a loja dos 10. 000 negócios

何でも屋-すべての仕事のための棒

よろらら 人気のある英語の用語も指します 何でも屋のトレーダー それは次のように翻訳することができます すべての仕事にこだわる。完全な表現は すべての取引のジャック、誰のマスター、その意味は「すべてのことを少し行うが、正しくはない」ということです。 

これは、多くのスキルに焦点を当てて経験を積むのではなく、多くのスキルに携わってきた人を指すために使用される比喩です。私によく似てるよ、笑!

発表

要するに、単語 よろずや それはすべてを売る店、日用品、倉庫またはバラエティストア、そしてすべてについて少し知っている人を指すことができます。これらの小さな日本の店を知っていましたか?