ヨミ– 死者の世界

によって書かれた

Matrículas Abertas para o curso de Japonês do Ricardo Cruz Nihongo Premium! Clique faça sua matrícula!

世界中のさまざまな文化の中で、私たちは常に「天国」と「地獄」についてさまざまな物語を目にします。エジプト人以来、私たちはすでに魂がどこかに連れて行かれたという報告を持っています。たとえば日本では、ヨミ[黄泉]は死者の国にすぎません。

それがステュクス川、タルタル、または他の種類の死者の世界と比較できるかどうかはわかりません。最も明確な類似点は、通常、死者の魂がこれらの場所に連れて行かれるということです。日本語の単語は、特にハデスや地獄を指すために使用することもできますが、その日本語の意味は独特です。

とにかく、後で比較することができます。今度はYomiを扱います。結局のところ、一部の文化では、「地獄」は「天国」と同じくらい重要であり、さらによく知られています。もちろん、それらがすべてではありませんが、それが依然として重要である理由です。しかしとにかく、ビジネスに取り掛かりましょう。

Yomi - o mundo dos mortos

ヨミ-死者の世界

ヨミ、日本の神話と 神道 死者の世界を呼びます、どうやら死者はそこに行きます。死んだ人がその場所にどれくらい滞在するかを言うことはできません。結局のところ、その情報は発見されることから離れた死です。その上、私たちは彼らがそこで何をしているのか分かりません。

この場所のドアはひどい生き物に守られています。そんなことを想像できれば、見た目すら想像できない生き物。興味深いのは、これらの生き物が理論上、ヨミの出口を守っているということです。結局のところ、多くの人がこの場所を離れたいと思うに違いありませんが、入りたいと思う人はほとんどいません。

死んだ男がそこに落ちて餌を与えられると、彼はヨミの中心に連れて行かれます。入った後、死んだ人は外に出て、生きている土地を訪れることは許されません。&Nbsp; 彼には、ヨミとハデス、地獄の神、または地獄自体との類似点を描くオプションしかありません。

Yomi - o mundo dos mortos

ヨミはによって運営されています イザナギ 地下世界の偉大な神であるミコトで。麹木によれば、読美への入り口となる扉は出雲県にあるそうです。ドアはイザナギのミコトによって封印されていたでしょう。

 死者は緯線を除いて他のどこにもヨミを離れることができないので、ドアはちびきの岩と呼ばれる巨大な石によって永久に塞がれていました。

イザナギが中津国の芦原に戻った後、ヨミは「汚染された土地」であり、日本語に翻訳するとケガレキ国であることに気づいた。そして、あなたのこの観察は、 神道 死と汚染の間。

ヨミについての意見

多くの学者は、ヨミのイメージは古代日本の墓に由来すると信じています。遺体は分解のためにしばらく放置されていました。ヨミの目的を奪うことができるようになりました。

基本的な説明として、死者の世界は、死者をしばらく暗闇の中で「待っている」ままにする傾向があります。少なくともあなたの瞬間が来るまで、今の問題は「何の瞬間?」です。 この質問は当分の間未回答のままであり、誰も答えに戻っていません。

いつ 仏教 日本に到着したヨミも、仏教の地獄の一つと見なされるようになりました。カクリのように、閻魔が率いる地獄。

Yomi - o mundo dos mortos

しかし、私たちの興味をそそる1つのことは、明らかに、この死者の領域は、死すべき世界で地理的に継続しているということです。それだけでは、地獄と比較することもできません。地獄では、死者は過去に犯された罪のために苦しむ傾向があります。

さて、これらの場所のそれぞれには、その違いがあります。ヨミでは、故人が過去に何をしたかは、それが良かったか悪かったかは関係ありません。 「魂」は単に世界に入り、その存在は暗闇、衰退、そして憂鬱の道をたどります。

旅行する準備はできましたか?

しばらくすると、あなたはこれらの問題にますます興味を持つようになります。主に、それ自体がすでに特定の魅力をもたらしているという信念のためです。多くの人がこのような謎に興味を持っており、死後の生活やすべてを知ることに興味を持っています。さて、誰がそれがどうあるべきかを知りたくなかったでしょう?おそらく面白くて怖い。

しかしとにかく、あなたが好きな別の文化からの死者の世界はありますか?文化や場所を問わず、誰でもかまいません。コメントに残してください。また、ソーシャルネットワークでサイトを共有することを忘れないでください、それは大いに役立ちます。