角田有希 – F1で唯一の日本人

[ADS]広告

フォーミュラ1をしっかりとフォローしている人にとって、グリッド上のアジア人の数は、トラックで競う多数のヨーロッパ人と比較して、常に非常に少ないことがわかります。しかし、2022年には、アルファロメオチームの中国人周冠宇とアルファタウリの日本の角田裕毅という2人のオリエンタルドライバーがこのカテゴリーで競い合っています。

この記事では、世界で最も重要で争われているレーシングカーの競争で日本を代表するドライバーが誰であるか、そしてモータースポーツにおける日本の歴史についての好奇心を詳しく知ることができます。

だから椅子に座ってエンジンを回転させてください! ここをクリックして、アイルトン・セナと彼の日本での人気についての記事を読んでください!

-角田裕毅は誰ですか?
角田裕毅-F1で唯一の日本人

フォーミュラワンの日本

ブラジル(エマーソンフィッティパルディ、ホセカルロスペース、ルーベンスバリチェロ、フェリペマッサ、ネルソンピケ、 アイルトン・セナ)、日本はモータースポーツに情熱を注ぐ国です。さらに、一部の日本人ドライバーは、F1シーズンに頻繁に参加することができました。

中嶋悟、鈴木亜久里、佐藤琢磨、小林可夢偉などの名前は、トラックで最も目立った日本人だったのかもしれません。これらのドライバーは、それぞれのシーズンで、世界選手権での日本人の最初のポイントから、サンマリノでのセナのロータスを運転する中島の6位(1987年)から、日本での最初の表彰台まで、良い結果を達成しています。鈴木亜久里が1990年に優勝し、21世紀初頭の佐藤琢磨と小林の良いレースまで。

-角田裕毅は誰ですか?
それぞれ中島悟、小林可夢偉、鈴木あぐり。

角田裕毅とは?

2021年以来、新しいキャラクターがフォーミュラ1でこの日本人の厳選されたギャラリーに加わりました。彼の名前は角田裕毅(2000 –)で、身長1.59メートルの若い日本人ドライバーで、フォーミュラ1で2シーズン目を迎えています。神奈川県、より具体的にはサミガハラ市。 2018年の日本のF1チャンピオンである彼は、F1に到達するまでの道のりで良い結果を収めました。

彼は2000年代にグリッドに加わった最初のドライバーです。角田はAlphaTauriチームのためにレースをしており、少なくともこれまでのところ、ルイスハミルトン、マックスフェルスタッペン、シャルルルクレールなどの「大きな選手」を気にしないドライバーとしての地位を確立しています。最近、F1で彼を認定し、2022年の契約を更新したという事実。

彼はまだ21歳であるため、トラックで多くの進歩を遂げ、近い将来に優れた結果を達成する可能性は十分にあります。

最近のインタビューで、角田は現在のチームとの契約更新に非常に驚いたことを明らかにしました。「私はヒットしただけです」と言って、ドライバーとしてのキャリアの初めに彼が持っていた矛盾を認識することに謙虚さを示しました。世界のモータースポーツの主なカテゴリー。

フォーミュラ1に関するYouTubeチャンネル

YouTubeのF1に関する最高のブラジルのチャンネルのリストは次のとおりです。

フォーミュラ1の語彙

  • レーサー = Piloto de corrida;
  • レーシングカー = Carro de corrida;
  • ドライバー = Piloto, Motorista;
  • ワールドチャンピオン = Campeão Mundial;
  • エフ1 = F1、フォーミュラ1;
  • 車(むま)= Carro;
  • 設備(せつび)=設備;
  • ヘルメット=ヘルメット;

どうしたの?あなたはその記事が好きでしたか?いいね、コメント、友達とシェア!

この記事を共有する: