和郷、菅生、外来語– 日本語の起源

日本の言葉の起源は、WAGOかんごとがらいごの3つに分けられます。であること wago 日本のネイティブの言葉、 kango 中国原産と言葉 gairaigo 外国起源の言葉。この記事では、それらの言葉について少しお話します。

日本語の半分以上は外国語で構成されており、約49%が中国、18%が他の国、33%が古代日本です。チャインから離れた言語でさえ、多くのことが適応され、今日の日本人を変えています。

日本の母国語は、開発された時期から大和言葉と呼ばれています。中国語が中国と韓国の影響を受けて発展したのは、長い大和時代(250-710)でした。

和郷、かんご、外来語-日本語の起源

大和言葉[和語] –日本語由来の言葉

和吾は日本発祥の言葉、つまり やまとことば [大和言葉]。これらは通常、表意文字のKUN読み取り値を持つ単語です。他の言語との類似性なしに、ほとんどの場合、日本語のために特別に作成された外部の単語。

言葉 wago 通常、3つ以上の音節があり、ほとんどの非suru動詞[する]とで終わる形容詞を構成します。 i [い]。言葉 ことばやまと または和語は通常、ひらがなと漢字を組み合わせて書かれています。

和郷、かんご、外来語-日本語の起源

2つの漢字で構成される単語にON(中国語)の読みとKUN(日本語)の読みがある場合、その単語は和語と見なすことができます。

KANGO [漢語] –中国語由来の言葉

中国語は、文字通り漢字を意味する漢字と呼ばれる表意文字で、日本語に非常に存在します。和製漢語は、日本語で使用される中国語由来の単語です。菅生は漢語とも呼ばれます。

カンゴの言葉は必ずしも中国の言葉に対応しているわけではなく、中国でのみ採用されたか、その起源を持っていました。日本語で発明されたこれらの言葉は 和製漢語 意味が異なる場合や、偽の同族である場合があります。

和郷、かんご、外来語-日本語の起源

言葉 kango 通常、 中国の読書 (ヨミ)。するという形の動詞は通常中国語に由来し、ななのような形容詞やひらがなのない通常短い単語はしばしばカンゴです。

日本語の数字はしばしば読書で発音されます ON 1つであること kango [いち、に、さん]、場合によっては wago 数える[ひとつ、ふたつ、みつ]。

外来語[外来語] –外国語

これらはすべて、日本で使用されている外国起源の単語です。 カタカナ。それらは、英語、ポルトガル語、フランス語、およびその他の言語から発信できます。日を追うごとに、日本はその語彙でより多くの外国起源の言葉を獲得し、実際には平均18%高くなりました。

Gairaigo 文字通り借りた言葉を意味し、中国語とは異なり、古代の日本人とその発展に影響を与えませんでした。これらの言葉は、国の西欧化に現れた新しいもののために日本語になりました。

和郷、かんご、外来語-日本語の起源

ポルトガル語には、ホットドッグ、ハンバーガー、ミルクシェイク、フィットネス、アウトドア、インターネット、ノートブック、ダウンロードなど、何千もの外国語もあります。すでに日本語で、これはさらに高いレベルです。

両方でgairaigoから派生した動詞さえあります する形 [する]通常の方法と同じように。

この記事が、わご、かんご、外いごについて少し理解するのに役立つことを願っています。気に入ったら、コメントを共有して残してください。

この記事を共有する: