ユネスコは和草を世界遺産に認定

[ADS]広告

鷲食は伝統的な日本料理に付けられた名前です。美食は、食事(食)が提出される材料と風味の調「和」を反映しています。 「鷲国」という表現は、伝統的に、WA:日本人または日本から/ SHOKU:食べること、食べ物を意味します。

鷲徳は非常に重要であるため、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は2013年12月に世界遺産に認定しました。鷲徳は、季節ごとの食べ物と季節ごとの品質を重視しています。ユネスコが選んだ他の伝統的な料理は、フランス料理、メキシコ料理、地中海料理です。

わそくがタイトルを獲得したきっかけは何ですか?

和草が人類による無形文化遺産の称号を取得するために、自然の風味、見栄え、健康的な食事、文化的反射などが考慮されました。ナチュラルフレーバーについてこれ culinária 季節を考慮した食材の活用にこだわっています。これは、自然が提供しなければならないフレーバーへの配慮と熱意を示しています。結局のところ、季節ごとに理想的な料理があり、適切な季節になるとその味がより強調されるため、シェフは気候変動に応じてメニューを調整します。

見た目だけで注目を集めるには、見た目に注意を払うことが非常に重要です。結局のところ、の画像を見て喜んでいない人 美しい料理。あなたが「良い顔」を持っているなら、私たちは確かに料理にもっと惹かれていると感じるでしょう。見た目は季節、食べ物の種類、料理が伝えたいメッセージについて考えられています(そうです、食べ物は場所、季節などのメッセージを伝えます)。

A 健康的な食事 を考慮に入れる重要な要素であり、それぞれの場所で伝統的な食べ物の適応がありますが、日本でのみそのオリジナルの100%食べ物を食べることができます。文化的な伝統もプレートに存在する必要があるものです。ワソク 家族、友人、親しい人との付き合いの食事と見なされています。人間関係の強化を目的としています。

鷲徳-ユネスコは和草を世界遺産に認定

一十三彩, Umami とゴハン

一汁三菜は「一汁三菜」を意味し、伝統的な鷲徳の主なアイデアと考えられています。 THE 白米 ほぼ必然的に漬物と呼ばれるきゅうりのピクルスを添えたメインディッシュです。鷲徳は次のもので構成されています。漬物またはこのものの小皿。味噌や野菜、豆腐、海苔の入ったスープなどのスープのボウル肉、野菜、魚、豆腐などの3つのおかず。

それぞれの味に合わせて料理を構成できる一般的な材料は次のとおりです。「醤油」。「日本酒」;ライスワイン(味醂);米「酢」;細切り「鰹節」;藻類 昆布 (昆布); 味噌 (味噌)と椎茸。

うま味は、酸味、甘味、塩味、苦味など、人間の味覚の5つの味の1つです。日本語由来の言葉は「味わい深い味」を意味します。この文章は、「うまい」という言葉から選ばれました。 mi (味)「味」。うま味という文字は、食べ物がおいしいと見なされるときに一般的な意味で使用されます。この味は1908年7月25日に池田菊苗教授によって発見されました。人間の舌のアミノ酸グルタミン酸(うま味の主な代表)の特定の受容体(mGluR4)を特定した後、2000年代に科学界によって公式に認められました。

鷲徳-ユネスコは和草を世界遺産に認定

しかし、これらの味にアクセスするために、必ずしも日本に行く必要はありません(もちろん、この機会があれば素晴らしいでしょう!)いくつかの国では、日本文化と和徳料理に焦点を当てたレストランがあります。これらの料理のいくつかの例は次のとおりです。

  1. 揚げ出し豆腐:揚げ出し豆腐。
  2. 牛丼:肉と玉ねぎをのせた丼。
  3. 金平ごぼう:にんじんとごぼうをごま油と醤油で炒めたもの。
  4. 「肉じゃが」:牛肉のジャガイモ、にんじん、玉ねぎの煮込み。
  5. おでん:魚、卵、大根、こんにゃくなど、鍋で煮込んだ具材。
  6. 親子丼:鶏肉と卵のご飯。
  7. 「天ぷら」:野菜やシーフードのパン。
  8. とんじる:豚汁と野菜の味噌汁。
  9. とんかつ(豚カツ):豚肉のパン
  10. しゃぶしゃぶ:肉、野菜、豆腐のスライスをスープで調理し、醤油またはごまソースに浸した鍋。
  11. そば(蕎麦):温かいまたは冷たく、さまざまなトッピングで提供されるそば。
  12. 「すき焼き」:肉と野菜の薄切りを甘いスープで調理し、生卵に浸します。
  13. 「焼き鳥」:串に刺したローストチキン。
鷲徳-ユネスコは和草を世界遺産に認定

O 炊き込みご飯 それは日本料理の基本であり、日本米としても知られています。ご飯は小さなお椀に入れ、他のご飯はお皿やお椀に分けて入れます。ご飯は茶碗でお召し上がりいただけます。各コースのアイテムは、お皿ごとに小皿(サラ)または丼(ハチ)に入れられます。これは自宅でも行われます。そしてそれは、ダイニングテーブルの真ん中に提示された大きなサービングプレートの一部が各人に与えられる家庭での洋食とは対照的です。

日本のスタイルは伝統的に、同じ料理の中で異なる味の料理が互いに接触することを好みません。そのため、部分は他の容器に分けられたり、シートで分割されたりします。伝統的な日本料理でお召し上がりいただけます。

それで、あなたはこれらのどれかを試しましたか、それともいくつか知りたいですか?

この記事を共有する: