ナガシとおろ– 川沿いのランタンフェスティバル

によって書かれた

ゴールデンウィークウィークが始まりました!無料の日本語クラスがいっぱいのイベント!ここをクリックして今すぐご覧ください!

あなたは自分自身を置く日本のお祭りを知っています 懐中電灯 浮かぶ川へ?このお祭りは灯籠流しと呼ばれ、この記事ではこの有名な日本のお祭りについてお話します。

言葉 "tooroo」[灯籠]は懐中電灯と「ナガシ」[流し]は巡航または流れを意味します。一般的に、トゥーロは発泡スチロールのプレートまたはピンのボード、竹、名誉の名前を書くための色紙、およびキャンドルで作られています。

1946年、東京市で「灯籠流し」が開催され、隅田川に約3,000本の提灯が投げ込まれました。

Tooro nagashi - festival das lanternas ao rio

日本で最も有名なTooroNagashiは、田葉田まつりで行われる長崎のものです。

トゥーロナガシフェスティバルの起源

第二次世界大戦後、街は経済的に荒廃し、そのような提灯が打ち上げられたのは、死者の魂を記念するためであり、彼らを称え、感謝する方法でした。このイベントは40年間、1965年から2005年の間に中断されました。

仏教の信念によると、8月13日から15日の間に祝われ、家族と再会するために祖先の霊が家に戻ったことが特徴です。

Tooro nagashi - festival das lanternas ao rio

遠尾長志、終わりを告げる おぼん時代 (ブラジル人の死者の日と同様の休日)通常、家族が祖先の魂に別れを告げ、故人の名前が書かれた明るい提灯とメッセージを添えて、彼らの帰還を明らかにする夕暮れ時に起こります。そして平和を広めます。

喪に服する死者の日とは異なり、このお祭りは楽しいお祝いになる傾向があり、日本で最も長い休日を締めくくります。これには、歓迎の火から始まる5つの注目に値する世界的に有名なイベントが含まれます。飲み物、食べ物、お菓子を提供します。墓参りと清掃;お盆おどり;そして最後に灯籠流河)。

ブラジルのナガシトゥーロ

サンパウロ州(日本人と子孫が多い)のブラジルでは、11月の最初の2日間に死者の日があったため、レジストロ市が灯籠流煥の祭典の先駆者となりました。 、1955年。

Tooro nagashi - festival das lanternas ao rio

祝賀会は成長し、それが構成されたとき、文京はイベントの組織を主導し始め、それはもはや祖先だけに限定されず、BRでの事故の犠牲者を称え始めました- 116高速道路。

灯籠流朗は結局仏教の信念になり、いくつかの宗教を統合したエキュメニカルな儀式となり、レジストロ/ SPの都市カレンダーに統合されました。

日本でのこのお祭りについてどう思いましたか?聞いてますか?記事が気に入ったら、コメントを共有して残すことを忘れないでください。最後に、TooroNagashiについてのビデオを残しましょう。