日本で最も奇妙な祭り

によって書かれた

リカルド・クルーズ・ニホンゴプレミアムの日本語コースへの登録を開始します!登録をクリックしてください!

日本は一年中開催される数多くのフェスティバルで有名です。&Nbsp;一部は の制限を超えてしまい、西洋人にとって、あるいは自分自身にとっても奇妙で奇妙なものになってしまいます。今日の記事では、あなたが参加したくなるような奇妙で奇妙なフェスティバルをいくつか紹介しました。

北海へそまつり

北海道のフラノ市には、へそまつりやおなかの祭りがあります。このフェスティバルでは、参加者は腹に顔を描き、腹の顔に「体」を持たせる特別な衣装を着ます。

Eles então dançam para concorrer a prêmios, embora talvez, os verdadeiros vencedores sejam os espectadores! Esta é uma brincadeira divertida e com cerca de 5.000 participantes expondo suas barrigas pelos dias 28 e 29 de julho de cada ano (foto de capa do artigo).

かなまらまつり

カナマラまつりは日本でとても人気のあるお祭りで、国際的にも知られています。毎年4月の第1日曜日に開催される新東の僧侶たちは、ボートの形をした構造物の上に金属製のペニスを置いたミコシと呼ばれるサポートを持ち歩いています。

現代では、多くの人が集まって金属製のメンバーの写真を撮り、ロリポップ、チョコレートで覆われたバナナ、その他のかなり奇妙なものなどのお土産を購入しています。それから彼らは言うことについて不平を言う 日本は奇妙で奇妙です.

Festivais bizarros

Hitorizumo Matsuri (sumo)

絵姫県では、毎年5月5日、つまり子供の日、稲作の運命をめぐる大規模な戦いが繰り広げられています。この戦いは、近島島の大山住神社で行われます。この戦いは、相撲取りが米の精神と戦う。つまり、誰かが見えない。相撲レスラーが戦いに勝ったと言ったときに不正行為をしていないかどうかをどうやって知ることができますか?

はだかまつり-お守りを切望する裸の男たち

日本を訪れる多くの人は、次のような公共の場所でヌーディズムに備える必要があります。 onsen (águas termais) e sento (banhos públicos), lugares onde a modéstia é deixada na entrada. Assim não é nenhuma surpresa que há festivais que celebrem o nudismo.

はだかまつり では男性は fundoshi (tanga)。最も有名なのは岡山県の西田寺です。このお祭りでは、約1万人の男性参加者が狭い場所でふしだらに身をこすり合わせています。&Nbsp;彼らはシンギと呼ばれる幸運な魅力を必死に競います。

Festivais bizarros

 フェスティバルは毎年2月の第3土曜日に開催され、天候は非常に凍結しています。さらに、参加者は冷水に浸ります!この暴力的でテストステロンに満ちた気候に立ち向かう勇気はありますか?

なきずもまつり

なきずもは赤ちゃんに健康をもたらすことを目的としたお祭りですが、そのためには泣かなければなりません。セソジの東京時代には、約60人の赤ちゃんが相撲リングに連れて行かれ、レスラーが赤ちゃんを優しく振って、最初に泣いた人を勝ち取ります。

Um arbitro fica a disposição gritando “NAKE, NAKE!” (“Chora,Chora!”) e se os bebês mesmo assim não chorarem, alguns voluntários com mascarás entram no ringue para assustar as crianças e acelerar o processo. As competições do Nakizumo, ocorrem em várias partes do Japão e dependendo da região o bebê que chora primeiro é o perdedor! Este ritual acontece a cerca de 400 anos, embora o evento no Templo Sensoji só foi iniciado em 1991.

パントゥフェスティバル

Na verdade, existem duas versões deste festival, ambos praticados em Miyako na ilha de Okinawa. Ambos envolvem o Pantu, seres sobrenaturais que se encontram em algum lugar entre deuses e demônios e vagueiam pela cidade com uma procissão de sacerdotes para afastar os maus espíritos. Acredita-se que o festival esteja relacionado com festivais semelhantes na Indonésia e Micronésia.

ひらら島尻地区の祭りはパントゥプナハと呼ばれ、年間を通して異なる時期に開催される3つのフェスティバルの最後で、総称してパントゥサツプナハと呼ばれます。このフェスティバルのモダリティの1つは、草や泥に覆われた3人の男性がいたるところを歩いていることです。彼らは片方の手に棒を持ち、もう片方の手に恐ろしいマスクを持っています。Pantuで汚れた人は、1年間保護されます。住宅所有者はまた、パントゥに彼らの家を祝福するように勧めます。

Festivais bizarros

なまはげまつり

子供たちを怖がらせるために使用されるもう一つの奇妙な祭りは、なまはげまつりです。なまはげは、秋田の男鹿市で仮面をかぶって子供たちを怖がらせる悪魔です。大晦日、ナマハゲは怠惰で不従順な子供たちに踊り、叫びながらその地域を歩き回ります。

両親は彼らを彼らの家に招待し、 mochi (bolinho de arroz) e sake em troca da promessa de boa saúde e boa colheita no ano novo. Mas esses “demônios” certificam-se de assustar um pouco as crianças desobedientes antes de irem para o próximo lugar. O vídeo abaixo mostra todo o processo, desde a purificação do Namahage.