日本におけるAndroidロボットの進歩

[ADS]広告

何年もの間、日本人は常に人間のロボットを作ろうとしてきました、そして今日、彼らはすでに近づいています。この記事では、日本のロボット工学の進歩について少し紹介するビデオをいくつか残しておきます。

Androidノード(人間の外観を持つロボット)のみに焦点を当てます。 Androidがどのように提示されたか、そしてスピーチと動きの観点からテクノロジーがどのように進歩しているかを示すいくつかのビデオに気付くでしょう。

女性の形でロボットを指定する方法の1つは実際には ginoide.

歯科医を訓練するロボット!

昭和大学は昭和花子を支援するために作成しました 歯科研修生 彼らの職業を訓練する。

話すロボット

トーキングロボットが導入された2010年には大きな進歩でしたが、大きな制限がありました。ビデオは少しプレゼンテーションを示しています、あなたは理解するために英語か日本語を知っている必要があります。

動きを模倣するロボット

2台のロボットへの報告とインタビュー

Asuna

Asunaは、2014年と2015年に導入された、より人間の動きのあるロボットであり、ロボット工学の大きな進歩を示しています。それはまだ完全に現実的ではなく、時には恐ろしいことさえありますが、以下のダイアログで、質問に答える能力、簡単に、そして非公式な方法で確認さえする能力を見ることができます…

対話の中で、日本人は彼女の名前を尋ね、彼女は答え、そして彼女の年齢さえ言います。日本人が言うとき:18歳?彼女はまた、「十才だよ」と確認しています。これはすでに私の注目を集めています。

https://www.youtube.com/watch?v=GIwwE8TEZ4I

また、2015年2月のフェアでも少し違った形で発表されました。

その外観は、アニメの一部であるパー​​ソコンに似ていることがわかります chobits.

ロボットの歌と踊り

下のビデオで紹介されている女性ロボットHRP-4Cは、歌ったり踊ったりすることができます。

そうすれば、ボーカロイドはすぐに生き返ります。

それは私が見つけたいくつかのビデオで、Androidが日本でどのように進歩しているかをあなたに教えてくれます。あなたはどう思いますか?より人道的なロボットを作るのに長い時間がかかるのでしょうか?

この記事を共有する: