Tenji – 日本語の点字の使いやすさ

[ADS]広告

Tenji [点字] は点字を表す日本語の単語で、視覚障害のある人が使用するアルファベットで、6 点のレリーフを使用して文字を表し、人々が読むことができるようにします。

日本語の「点字」という単語は、文字通り点と文字の表意文字を組み合わせたもので、文字通り点のアルファベットです。

読むことをお勧めします:

日本における点字の使用

日本では、点字は、視覚障害を持つ人々が独立して読み書きできるようにするためのアクセシビリティ ツールとして広く使用されています。

トイレやエレベーターなどの公共エリアでは、点字で情報を表示した標識やラベルを見つけるのが一般的であり、これらのスペースはすべての人がアクセスできるようになっています。

さらに、個人用の特定の点字プリンターとモニターがあり、視覚障害のある人が情報にアクセスして効率的にコミュニケーションをとることができます。

日本の洋式トイレ

日本にも著作権法があり、著作権保護期間中であっても、出版された作品を点字で複製することが認められています。これは驚くべきことです。コンテンツの作成を作成者に依存することなく、すべての人が情報にアクセスし、独立して包括的にコミュニケーションできるからです。

また、日本の街頭では、目の不自由な人が信号の開閉を識別できるように信号機に音を発しています。すべての床は黄色のストライプで覆われています。

シャンプーの容器、紙のパッケージ、プリペイドカードの記録、帳票など、視覚障害者のことを考えて作られた日本のものはたくさんあります。

日本の失明、大阪駅の点字

日本の路上で黄色のブロック

日本の歩道や駅にある黄色いブロックを見たことがありますか?これらのブロックは、視覚障害者が自分の道を安全に歩くために使用されます。

日本で最初の点字パッドは、1965 年に三宅誠一によって発明され、1967 年 3 月 18 日に岡山市中区の国道 250 号原尾島線の現在の交差点に開発されました。

点字ブロックには、進行方向を示す直線が並んだブロック(リニアブロック)と、危険な場所や誘導設備の位置を示すドット状の警告ブロック(ドットブロック)の2種類があります。

地下鉄駅のブラインドウェイ

日本語の点字

日本語の点字表記は、ほとんどの国と同様に 6 点構成になっています。ポイントには 1 ~ 6 の番号が付けられ、左側の 3 つのポイントには 1 ~ 3 の番号が付けられ、右側の 3 つのポイントには 4 ~ 6 の番号が付けられます。

現在点を「●」、不在点を「○」で表す。これが読み方であり、点字タイプライターなどのデバイスを使用して書く場合、紙の裏にドットを押す技術により、ドットの順序が逆になることに注意することが重要です.

日本語は伝統的に、ひらがな、カタカナ、漢字の 3 つのアルファベットで構成されています。点字ではこれが簡略化されており、ひらがなとカタカナは同じで、漢字はありません。

基本的に、日本語の点字は多くの外国人や日本人の夢であり、表意文字のない音節文字だけで構成されたアルファベットですが、表意文字は文法や発音が似ている単語を理解するために重要であることを知っています。

読むことをお勧めします: なぜ日本人は自分の言語で表意文字(漢字)を使うのですか?

Tenji - 日本語の点字の使いやすさ

点字の濁点と縮約音はどうですか?

伝統的な日本語とは異なり、文字に濁点または半濁点 (バパ) が必要な場合、日本語の文字の前に、濁点の 5 と半濁点の 6 にドットを含む構造が使用されます。

読むことをお勧めします: 濁点と半濁点-日本語の引用符

同じことが、ポイント番号 4 でマークされている短縮音 (きゃ) にも起こります。違いは文字にあります。これは通常、小さなかなの音を表します。たとえば、[きゅ] は [く] と使用されます。きゃは使われます[か]。

濁点は縮んだ音と混ぜることができるので、前のフレットではポイント4と5をマークし、その後に[か]を付けて[ぎゃ]を表すことができます。理解しているかどうかわかりませんが、簡単にするために、以下の画像を残しておきます。

Tenji - 日本語の点字の使いやすさ
Tenji - 日本語の点字の使いやすさ
Tenji - 日本語の点字の使いやすさ

指を使った点字コミュニケーション

「ハンド スコアリング システム」または「フィンガー スコアリング システム」として知られるコミュニケーション システムは、視覚障害者と聴覚障害者がコミュニケーションをとるために使用する方法です。

6 本の指 (親指、人差し指、中指、薬指、小指) を使用して、点字システムの 6 つのドットを表します。このシステムは 1981 年に福島玲子によって作成され、1989 年にストックホルムで開催された第 4 回ヘレン ケラー世界会議で英語で発表されました。

手動採点システムは点字のルールに従いますが、会話での使用に適応しています。たとえば、単語間にスペースを使用しない、セミコロンなどの句読点を使用しない、音声句読点を使用する、通信相手の名前で始まる、一般的な単語の略語を使用するなどです。

手動の句読点システムは、手書きや手動の通信システムなどの他の形式のコミュニケーションよりも高速で正確であり、点字を既に知っている人でも簡単に学習できます。

この記事を共有する: