節分 – 鬼に穀物を投げて春を迎える

[ADS]広告

日本では鬼に扮したり、大豆を投げたりする休日があることをご存知ですか?今日は春節と呼ばれるお祭りについてお話します setsubun.

当時、気候変動は通常病気を引き起こすので、日本人は原因が悪魔である可能性があると信じていたので、彼らは彼らを驚かせました sojas 叫ぶ」Oni でる! がんばろう 内部!"。 

一年の季節の経過には、春(立春)、夏(立春)、秋(立秋)、冬(立秋)という名前があります。

Setsubunとは何ですか?

Setsubun [節分]は文字通り「季節を分ける、または分ける」という意味で、2月上旬に冬と春に別れを告げる祝日です(通常は2月2日から4日の間です)。

その日が起こる Mamemaki  [豆撒き]世帯主または年に対応する干支を持っているメンバーによって行われる儀式。この儀式では、ロースト大豆が服を着た人に投げられます オニマスク (鬼、悪魔)。

この儀式の間、メンバーは次のように叫びます。福和内」(幸運、幸運、良いことへようこそ)「おにわそと” (Fora os demônios、不運、悪いこと)。この習慣は、8世紀に中国人によって日本に導入されました。

日本語で書かれています:鬼は外福は内

豆巻鬼の起源

ほとんどの習慣のように、これは中国人によって導入されました。日本では、この儀式は、平安時代(794年から185年)の皇帝の家で冬の終わりに行われたツイナまたはオニヤライと呼ばれる式典で始まりました。

物語では、登場人物は鬼と女性です。古い伝説によると、老婦人は老人から何かを盗もうとします。しかし、老人の姿は、人間に変装する力を持った「鬼」に変装したものでした。

老人は盗難を見たとき、鬼としての本性を明らかにした。驚いたことに、老婆は最初に見たもの、つまり大豆を手に取り、彼に投げつけました。それが大豆を投げる伝統が生まれた理由です mamemaki.

この習慣は、実際に「桃の小枝」が使われた706年にさかのぼりますが、その話が始まって初めて大豆が使われるようになりました。桃はの寓話に関連しています momotarou オニスを倒した人。

節分-春に入る鬼に穀物を投げる

なぜ大豆?

日本人は、大豆は家を浄化し、すべての悪霊と不運を追い払うための象徴であると信じています。そして、春のsetsubunは、カレンダー上で月の大晦日、つまり一種の大晦日であると考えられていました。

その日には、前年からの悪の浄化と翌年に病気を引き起こす可能性のある悪魔の除去のための広範な特別な儀式が伴いました。

もう一つの習慣は、大豆食品、できればあなたの年齢に相当する量の大豆を食べて健康を維持することです。その中にはnattoがあります。 misoshiru ととうふ、 大豆由来食品.

人々はまた呼ばれる特別な寿司を食べます Ehoomaki。この寿司はスライスできません。カットとは破裂、分離を意味し、それによって運をカットすることができます。

祭りでは、寺院は白と赤で装飾され、お祝いが行われ、訪問者のために特別な穀物を投げるのが通例です。かかわらず Setusbun 日本全国で祝われ、国民の祝日とはみなされません。

以下のチャンネルビデオは、この儀式についてもう少し示しています Mamemaki 学校の学生によって練習された:

この記事を共有する: