サスマタ – 日本の学校における武士の武器

[ADS]広告

刺股は、封建時代の日本の武士が使用するフォーク槍で、マングラバーとしても知られています。刺股は、突棒と袖搦と呼ばれる他の2つの武器とともに、武士の警察と治安部隊によって、犯罪者や容疑者を傷つけたり群衆を支配したりすることなく逮捕するために使用されました。刺股は、個人が棒をつかむのを防ぐためにとげでいっぱいの2メートルの棒を備えた2点フォークのように見えます。

現在でも、サスマタの現代版は、警察が自衛の道具として時折使用しています。これらの現代のサスマタは、多くの場合、鋭い刃やスパイクのないアルミニウムで作られています.また、侵入者や暴力的な攻撃者から身を守るために、学校などの公共の場所でも使用されています。

刺股-日本の学校での武士の武器

日本の学校の笹田

日本の多くの学校は、侵入者や学校への侵入を阻止するために笹俣を守ってきました。この武器は、武装していない場合に非常に便利です。日本では武器を見つけることがまれであるため、この武器は機能します。

刺股は壁にぶら下がっている戦略的な場所にあるか、侵入に備えたアイテムが置かれている場所に保管されているのが一般的です。刺股の向こうに盾を見つけて身を守ったり、敵から戦略的に前進したりできる場合があります。刺股で人を動けなくするとき、次の賢い行動は彼を縛って彼を投獄することでしょう。

刺股を使用した日本のいくつかのケース: 愛一では、62歳の男性がキッチンナイフを持って一宮の学校に入学し、3人の教師が笹俣を使って侵入者を止めました。東京でも同様のことが起こり、再び笹俣と一緒に3人の教師が容疑者を捕まえたと、校長はそのような機会のために訓練されたと言った。

以下は、動作中の笹俣のビデオです。

この記事を共有する: