OpenToonz– StudioGhibliが使用するアニメーションプログラムが利用可能です

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

オープンソースのアニメーションプログラムOpenToonzが3月26日に開始されました

OpenToonzのダウンロードの公式ページ: https://opentoonz.github.io/

説明/リリース前のプログラムについて話している古い記事! 

発表

Studio Ghibliが使用するToonzベースの新しいソフトウェアでは、新しい機能を無料で追加できます。

東京–ドワンゴは、イタリアのローマに拠点を置くDigital VideoSPAによって作成されたToonzアニメーション制作プログラムの権利を取得したと発表しました。両社間の合意により、ドワンゴはプログラムのオープンバージョンを開発することを決定しました。 OpenToonzは、3月26日から誰でも無料で利用できるようになります。

OpenToonzには、長年のToonzユーザーであるGhibli Studio(* Toonz Ghibli Edition)によって開発された機能が含まれています。新しいプログラムでは、Dwangoは、人工知能技術とプラグインシステムを使用していくつかの効果を追加しました。これにより、ユーザーは独自の効果を作成できます。

Chihiro

発表

Dwangoは、OpenToonzを使用して、アニメーション業界に研究とインセンティブのプラットフォームを提供し、迅速な結果を提供し、クリエイター、研究分野、アニメーション業界間の積極的な協力を促進することを目指しています。

OpenToonzプログラムは、東京ビッグサイトホールで開催されるAnimeJapan 2016イベントで発表され、3月26日と27日にワークショップが開催されます。 26日には現地セミナーも開催され、ドワンゴの川上量生学長、東京大学の岩沢俊助教、ジブリスタジオの奥井敦が特別ゲストとして出席します。

※ToonzGhibliEditionは、ジブリスタジオが開発したToonzのカスタマイズ版で、「借りぐらしのアリエッティ」以降、カラーアプリケーションやデジタル合成に使用されています。

発表

■OpenToonz公式ページ: https://opentoonz.github.io/

関連コメント:

「1995年の「プリンセサモノノケ」の制作中に、デジタルアニメーションで特定のパーツを作成できるソフトウェアの必要性を感じました。私たちはいくつかのプログラムを評価し、Toonzを選びました。私たちはストレスなく映画のアニメーションの品質で作業し、手作りの図面とデジタル絵画を組み合わせたかったのです。それ以降は、引き続きソフトウェアを使用し、メジャーアップデートを更新して使用量をより簡単に調整します。オープンソースバージョンにはGhibliEditionが含まれていると聞いてうれしいです。このプログラムが、アニメーション業界の内外を問わず、多くの人々に利用されることを願っています。デジタルビデオチームに感謝の意を表します。」

(スタジオジブリ画像担当エグゼクティブディレクター奥井敦)

発表

「Toonzのオープンプラットフォームをアニメーションの世界に提供するDwangoとの契約により、Digital Videoは、Toonzを標準の2Dアニメーションに変えるという戦略の1つを実現することができました。これは、私たちがオープンソースのビジネスモデルを推進するための出発点でもあります。 Toonzのカスタマイズに関する新規およびベテランユーザー向けのトレーニングクラスを通じて、これを達成することを目指しています。このステップを、1995年以来ユーザーであるDwangoおよびEstudio Ghibliと共有して、Toonzを更新できることを誇りに思います。」

(Claudio Mattei、デジタルビデオのマネージングディレクター、Toonzの作成者)

AnimeJapan2016イベントでのOpenToonzセミナー

  • 日付:2016年3月26日(土)午前11時から午前11時45分
  • 場所:東京ビッグサイト、東ホール6のクリエーションステージ)
  • テーマ:「アニメーション制作のためのオープンソースツールプロジェクト」
  • スピーカー:川上量生(ドワンゴ学長)、岩沢俊(東京大学助教)、奥井敦(ジブリスタジオ事務局長)

セミナーに参加するためにパスワードが配布されます。セミナーへの入場は無料ですが、AnimeJapanイベントへの入場料を購入する必要があります

セミナーに加えて、3月26日と27日にイベントの中心部(J41)の角川ブースでOpenToonzワークショップが開催されます。誰でもプログラムをテストできます(https://www.anime-japan.jp/en/main/outline/)

シルビア菊池からの記事