にくい e づらい – nikui e dzurai – Como dizer que é difícil realizar algo em japonês?

今日の記事では、形容詞にくい(nikui)づらい(dzurai)を使用してアクションを実行するのは難しいと言う方法を学びます。私たちはすでに詳細について話している記事を書いています アクションは簡単に実行できると言うようなものです。

日本語でアクションが難しいと言うには、ますやうの代わりに単語や動詞の後ににくいやづらいを追加する必要があります。 以下の例を参照してください。

漢字は読みにくいです。
かんじはよみにくいです。
かんじは読みにくいです。

これらの単語にはカンジがあります。例: にくい (ニクイ)書くことができます 難い. づらい (dzurai)書くことができます 辛いただし、動詞の末尾にカンジを使用することは一般的ではありません。

にくい  vs づらい

にくいとづらいの違いを知っていますか?それぞれをいつ使用する必要がありますか?づらいという言葉は、難しいという意味に加えて、苦痛を意味するので、通常、ズライはより主観的な意味を持ち、ニクイはより客観的な意味を持ちます。また、づらいという言葉は意図的な行動に限定されています。

がたいもありますが、これは難しいという意味で同じ漢字を使用しています nikui (難い)。この言葉は主に、行動が非常に難しく、事実上不可能であることを表すために使用されます。動詞の後に正しい単語を使用するには、文脈と文脈を理解する必要があります。

例文:

以下に、いくつかの例文を残します。主にsobreらいについてです。ビデオレッスンとフレーズは、にくいについてのみ残します。

とにかく、言いづらい事を打ち明けてくれてうれしいよ。
Tonikaku ii kotodzuraitheuchiaketeKuretêureshīyo。
とにかく、この難しい問題に対処できてよかったです。

これは説明せつめいしづらいです
これはせつめせつめいしずれいす
これを説明するのは難しいです。

これは言いいづらいです。
これはいいずらいです。
それは言うのは難しいです。

この肉は食にくいです。
河野肉は居酒屋にくいです。
この肉は食べにくいです。

君の言うことは信じがたい。
Kimi no iu koto wa shinji gatai.
信じられない。 (無理だよ)。

ビデオレッスンにいい

最後に、記事を補足するために、ルイス・ラファエル先生がにくいについて話しているビデオレッスンを残します。

 

この辞書は重たくて持ちにくいです。
河野地書はおもたてもちにくいです。
この辞書は重くて持ち運びが難しいです。

この:este
辞書(じしょ):dicionário
重たい(おもたい):pesado
持つ(もつ):carregar
にくい:difícil

僕はフォークとナイフのほうが使いにくいと思います。
Boku wa fōku to naifu no hō ga tsukai nikui to omoimasu.
ナイフとフォークは使いにくいと思います。

僕(ぼく):eu
フォーク:garfo
ナイフ:faca
ほうが:mais (com sentido de comparação)
使う(つかう):usar
にくい:difícil
思う(おもう):achar, pensar

この教科書の例文がわかりにくい。
Kono kyōkasho no reibun ga wakari nikui.
この教科書の例文は理解しにくいです。

この:este
教科書(きょうかしょ):material didático
例文(れいぶん):sentenças de exemplo
わかる:entender, compreender
にくい:difícil

印刷が見にくい
いんさつがミニクイ
印象が見づらいです。

印刷(いんさつ):impressão
見る(みる):ver
にくい:difícil

この記事を共有する: