むじんはんばい– 日本の売り手なしのフェアストール

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

太陽が昇る国では、信頼、誠実さ、そして集団意識が一般的です。 ムジンハンバイ (無人販売)は 日本の正直、ベンダーのない屋台が全国に点在しています。この記事では、これらのハジンバイムジンがどのように機能するか、そしてあなたが知らなかったいくつかの好奇心を理解しようとします。

それでもわからない場合 ムジンハンバイは、道路の脇や街に設置された小さな屋台で、果物が詰め込まれて売りに出されています。その人はその場所に行き、果物を取り、お金を箱に入れます、そして誰もお金や果物を盗もうとはしません。詳細については、以下のビデオを参照してください。

発表

日本ははるかに超えています 自動販売機 全国の遠隔地に広がっています。アテンダントのいないこれらのテントは、正直さ、誠実さ、信頼の良い例です!

日本の売り手なしのフェアストール

日本の各地、主にインテリアで、クラフトファームの世話をするのに忙しい人がいます。販売するために、彼らは車両の大循環で戦略的なポイントを準備し、簡単な屋台を作り、そして彼らの製品を一種のセルフサービスで販売します。

営業担当者がいない場合、顧客は必要なものを受け取り、その価値を箱に入れます。誰もその場所からお金や製品を盗むことがないのは驚くべきことです。もしそれがブラジルにあったら、彼らはテントを取りさえするでしょう!私はこれを言うのを恥ずかしくはありません、私たちは私たちの社会がどれだけ変化を必要としているかを比較して推論する必要があります。日本がその例です!

Mujin hanbai - bancas de feira sem vendedores no japão

発表

これらの屋台は通常、果物、花、野菜、葉、その他の職人による製品を販売しています。 100円 (約3レアル)。販売されている製品は高品質ですが、 市場で売る 色、重さ、美学のため。無駄を省くために、日本人はこれらの製品を無人半梅で低価格で販売することにしました。

むじんはんばいはいつも効きますか?

これは、すべての日本人が正直であるという意味ではありません。売り手は、未知の顧客の誠実さを信頼することを除いて、その製品とお金の保証はありません。動きの少ない場所でも、日本人は商品の支払いと受け取りを正しく行うことで誠実さを示しています。

これは日本では一般的ですが、ブラジルで正直であることは笑いの種です。ベンダーなしでこれらの屋台を含む盗難のケースがありました。2017年7月、売り手なしで売り手から3つのスイカを盗んだとして、3人のベトナム人が警察に連れて行かれました。野菜を盗むのは簡単そうに見えますが、日本のような国では不誠実は常に破片です。

発表

すべての営業担当者が自分の販売をそのままにしておくことに自信があるわけではありません。セキュリティシステム、自動機械、コインキャビネットを作成したり、人々の良心に訴える通知を残したりする人もいます。一部のアジア諸国では、売り手がいないこれらの売り手も一般的であることを覚えておく価値があります。

東京のネリマ地方にあるいくつかの韓進無人の住所は、次のWebサイトで確認できます。 

発表

他にも何千もの売り切れの屋台が日本中に散らばっています。日本で買い物をしたことはありますか?これらの販売についてどう思いますか?これがブラジルでうまくいくとしたら素晴らしいと思いませんか?コメントと共有に感謝します。以下にリストされている他の記事を読むことをお勧めします。