苔玉 – 天然の苔の器

[ADS]広告

苔玉(こけだま)とは、苔と麻ひもで作られた和花瓶の一種です。日本で植物を展示する一般的な方法であり、近年西洋で人気が高まっています.

こけだまはお手入れが簡単で、どんな家にも美しく飾ってくれます。ユニークな植物のディスプレイ方法をお探しなら、こけだまはぜひ検討してみてください。

読むことをお勧めします:

植物、観葉植物、装飾

苔玉とは?

「こけ」は苔、「だま」は玉を意味するので、「苔玉」は直訳すると「苔玉」です。土の玉をコケの中で転がして作ります。

その後、コケを麻ひもでまとめ、コケ玉から植物を成長させます。その結果、吊るしたり、表面に置いたりできる鉢植えの植物ができあがります。

500年以上前に日本に登場した「苔玉」は、その作りやすさと手入れのしやすさから、貧乏人の盆栽とも呼ばれています。

こけだまはお手入れが簡単です。週に一度水をやるだけで元気になります。乾燥した気候に住んでいる場合は、より頻繁に水をやる必要があるかもしれません.

苔の玉を西に最初に送ったのは、Mr. 2002年からこの作品を制作している海路功さん。

白いテーブルの上にいくつかの植物が置かれた苔玉

苔玉の作り方を学ぶ

私たちの素晴らしいパートナーである Domestika は、苔玉の完全なコースを提供しています。表参道プラントの創設者であるジョアン・カタラが、これらのモダンな植物を専門的に作る方法を教えてくれます。

テクニックを学び、最も適した植物を知り、瞑想的でリラックスしたプロセスでコケの花瓶を作成するために必要な材料を理解してください。

伝統的な苔鉢のほか、グラスガーデンの作り方も教えてくれます。コースの詳細を知りたい場合は、以下のボタンをクリックしてください。

Domestika の Plus メンバーである場合は、苔玉コースだけでなく、日本の芸術や装飾に関する他のいくつかのコースも無料です。

苔玉 - 苔玉

こけだまの作り方

こけだまを作るには、次のものが必要です。

  • 根球が小さい植物
  • 葉苔
  • ロープ
  • 水の入ったボウルまたは容器
  • ハサミ

ステップ1:コケを水に30分ほど浸します。これにより、作業が容易になります。

ステップ2:ルートボールをコケで包み、手を使って所定の位置に圧縮します.

ステップ3:ルートボールが完全に覆われたら、より糸で巻き始め、しっかりと巻き付けてください.

ステップ 4:余分な紐を切り取り、こけだまをボウルまたは水の入った容器に入れます。

ステップ5:苔玉を直射日光の当たらない場所に置きます。水やりの合間にコケを完全に乾かします。

ついにこけだまができました!少しのお手入れで、彼らは繁栄し、あなたの美しい家を何年も美しく飾ります!

この記事を共有する: