Kojin Jigyo– 日本の個人事業

日本では、MEI do Brasil (Individual Micro Entrepreneur) のように個人事業を立ち上げることができることをご存知ですか?日本で個人事業主を設立することを 古人地京 (個人事業) 文字通り (事業) プロジェクト、企業、ビジネス、産業 (個人) 個人を意味します。.

MEIのように、「荒神事業」は初期資本を必要とせず、高価なコースや税金や官僚機構を持っていません.自営業で多くのお金を稼いでいる専門家は、この記録を持っている必要があります。商業的なポイントを持つ必要はなく、別の仕事をしている場合でも、小規模なビジネスを持つことができます (契約を参照)。

写真家、デザイナー、美容師、家庭教師、会計士、コンサルタント、外国人および日本人のフリーランサーは、しばしば「荒人事業」に頼っています。大企業を起業する前に、個人事業は外国人、子孫、日本人にとって多くのメリットをもたらす玄関口です。

Kojinjigyo-日本の個人事業

メリットと要件KojinJigyo

日本で単一の事業を行うには、次のようないくつかの要件があります。

  • 商号を使用できます。
  • あなたは会計士にお金をかけません(費用は年間20万を超えます)。
  • 年間2%の利息のみの銀行ローン。
  • 専門家としての信頼性(大規模な契約を結ぶため)。
  • 申告書を提出して数日滞在する場合の税金割引。
  • 個々の企業に関するサポートと情報。
  • 個人事業でありながら、従業員を雇うことができます。
Kojinjigyo-日本の個人事業

日本でマイクロに乗ることについて知っておく必要のあるいくつかの要件と情報:

  • あなたはいくつかが必要です visto 長期的または有料の活動を可能にする;
  • いくつかの使用 古人地京 ビザを取得するために、これはあなたが他の会社と契約またはパートナーシップを持っているときに可能です。
  • 特定の種類のビジネスでは特定の許可が必要です。

日本で単一事業を開く

ジギョとして宣言するにはただのコージン フォームに記入する 最寄りの税務署に郵送してください。あなたの州に適したフォームを選択し、指定された住所に行くか、さらに質問がある場合は電話する必要があります。すべての手続きが日本語で行われることを忘れないでください。

それが完了したら、青(詳細)または白のシートのいずれかで、すべての支払いを記録に残すようにしてください.毎年恒例の所得税申告を行います。幸いなことに、メリットの 1 つは、会社の経費を差し引いて、MEI のように支払う税金を減らすことができることです。

Kojinjigyo-日本の個人事業

写真家として働いている場合、購入する高価なカメラやその他の機器に税金を支払う必要はありません。仕事でコンピュータや携帯電話を使用する場合は、仕事用に購入し、楽しむために使用してください。食費や交通費も、個人の会社の経費に含めることができます。

もちろん、すべてが完璧というわけではありません。すべての詳細を確認し、になることを意識せずに書類に記入しないことをお勧めします。 こうじん地京。 残念ながら、個々の会社を知らず、管理していないために破産を宣言する人もいます。これがあなたに起こらないようにしたいと思います。

Kojinjigyo-日本の個人事業

自分の会社を設立することは、工場から出て、日本に住むためのビザを維持する絶好の機会です。仕事を続けてビジネスを始めることはできますが、上司、入国管理局、市役所、およびすべての責任機関に相談して、質問に答えてもらうことを忘れないでください.

記事を楽しんでいただけたでしょうか。あなたがあなたの人生を変えたいその友人と共有してください!また、以下を読むことをお勧めします。

この記事を共有する: