Kogashi Ramen – O macarrão que pega fogo

によって書かれた

リカルド・クルーズ・ニホンゴプレミアムの日本語コースへの登録を開始します!登録をクリックしてください!

文字通り発火するラーメンがあることをご存知ですか?今日は 小橋ラーメン ファイヤーラーメンとして知られています。小笠は文字通り焦げた、または焼いたことを意味します。これは、ラーメンのスープが火にかけられ、麺の上に注がれるためです。シェフは文字通りプレートに火をつけて、このおいしい新しいレシピを作成します。

日本には何千種類ものラーメンがあります。 五行 東京では、彼はこの新しいアイデアを料理する主な責任者の1人でした。ラーメンの各ボウルは、スープを非常に暗くしてしばらくの間火をつけられます。焦げたように見えますが、味は美味しくて独特です。ラーメンは味噌やしょうよのスープで作ることができます。

五行のレストランはとても広々としていて、前菜メニューと美味しいお酒が豊富です。私の友人のロドリゴ・コエーリョは、六本木にあるこのおいしいレストランを訪れる機会があったので、以下の彼のすべての経験をビデオで共有します。

https://www.youtube.com/watch?v=g6TgV3UvYdg

https://www.youtube.com/watch?v=PP_n_jk9WVg

小梨ラーメン-どこでも燃えている

THE きがしラーメン 日本の他の場所でも見つけることができます。もちろん、それらは決して同じではなく、成分、準備方法、そしてシェフの手はまったく異なります。一つ こがしラーメン 日本で人気のレストランは京都でも 男性バカ市台.

のレストラン 五行 京都や名古屋の他の場所にもオープンしたようです。火の炎で皿の成分を燃やすというこの考えはユニークではありません。私たちはすでにこれを飲み物やいくつかの中華料理で楽しんでいます。他にも見過ごせない燃えるような日本料理があります。

Kogashi ramen - o prato que pega fogo

鉄板焼き、ほてて、さがなきは、日本人が火をつけて光景を作ることに決めたほんの一例です。日本からの別の焦げた繊細さを知っているなら、以下にコメントしてください。共有とコメントに感謝します。読むことをお勧めします: