きんとん:伝統的な和菓子について詳しく見る

シェアして秘密のプレゼントをゲットしよう!

シェアしてくれてありがとう!プレゼントはページの最後にあります。楽しんでね!


5,000 年の文明において、人間社会はあらゆる種類の原材料を使って生活用品を作りました。日本を構成する島々の中で生まれ、 きんとん お祝い料理の花形のひとつです。

実際、農業が出現した時代、高度に組織化された人間社会の最初の記録以来、記念日はカレンダーに存在しています。それ以来、これらのフェスティバルは芸術と美食で満たされてきました。

料理のバリエーションは主に、各レシピが存在する地域によって異なります。国家が成立する空間によって、手に入る果物、野菜、根っこ、穀物、動物が異なるからである。

世界貿易の時代は、人類の歴史上前例のないシナリオを可能にします。あらゆる地域の食材を一度に見つけることができる スーパーマーケットのバスケット どこの大都市でも。

特定の伝統にもかかわらず、いくつかのお祭りは、必要な調整を加えて、地球上のあらゆる場所で共有されています。そのうちの 1 つは、 新年, 暦上、一年の最後の日から翌年の初日までの間に行われる祭り。 

新年のお祝いは食と密接に関係しています。農業社会では、この祭りは、ある種まきの時期から次の種まきの時期への移行を意味し、豊作が住民によって祝われました。

豊作は、これまでに費やされた努力を考えると、この国に希望と豊かさの時代が到来することを象徴していました。 土壌調査、これらの食品を植え、監視することは、家族全員の幸福と生存にとって非常に重要です。

このようにして、新年と美食の結びつきは永遠に結ばれました。産業革命後の時代、このフェスティバルでは幅広い分野の展示が行われます。 甘いレシピ、大陸と同じくらい多様なスナックやドリンク。  

きんとんは、日本の大晦日の食卓に並ぶ非常に一般的なお菓子です。「さつまいも」と呼ばれるサツマイモの一種に由来します。きんとんは、柔らかくて薄い皮、薄紫色、内部が黄色の根で、さつまいもよりも濃い色です。一般的なサツマイモ。

この根には糖分が多く含まれているため、甘いクリームやピューレに最適です。スープやケーキにも使われるさつま芋は、和菓子の顔と彩りを与える主役です。

きんとん:この伝統的な和菓子について詳しく見る

きんとんの由来をもっと知る

「栗きんとん」とも呼ばれるきんとんは、「和菓子」という名前を持つ和菓子セットの一部であり、お菓子を芸術的な表現に変える伝統的な菓子です。

このカテゴリーのスイーツを提供する店は、丁寧に成形されており、その形にアートが刻まれており、それぞれのスイーツと色が一年の季節を表しています。結婚式や家族の行事などでよく食べられるお菓子です。

古代帝国時代には、西洋で広く消費されていた有名な緑茶の原料にもなったこの地域のお茶とともに、貴族の会合で提供されていました。

和菓子は地元の宗教儀式にも登場し、全国の寺院の儀式で神にお菓子が捧げられました。特に栗きんとんは、その黄色味の強さからおせちのメニューに追いやられていました。

繁栄と富への願いを象徴するキントンは、サツマイモと乾燥クチナシの皮を加えてその色を実現し、キントンや他の食品の自然な色のアクセントとして使用されます。

パッキングマシン 正月は栗きんとんをはじめとする季節の伝統食材を詰めた「おせち料理」の売れ行きが好調。

この箱の販売は、正月期間中に家族が料理をすることを禁止する伝統に基づいている。おせち料理という名前の由来となった最初の日本の食事で食べられる食べ物は、祭りの前夜に準備されます。

観光旅行の行程、新年の最初の食事は、他の月に使用される箸とは異なり、先が丸い箸で食べられます。それぞれの食事の色や表情には特別な意味があり、来年への願いが込められています。

栗きんとんは、幸運と繁栄の象徴として他の料理の中でも登場し、吉兆、長寿、幸福、知恵を象徴するレシピとともに登場します。 15種類の食品からなる栄養素を組み合わせたものです。 スーパーマーケットのバスケット.

きんとん:この伝統的な和菓子について詳しく見る

どのような成分が使用されているかを見る

きんとんは、最大3つの材料を含むシンプルなレシピと考えられています。きんとんは甘味が強いにもかかわらず、和菓子の分野では存在しているだけでなく、デザートとはみなされていません。

一般に、レシピの作成には次の製品の使用が含まれます。

  • さつまいも、日本のサツマイモ。
  • 栗の甘露煮。
  • クチナシの実、乾燥させたクチナシの樹皮。
  • 日本三大調味料の一つであるみりん。

さつまいもは、日本では初秋に食べられるサツマイモの一種です。焼いたり、煮たり、揚げたりすると、熱にさらされると根が黄色くなります。通常のサツマイモよりも甘く、乾燥していて、繊維が多いと言われており、栄養豊富な食事となります。

根は消化の遅い炭水化物を多く含むため、満腹感と優れたエネルギー源をもたらし、歴史的に日本の農村部の肉体労働者によって消費されてきました。

栗の甘露煮は中くらいの大きさの栗を調理し、シンプルなスープに浸したもので、メイソンジャーに入った状態で日本のスーパーマーケットで入手できます。輸入品を専門に扱う市場でも新鮮な栗を見つけることができます。

商圏外で商品を見つけるのは難しいにもかかわらず、物流は 専用トランスポート 栗の甘露煮は、日本の市場や物産店でも見かけることができるようになりました。

クチナシの実は、黄色を表現する必要がある米やお菓子の着色料として日本料理に応用されています。食材を調理する水の中に材料を入れ、濃度に応じて黄色からオレンジ色の色合いを加えます。

食品中に皮の固形物が混入するのを避けるため、皮をガーゼで包み、小さな束にして液体に浸します。

最後に、みりんは醤油やだしとともに日本の調味料のベースとなります。ほんのり甘い味がするこの液体は、食べ物に輝き、風味、香り、そして黄金色を与えます。キントンでは、富につながる金を指す特徴的な色が強調されます。

きんとん:この伝統的な和菓子について詳しく見る

ここからが一番重要です: 準備方法を学びましょう

きんとんは材料を水から煮て作ります。サツマイモは準備の第一段階であり、圧力鍋でピューレになるのに十分な柔らかさになるまで調理されます。このプロセスは手動または機械的に行うことができます。

サツマイモは皮をむき、スライスや立方体などの小さな断片に切る必要があります。ピューレ状になるまでマッシュしたジャガイモを再び火にかけ、保存した栗と混ぜて、スタイルを整えることができる生地を作ります。

クチナシの樹皮の染料は、ガーゼをひねって抽出されます。 回転ふるい。この調理の第 2 段階で、栗きんとんはすでに最終的な仕上がりと同様の特徴を示しています。一部のバージョンではリンゴが追加されます。

味のバランスを整えるためにみりんと塩を加えます。使用する材料の量は、製造する部位によって異なります。きんとん4人前には、さつまいも300~500グラム、換算で2~3単位が必要です。

砂糖の量は、調理担当者の判断に依存し、70グラムの間で変化しますが、レシピの他の成分の砂糖濃度を考慮して、増減することができます。

手動ツールを使用すると、ピューレの柔らかさと均一性をより高めることができますが、必須ではありません。美食器具は アライメントマシン より洗練された仕上がりを実現します。

この記事はまだ途中ですが、こちらもお読みください:

さつま芋の大切さを知る

さつま芋は日本人の歴史の中で特別な役割を果たしています。地元の根のバリエーションは、冬の間、ローストされた形で販売されます。一般的なオーブンではなく、加熱した砂利で調理することで、サツマイモの風味が強調されます。

この伝統の起源は、国内の大飢餓時代に基づいて築かれた、1600 年代半ばから 1800 年代の江戸帝国時代にまで遡ることができます。サツマイモのロースト 板金曲げ加工、国をより大きな悲劇から救った。

現在の東京とその周辺地域に相当する地域のさつま芋農園は、数千家族の命を救った。それ以来、キントンとその繁栄と豊かさの象徴との結びつきはこれまで以上に強くなっています。

地元の文化にとって非常に重要なさつまいも農園への遠足は、日本の学校の幼児教育の生徒によって実施されており、そこで子供たちは収穫について学び、収穫に参加するよう招待されています。

さて、これらの人々の文化におけるこの和菓子や他の食べ物の重要性は確かに明らかになりました。

より多くの記事を読む

読んでくれてありがとう!ただし、以下の他の記事もご覧いただければ幸いです。

最も人気のある記事を読む:

このアニメを知っていますか?

お読みいただき、シェアしていただきありがとうございます!あなたのプレゼントを受け取ってください: