じはんき食堂– 自動機械レストラン

別の記事で私たちは奇妙なことについて話しました 日本に存在する自動機。しかし、この記事では、さまざまなジドハンバイキ(自動販売販売機)について説明します。

日本には自動販売機で食事を提供するレストランがあり、これらの場所は愛情のこもった言い方で「自販機食堂」と呼ばれています。

自動販売機のレストランでは、サンドイッチ、ハンバーガー、ラーメン、ソーバ、ウドン、ボトル入りドリンク、その他のさまざまな食品を製造する機械を見つけることができます。

これらのレストランには係員がいません。ほとんどの場合、空っぽです。さらに、安くて速くて実用的で、とてもきれいで、ゴミを別々に預ける場所があります。

じはんき食堂-自動販売機レストラン-じはんき食堂

食べ物は通常200円から500円の間で、さまざまな種類と味があります。また、お土産を買うためのガチャ(カプセルマシン)もあります。

食事の準備にかかる時間は1分未満です。訪問者は食べ物がとても暑いことに注意する必要があります。

これらのレストランのいくつかでは、まだ10円でプレイできる古いアーケードマシンを見つけることができます。ノートをコインと交換するマシンがあることを容易にするために、マシンはコインのみを受け入れることを覚えておく価値があります。

このレストランでは、一般的なレストランのすべての道具、箸、ナプキン、カトラリーを見つけることができ、機械にもあるコーヒーと緑茶を見逃すことはできません。
Hanbaikishop 伝統的なテーブルに加えて、これらのレストランは通常、伝統的な和風の予約スペースを持っており、各レストランには独自の独占権があります。

記事を楽しんでいただけたでしょうか。これらの自動販売機のレストランに足を踏み入れる機会があったことはありますか?コメントを残して、友達と共有しましょう。

ジハンキ食堂のレストランの詳細を知りたい場合は、毎日の日本チャンネルの下にあるビデオをお勧めします。それを使用すると、自動機械を備えたこれらのレストランがどのように機能しているかを間近で見ることができます。

この記事を共有する: