米由来の日本酒5本

発表

この記事では、米に由来する日本の飲み物をいくつか紹介します。&Nbsp;日本人は米が大好きで、朝食、昼食、夕食に米を食べます。

日本人もご飯をたくさん飲みます。何千種類もの酒、米乳、米茶などがあります。今日はご飯、酒、あまざけ、げんまいちゃ、nbsp、にごりざけ、nbsp、しょうちゅう、あわもりの6つの飲み物に出会う予定です。

私はそれが何であるかを最も知っていると思います 酒 [酒](または酒)、米の発酵から作られたアルコール飲料。日本酒は正月や神道などの大規模な祝賀会で熱く消費され、通常は16%のアルコールが含まれています。 

サーブを消費するのに最適な温度は25ºCで、ワインと見なされ、米と水のみで構成されています。何千種類もの日本酒やその他の作り方があります。詳細については、に関する記事を読むことをお勧めします 酒、ドリップライス.

発表
Bebidas do japão derivadas de arroz

天酒

甘酒は、アルコール分がほとんどまたはまったく含まれていない甘酒です。それを生産するために、それは必要です:Aspergillusoryzae(真菌)、熱、湿度、そして通常は米である穀物。

アマザキの作成プロセスでは、デザートやその他の料理に自然な方法で添えることができる一種の天然甘味料を作成できます。その使用は、のように式典やお祭りにも存在します こどもの日.

Bebidas do japão derivadas de arroz

げんまいちゃ

玄米茶は玄米を炒った緑茶です。このお茶は、焙煎時に米粒が破裂することから「ポップコーンティー」と呼ばれることもあります。 

これらの葉から得られるお茶は淡黄色です。緑茶の風味と焼き米の香りが相まって、まろやかな味わいです。このお茶は貧しい人々によって消費されました、彼らはお茶の価格を満たしそして下げるために焙煎米を加えました。

Bebidas do japão derivadas de arroz

ニゴリザケ

どぶろく、どぶろく、どぶろくは、米を使った日本酒の一種です。どぶろくは、フルーティーな香りとまろやかな味わいで、たいてい最も甘いお酒です。

発表

通常の日本酒とは異なり、発酵時にろ過されないため、飲み物がより曇って見えます(透明感がありません)。

Bebidas do japão derivadas de arroz

庄中と粟森

焼酎は、大麦、さつまいも、ご飯から作られた蒸留酒で、アルコール度数は約25%です。泡盛や焼酎も米を使った蒸留酒ですが、沖縄本島でタイ産の米と別の発酵型を使って作られ、アルコール度数は約25%〜43%です。

牛乳、さまざまな種類のワイン、カチャサ、甘い飲み物など、米から作られた飲み物は他にもたくさんあります。これらの飲み物の多くは、異なる技術と味を使用して、同じ方法で作られています。 記事を楽しんでいただけたでしょうか。またお会いしましょう!