岡田逸夫 - 日本の最後の武士

[ADS]広告

岡田一夫、 としてよく知られています 「岡田ジョー」、は唯一です samurai 時代から残った Showa (現在の時代に先立って)。はい、最後のサムライは映画のそのグリンゴではありません トムクルーズ。 冗談はさておき、私たちは皆、その武士を知っています 本当に 以来、150年間存在しません 明治修復。 実際、岡田は芸術を実践し始めて初めて「侍」になりました katana.

これは、本物の武士とは異なり、岡田はこのカーストの一族から生まれたわけではないためです。 岡田一夫(88)は、京都県で50年以上ツアーガイドサービスを提供してきました。ツアーガイドとしてだけでなく、英語の通訳としても活躍し、彼のプレゼンテーションで観光客を楽しませてくれます。 katana. 

以下をご覧ください、これの人生の軌跡 「最後の侍」:

岡田一夫-日本で最後の侍

岡田青年と初期のキャリア

先に述べたように、岡田はこのカーストがすでに絶滅したときに生まれたので、武士の一族から来たのではありません。 彼は20歳のときに最初に消防署で働きました。しかし、彼はいつもツアーガイドになりたいと思っていました。一つになるためには、彼は英語を学ばなければならないでしょう。それで、彼は8ヶ月​​間アメリカに行きました。学校で勉強するのではなく、運転手として働き、日常生活の中で英語を学ぶこと。彼がニックネームを採用したのはそこにありました “Joe”.

1962年、ジョーは英語のスキルとツアーの知識を持ち、認定試験に合格しました。したがって、彼は免許を持ったガイドになりました。彼は最初に旅行代理店で働きましたが、1968年に自律的になり、その時でした 「侍岡田」 nasceu.

侍の出現

どうやら、彼の顧客の多くは、サムライがまだ存在していると思っていて、彼らの一人に会いたいと思っていたようです。もちろん、サムライはずっと前に姿を消しました。それでも、ジョーはゲストに少なくとも伝統を垣間見せたかったのです。それで彼は芸術を実践し始めました katana そして最後の侍になりました

彼は「侍」になったので、剣で多くのトリックを行います。あなたのショーは本当に多くの人々を楽しませます。さらに、ジョー岡田は教えることができます katana のルールによると、約5時間で Guinness.

岡田一夫-日本で最後の侍

ツアーに参加すると提供されるもう1つのプログラムは、5時間の京都ウォーキングツアーです。京都の有名な場所を訪れて探索します。京都の森の皇居、仏教寺院、新東神社、庭園などの場所 しゅうせいてい。

最後の侍岡田は、90歳になるまでガイドとして続けるつもりだと言います。だから、日本を訪れるときに彼に会う機会をお見逃しなく。記事を終えるために、侍岡田のビデオを残します:

この記事を共有する:

コメントする