羽織 – 伝統的な日本のジャケット

[ADS]広告

羽織は男女ともに着る日本の伝統衣装です。羽織はジャケットのように着物の上に着ることが多い. Demon Slayerのキャラクターはこの衣装を着ることが多い.

羽織は非常に用途の広い衣服で、さまざまな方法で着用できます.着物などの上から羽織ったり、1枚でも着ていただけます。

あまりにも読んでください:

羽織 とはどういう意味ですか?

「羽織」という言葉は、羽、羽、羽を意味する表意文字「羽」と布を意味する「織」で構成されています。羽織は本当に鳥の羽に似ています。

コートやドレスを着るという意味の動詞「羽織る」が語源です。

ツルやシスネイなどの水鳥の羽毛をふんだんに使ったコートがこの衣装の始まりだという噂があります。

また、以下を読むことをお勧めします。 鶴折り紙+伝説折り紙の作り方

羽織 - 日本の伝統的なジャケット

羽織はどうですか?

羽織は、正式なイベントに出席するときや、公の場に出かけるときに、日本の女性がよく着用します.

羽織にはさまざまな色や柄があり、さまざまな素材で作ることができます。羽織の素材として最も人気があるのはシルクですが、ウールや綿、化繊などの素材でも作れます。

羽織は通常、羽織ひもと呼ばれる 2 本の短いひもで前で結ばれ、衣服に縫い付けられた小さなひもに取り付けられます。

東京、日本- 2020年10月10日:明治神宮の皇室の紋章を飾った提灯の下で、黒い羽織の着物と白い白無垢を着た夫婦の伝統的な日本の神道の結婚式.

羽織の種類

伝統的な羽織に似た他のいくつかの作品は、別の名前で見つけることができます.以下に、羽織にインスパイアされた、または羽織に似たこれらの服のいくつかを示します.

Hanten

羽織に非常によく似た衣服で、よりカジュアルに使用され、冬の間中綿が入っていることが多い.こちらも江戸時代から使われるようになりました。

羽織 - 日本の伝統的なジャケット

Hifu

衣布(ひふ)とは、七五三などの祭りの際に幼児が着物の上から着るパッド入りのノースリーブのベストです。

読むことをお勧めします: ことものひ、ひなまつり、753-日本の子供の日

羽織 - 日本の伝統的なジャケット

Happi

このようなジャケットは、店主や従業員がユニフォームとして着用することが多く、日本のお祭りでも何らかのパターンで着用されることがよくあります.

羽織 - 日本の伝統的なジャケット

寿徳羽織

絹糸、腰の縫い目、袖の広い、独特の仕立ての長い羽織です。かつては医者、画家、僧侶、俳人が使用し、現在は茶道で使用されています。

また、以下を読むことをお勧めします。 紋付–男性の伝統的な衣装

羽織の由来は?

羽織の歴史は江戸時代 (1603 ~ 1868 年) にさかのぼり、武士階級によって最初に使用されました。当初は衣服をほこりから守るためだけに使用されていましたが、スタイリングされるようになりました。

羽織は明治時代(1868~1912年)に国民の服装として定着し、庶民の間で人気が高まりました。

現在でも、羽織は結婚式やお葬式などの特別な日に着るほか、おしゃれな日常着として多くの女性に愛用されています。

羽織の購入に興味がある場合は、オンライン、和装店、または伝統的な和装を販売する専門店で、新品およびヴィンテージの羽織を幅広く取り揃えています。

この記事を共有する: