Haikai – As pequenas poesias japonesas

俳諧(俳諧)は、16世紀に登場し、日本で広まり、今世紀中に世界中に広まった詩のスタイルです。ハイカンは簡潔さと客観性を重視しており、その詩人の多くは禅仏教の巨匠であり、神話、象徴、パラドックス、詩的なイメージの形で彼らの考えの多くを表現しました。海海の詩は、繊細な東洋の感性だけでなく、周囲の世界に対する人間の反応を表す3本の横線で書かれています。それは、経験の瞬間、単純なものが突然その内面の性質を明らかにし、観察された人間の性質、人生をもう一度見直す瞬間を捉える、最小で最大を言う芸術です...

俳句または俳句(西洋で知られている)は、一般的に4つの側面または規則によって特徴付けられます。

  • 伝統的なハイクは、17の日本の音節で構成され、5、7、5音節の3つの詩に分かれています。
  • 通常、自然への言及があります。 kigo (季節の参照);
  • 特定のイベントを参照します(つまり、一般化ではありません)
  • 彼らは通常、過去ではなく「今起こっている」イベントを提示します。

O haicai 読者が自分の心でテキストを完成させる必要があるため、「不完全な」詩と呼ばれます。ハイカイはから生まれました haikai no renga、通常は100節の長さの共同グループ詩。THE hokku、またはコラボレーションの最初の詩rengaはシーズンを示し、カットワードも含まれていました。このスタイルのハイカイは、その伝統を守り続けています。

Haikai

Haijin

Haijin(連結人)は詩人に付けられた名前です。ハイカイはとてもシンプルなので、今日では誰でもハイジンになれます。子供でもかまいません。現代の俳人は、3語以下の短い断片で詩を書くことができます。しかしもちろん、日本の歴史を通して、俳諧とその歴史を形作ったいくつかの名前があります。その中で最も有名なのは松尾芭蕉です。

松尾芭蕉は江戸時代の最も有名な詩人の一人であり、17世紀後半の日本の俳諧で最も活躍した人物です。彼は俳句を文学のジャンルに変えるために彼の人生の仕事をしました。芭蕉にとって、海海は漫画劇と精神的な深さ、修行と人間社会への関与の組み合わせを含んでいました。レンク、俳文、俳画など、さまざまなジャンルの俳諧の傑作を作曲。当時の日本の伝統的な詩とは対照的に、芭蕉の海海は、物乞い、旅行者、農民などの大衆文化の人物を描いて、一般の人々の日常生活を扱っていました。新たに人気を博した俳句の結晶化において、彼は共通の文化を反映した現代の俳句を生み出す上で重要な役割を果たしました。

俳諧スタイルの他の有名人は、俳諧の詩の改革と近代化で知られる与謝蕪村(1716–1783)、小林一茶(1763–1827)、正岡子規(1867–1902)でした。

ハイカイもブラジルにやってきた。詩人アフラニオ・ペイクソト(1875-1947)は、1919年に彼の著書「TrovasPopulares Brasileiras」で、ブラジルのハカイ(5-7-5)の形を修正しています。 1922年、日本の詩的な形式のハカイは、「現代美術週間」の詩人によって議論され、実践されました。オスヴァルドデアンドラーデは、ポーブラジル(1925年)で彼を採用しました。 Waldomiro Siqueira Jr.は、1933年にブラジルで最初のhakai本を発売しました。 1936年にギマランエスローザは「マグマ」でブラジル文学アカデミーから賞を受賞しました。 40年代に、ギリェルメデアルメイダは彼に他の多くの詩人によって採用された韻の形を与えました。

ハイカイの例

言語を知らない私たちにとって、日本語で海海を楽しむことはそれほど簡単ではありません。これらの有名な海海のいくつかの翻訳のみを引用します。詩の行の翻訳が完全に同じではないことを思い出して、日本語の文法が異なるので、いくつかの単語が別の行にあったか、翻訳の位置が変わった可能性があります。

松尾芭蕉の最も有名な日本のハイク「古い池」:

  • 古池や – ふるいけや – Velha lagoa..;
  • 蛙飛び込む – かわずとびこむ – um sapo salta nela
  • 水の音 – みずのおと – o som da água

松芭蕉の詩: 

  • 初しぐれ – はつしぐれ -o primeiro banho gelado
  • 猿も小蓑を- さるもこみのを- mesmo os macacos parecem querer
  • ほしげ也 – ほしげなり- um pequeno casaco de palha

一茶の詩: 

  • 江戸の雨 – えどのあめ – quantos galões
  • 何石呑んだ – なんごくのんだ – da chuva de Edo você bebeu?
  • 時鳥 – ほととぎす – cuco

ブラジル人製:

  • 長生きするブラジル
  • ここで一年中
  • 4月1日です
  • de MillôrFernandes

————————————————-

  • 氷が溶ける。
  • ただし、水は冷却されます。
  • 寒い、燃える…
  • de AfrânioPeixoto。

———————————————

  • Silenciosamente
  • カックルなし
  • 夜は月の卵を産む..。
  • de マリオキンタナ。

3つの詩と17の音節で詩を作成するというこの傾向に従った他のいくつかのサイトもあります。あなたはウェブサイトで無数のブラジルのハイクをチェックすることができます Pensador. 記事を楽しんでいただけたでしょうか。 

この記事を共有する: