「日本文化におけるビジュアル・ジョーク「ギャグ

この記事では、「ギャグ」(ギャグ)タイプのアニメ、マンガ、画像が何であるかを見ていきます。この用語は通常、「ピエロ」または「ビジュアルジョーク」と訳されます。

日本の文化では、状況が理にかなっているためには、イメージとコンテキストの重要性が認識されます。日本のコメディでは、イメージの役割は状況の本当の優雅さを伝えるための基本です。

キャラクターが贅沢に笑ったり、顔を作ったり、変な服を着たり、予期せぬ状況を経験したりするのを見ると、通常、アニメやマンガの中で日本のユーモアを定義する「ギャグ」に直面します。

桑原和真、浦飯幽助、幽遊白書アニメ#1144212アニメシャー。と
「ギャグ」シーンの例。アニメ:幽遊白書。

用語の由来

ギャグ(ギャグ)は、英語の「ギャグ」に由来する単語で、無料の翻訳では「ジョーク、ジョーク、ギャグ」を意味します。

日本のポップカルチャーの文脈で、あるいは テレビ広告 (ちなみに非常に陽気です)、Gyaguは通常、視覚的に伝達されるムードを表し、静止画像またはより長いgifまたはビデオのいずれかです。

画像には、状況に関連する言葉が付随していることもよくあります。 onomatopeias e 駄洒落 送信されるものを強化するのに役立ちます。

「ギャグ」風のアニメやマンガ

男子高校生の日常– niji zine

これを持っているアニメやマンガはたくさんあります 視覚スタイル 面白い。このタイプのコンテンツは通常、リラックスして楽しい時間を過ごしたい子供、10代の若者、大人の間で非常に成功しています。 笑う。 このモデルに続くさまざまなシリーズの中で、私たちは言及することができます:トッテモ!ラッキーマン、花さか天使テンテンくん、銀魂、ポプテピピック、おそ松さん、天才バカボン、日常。

この宇宙を紹介するために、トッテモを見ることから始めることをお勧めします!ラッキーマン、1人 非常に面白い古いアニメ ギャグスタイルを完璧に表現しています。

以下でオープニングを見ることができます:

辞書「ギャグ」

興味深いことに、この現象に関連する最も一般的な表現を備えた辞書さえあります。クリックして確認できます このリンクで.

Vocabulário

  • 王談(じょうだん、じょうだん)=冗談、冗談。
  • 出し落(しゃれ、シェア)=言葉遊び。
  • ジョーク(jooku)=ジョーク、ジョーク。
  • ギャグ(ギャグ)=ビジュアルジョーク、ジョーク、ピエロ。
  • ギャグる(ギャグ)=遊んで、楽しくする。
  • 笑えるアニメ(わらアニメ)=コメディアニメ。

気に入りましたか?いいね、コメントして友達とシェアしよう!

-「ギャグ」:日本文化の視覚的なジョーク

この記事を共有する: