オンラインカジノビジネスを始めるのに、かなりお金がかかるか?

オンラインカジノは現在世界で多くの人から注目を浴びるエンターテイメントの1つですが、実際にオンラインカジノの会社を起業するとなるとお金はどれくらいかかるのでしょうか?格安の値段で起業できるのでしょうか?それともかなりの資金を投資しないといけないでしょうか?この記事では、そんなオンラインカジノビジネスを始める際、どれくらいの費用がかかるのかを大まかに説明します。また、オンラインカジノの基礎を学びたいなら、カジノポータルサイトのGoodLuckMateを覗いてみることをお勧めします。GoodLuckMateでは、オンラインカジノの基本情報を始め、オンラインカジノレビュー、オンラインスロットレビュー、テーブルゲーム攻略法などの情報を配信しています。

カジノライセンス

オンラインカジノビジネスを始めるためには、第一にカジノライセンスを取得する必要があります。ライセンス発行費用は国によっても金額が異なりますが、ライセンスにもピンから切りまであり、カジノライセンスの取得は信頼性や安全性に大きくつながるので、慎重に選ぶ必要があります。カジノライセンスを取得する際、評判の良いマルタ、マルタ、英国、マン島、ジブラルタルなどの管轄区域を取得することをお勧めします。カジノライセンスの費用全てをここに記載することはできませんが、MGAライセンス(マルタのカジノライセンス)のオフィシャルサイトによると、マルタのライセンスを取得するのに、申請代金としておよそ本日のレートで350万円ほどかかります。またライセンス費用を払った後も、年に一度更新費用もかかってきます。これはマルタのカジノライセンスの金額ですが、ライセンスによってはさらに高額なものから、もっと安いものもあります。カジノライセンスだけを取っても高額な金額ですが、これはまだ序に過ぎません。

ゲームプロバイダーとの契約

オンラインカジノをビジネスとして始めるにあたって、カジノライセンスと同様に重要となるのがゲームソフトウェアプロバイダーの選択です。オンラインカジノを運営する起業には、プレーヤーに自分のカジノでゲームプレイをしてもらうため、様々な種類のゲームを用意する必要があります。高性能なゲームを開発しリースしているゲームプロバイダーと契約を結ぶことでそのオンラインカジノの評価にもつながります。ゲームプロバイダーとの契約費用は、ゲームの内容、ゲームのリース期間、ゲームの数により変わるので、明確な金額の数字を出すことはできませんが、オンラインスロット、テーブルゲーム、ライブカジノのゲームを合わせて最低でも500〜1000種類以上のゲームを取り揃える必要があります。プレーヤーは人気のあるゲーム、RTP率の高いゲーム、高配当のゲームをプレイする目的でオンラインカジノに来るので、各プレーヤーの要望に合わせてゲームを用意するには、様々なタイプのゲームを取り揃えなければならず、当然数が増えれば増えるとほど、高額な金額になってきます。

オンラインカジノアフィリエイトサイト

オンラインカジノを作っても、無名で知名度が低ければプレーヤーはやってきません。プレーヤーに自分のオンラインカジノにきてもらうには、当然宣伝をする必要があります。かつてとは違い、今のオンラインカジノの多くはSNS(ツイッター、フェースブック、インスタグラムなど)を利用してカジノの宣伝をする他、様々なオンラインカジノのアフィリエイトサイトにも自分のカジノを宣伝してもらう必要があります。オンラインカジノ専用のアフィリエイトサイトは、各カジノから宣伝の依頼をうけると、カジノレビューとしてそのカジノの評価をし、関連性の高い質の高いコンテンツを提供してくれます。

カジノアフィリエイトサイトは、オンラインカジノレビューだけではなく、オンラインカジノに関する様々なトピックを扱い、SEOを意識した魅力的なコンテンツを書き、カジノを宣伝をします。質の良いコンテンツを書くことで、そのアフィリエイトサイトの知名度を高めるチャンスを増やしていきます。知名度が高くなると、検索エンジンはそのアフィリエイトサイトのランクを上位に反映していきます。検索サイトで上位にランクインすることで、多くのトラフィックを獲得することにつながります。また、トラフィックが増加することで、アフィリエイトサイトから来るプレーヤー候補が、顧客に転換する可能性が高くなります。つまり、多くのアフィリエイトサイトに宣伝依頼を頼めば頼むほど、当然、自分のカジノの知名度も上がるということです。それには、もちろん費用がかかります。アフィリエイトサイト会社と契約をし、数を増やせば増やすほど、支払う金額も増えていきます。

インフルエンサーや芸能人を利用

自分のカジノの知名度をあげるには、上記でカジノのアフィリエイトサイトを利用すると言いましたが、当然、それだけではたりません。現在、オンラインカジノ同士で激戦の戦いが繰り広げられる中、多くのカジノは芸能人や、スポーツ選手、インフルエンサーなどを自社のアンバセダーとして契約を結んでいます。芸能人やインフルエンサーには多くのフォロワーがいるため、このように知名度が高くフォロワーの多い人物をアンバセダーとして使うことで、独自のカジノブランドを知ってもらい、また、その人にカジノブランドを宣伝してもらうことでより多くの人が、そのカジノを知れるというマーケティング戦略です。これにも当然、高額なお金が動きます。芸能人やインフルエンサーもピンからきりなので、一概にいくらかかるかは明確にできませんが、有名なタレントを起用するだけで一億円ほどかかる可能性があります。

カジノ運営会社のスタッフ

オンラインカジノは実際の店舗を持つわけではなく、全てをオンライン上で行うため、本場のカジノを作るよりは大幅に人件費を削減できますが、人件費がなくなるわけではありません。オンラインカジノを起業では、カジノウェブサイトを管理する人、マーケティング戦略を企画する人、コンテンツを書く人、ゲームプロバイダーからゲームの契約をする人、決済方法と連絡、契約をとる人、カスタマーサポートのスタッフなど、あらゆる部門の人たちが集まってチームを結成し、運営しているのです。それには当然、各部門のスタッフに支払う人件費がかかります。

まとめ

オンラインカジノビジネスを始める際、かなりお金がかかるかという問いに対して、結論を言うと、かなりお金がかかると言えるでしょう。格安でオンラインカジノビジネスを起業することはできません。格安で作るものは質にも期待できません。オンラインカジノを起業して成功させるには、大きな資金が必要です。

この記事は日本語のみです!

この記事を共有する: