だいじょうぶ – 日本語の単語の意味と用法を理解する

[ADS]広告

日本語で最も人気があり、文字通りの翻訳がない単語の1つは daijoubu 表意文字[大丈夫]を使用して書かれています。その意味は少し曖昧なので、この言葉が日本人学生に引き起こす混乱を終わらせます.

「だいじょうぶ」という言葉は、しばしば次のように訳されます。心配しないでくださいまたはすべてが大丈夫です」ですが、この記事では、「だいじょうぶ」という言葉の本当の意味と用法をより深く掘り下げようとします.

だいじょうぶという言葉は、形容詞、副詞、名詞であり、質問と回答、および日本語のさまざまな状況で使用されます。この表現は、オタクやアニメの影響で欧米でも流行しました。これは、何かできるかどうか尋ねたり尋ねたりする人への応答としてよく使用されます。

大丈夫-日本語の意味と使い方を理解する

だいじょうぶ とはどういう意味ですか?

[な] のような形容詞として、だいじょぶ [大丈夫] という言葉は、何かが安全で、トラブルがないこと、恐れることなく行動できること、すべてが順調であること、またはすべてが順調であることを意味します。 okay

daijoubu が副詞として使用される場合、すべてが順調である、疑いがない、または問題がないという考えを伝えます。

次の言葉は、 daijōbu (別のローマ化)は、「ありがとう」やその他の承認に相当するものを拒否するためにも使用できます。 

「いいえ」、「大丈夫」、「大丈夫」、「気にしないで」という考えを伝えることができます。最も一般的なのは、単語を単純な「私は元気です」と解釈することです。 「です」[です]または「だ」[だ].

質問として使用すると、「大丈夫ですか?」と訳すことができます。または「すべて大丈夫ですか?」。誰かがつまずいたり、悲しそうに見えたり、怖がったり、気になることをしたりした場合、「だいじょうぶ」という表現がおそらく最も丁寧な表現です。

単語の意味は、使用されるコンテキストによって異なります。

大丈夫-日本語の意味と使い方を理解する

大乗部の由来は?

以前は背の高い大きな男性を指す言葉だったため、大 (big)、丈 (tall)、夫 (husband) の文字が使われました。これらの表意文字は、単語の意味とどのような関係がありますか?

昔の中国では、若者を「たくましくたくましい男」と呼ぶのは、彼らが成長し、健康になっていることへの一種の褒め言葉でした。

当時、そのような用語は、健康と幸福を指すために男女両方に使用されていました.

これらの表意文字を深く研究すると、その意味は完全に理解できます。 「だい」は「大きく、強く、とても」という意味です。 「丈夫」という言葉の残りの部分は、健康で、頑丈で、強く、頑丈で、耐久性があることを意味します。

ますらおという名前は「大丈夫」と書けるのが面白いですね。皮肉にも仏教の大乗仏教を指す「大乗仏教」という表現もあり、仏教で人気のある分類用語です。
大丈夫-日本語の意味と使い方を理解する

いつ質問にだいじょうぶを使用するのですか?

だいじょうぶという表現を使うことができる質問を含む多くの状況があります。最も人気のあるのは、彼らが何かを提供し、丁寧に断りたいときです。

あなたが先週病気になった場合、友人はあなたに尋ねるかもしれません:

  • 大丈夫ですか
  • だいじょうぶですか?

その場合、次のように答えることができます。

  • 大丈夫です
  • daijoubu desu

だいじょうぶの代替案

「だいじょぶ」の代わりに使える言葉は?それらの違いは何ですか?最初にリストを作成し、次にそれぞれについて少し説明します。

  • Genki [元気] – Tudo bem?
  • 結構です [結構です] – 私は元気です。
  • Iidesu [良いです] – わかりました。

「結構です」という言葉には、素晴らしい、良い、素晴らしい、十分、十分という意味があります。何かを丁寧に断る場合によく使われます。

もう「いいです」[良いです] 文字通り良いという意味です。この言葉は、単純な良いものに加えてよく使われます。通常、何かを受け入れるか拒否するために使用されます。

だいじょうぶとげんきの違いは何ですか?

似たような意味を持つ別の言葉は げんき[元気] これは通常、その人の健康状態について尋ねたり、元気かどうかを尋ねたりするために使用されます。

どちらも「元気に」という意味ですが、「だいじょうぶ」は現状を尋ねるときに使います。すでに「元気」は、まるで良い一日を過ごしたかのように、継続的な「元気」に使用されます。 

「だいじょうぶ」は、何かがおかしいときや誰かが怪我をしたときに特に使われます。一方、「げんき」は、あいさつや日常会話を始めるときに使うことが多いです。

大丈夫-日本語の意味と使い方を理解する

大丈夫を使ったフレーズと表現

記事の最後に、だいじょうぶという表現を使った例文をいくつか残します。記事を楽しんでいただければ幸いです。コメントや共有に感謝します。

Português日本語ローマ字
私の母は彼女が元気だと言った。母は大丈夫だと言ったはははだいじょうぶだといた
おそらく大丈夫です。多分大丈夫ですTabun daijōbu desu
気分は良いですか?気分は大丈夫ですかきぶんは大丈夫
Está tudo bem?全て大丈夫ですかスベテ大丈夫
その水だけで大丈夫です。その水は飲でも大丈夫です。デモ大丈夫で水水を寝かせて。
急いでしても大丈夫でしょう。急がば大丈夫です磯ヶ場大丈夫
私は元気ではありません(正式)。大丈夫じゃありませんDaijoubujyaarimasen
体調が悪い。大丈夫じゃないDaijoubujyanai
何もかも良くなるだろう。きっと大丈夫だよキット大丈夫だよ
明日は大丈夫ですか?明日は大丈夫ですかAshita wa daijobu desu ka?
聞いても大丈夫ですか?お願いしても大丈夫ですかおねがしてもだいじゅうでか?
大丈夫?大丈夫なのかdaijoubunanoka

この記事を共有する: