日本のティーンエイジャーの中で自殺率が最も高い日である9月1日。

日本では、2学期の学校復帰は悲劇に見舞われます。日本政府によると、9月1日は歴史的に18歳未満の若者が最も多く自殺する日です。1972年から2013年まで、18,000人以上の子供たちが自殺しました。

年平均で、8月31日には92人、9月1日には131人、2日目には94人でした。昨年、日本は10歳から19歳の人々の主な死因として最初に自殺を登録しました。4月に学校に戻ると、子供の死亡数もピークになります。

統計に怯えて、鎌倉市の図書館員が最近ツイートして物議を醸した。あなたが自分自身を殺すことを考えているなら、なぜあなたは学校をそんなに嫌うのですか?ここに来てみませんか?コミックやライトノベルがあります。あなたがここで一日を過ごすなら、誰もあなたと戦うつもりはありません。学校よりも死を選ぶことを考えているなら、私たちを避難所として覚えておいてください。」

9月1日、日本の10代の若者の中で自殺率が最も高い日。

重装甲'

わずか24時間で、川井真帆さんのメモは60,000回以上リツイートされました。実際には、子供たちに学校に行かないように勧めるのは市職員であるため、このイニシアチブは批判されました。しかし、多くの人にとって、それは命を救うのに役立ったかもしれません。「私の学校の制服は鎧と同じくらい重く見えました。

私は取ることができませんでした 学校の気候、 私の心はレースでした。自分を殺そうと思ったのは、もっと簡単だったからです」と、身元を守るために本名を公表できない学生のマサは書いた。彼は、彼を家に「スキップクラス」にとどまらせた理解のある母親がいなかったら、彼は9月1日に自殺したであろうと述べています。マサの声明は、学校に行かないことに決めた子供たちのための新聞に与えられました。

「私たちは17年前にこの非政府組織を始めました。なぜなら、1997年に、授業が始まる直前に学校の生徒を巻き込んだ3つの衝撃的な事件があったからです」と出版物の編集者である石志子は言いました。

石が引用した2人の子供は8月31日に自殺した。ほぼ同時に、他の3人の学生は、学校に戻りたくなかったため、通った学校に火をつけました。「その時、私たちは子供たちがどれほど絶望的であるかを悟り、学校か死かという選択の余地がないというメッセージを送りたかったのです」と石は言いました。

9月1日、日本の10代の若者の中で自殺率が最も高い日。

自殺支援

多くの日本人の子供たちにとって、日本社会の競争力は耐え難いものです。日本政府はまた、あらゆる年齢の潜在的な自殺犠牲者を支援するために、電話回線と他のサービスの間で一連のイニシアチブを開始しました。

それでも、先週、13歳の子供が2学期の開会式で自殺した。石自身はこの年齢で自殺に非常に近づきました。「学校だけでなく、子供たちのルールもすべて嫌っていたので、どうしようもありませんでした。

たとえば、電力構造を注意深く調べて、 bullying「」と言った。「それでも、参加しないことにした場合、次の犠牲者になるリスクがあります。」

しかし彼にとって最大の問題は日本社会の競争力です。彼がエリート学校に入学できなかったとき、彼自身が自殺について考え始めました。「何よりも悪いのは、友達を倒さなければならない競争の激しい社会です。」石氏は、日本語で入学試験に使用される用語には「戦争」という言葉が含まれていると付け加えています。

彼を死から救ったのは、彼の両親が自殺のメモを見つけ、彼に学校へ行くことを強制しなかったということでした。「あなたが学校から脱出できること、そして物事が良くなることを子供たちに知ってもらいたい。」

日本での自殺についてもっと理解するには、 日本の自殺についての真実.

この記事を共有する: