日本のオタク、オタク、ゲーマーのための近所

日本を訪れて、あなたの技術的な装置やマンガやアニメをどこで買うべきかわからないのですか?この記事では、日本に存在するオタク、オタク、ゲーマーの最大の地域を共有します。

日本中には素晴らしいお店があります。 ゲームセンター、テーマレストラン、 コーヒー漫画、 テクノロジー、アニメ、マンガ、ゲームに関連する美術館、講演、イベント。ほとんどの場合、これから表示される特定の地域ですべてが見つかります。

日本最大のオタク、オタク、ゲーマーの近所を見つけることができるのは東京だけでなく、国のさまざまな地域にあります。

1.秋葉原-世界最大のオタク地区

東京の中心部に位置する世界で最も有名な地区、そして世界最大のオタク地区。何千ものアニメ、マンガ、ゲーム、コンピューターの店があります。そこには、ロボットを構築するための部品もあります。

秋葉原には何千ものコスプレやメイドカフェもあります。それは私たちが記事を作成した非常に有名な近所です、 後で読むには、ここをクリックしてください。 駅周辺には有名な公園などお店がたくさんある上野エリアまで広がっています。

640px-akihabara_electric_town_2

秋葉原駅の近くには、世界最大の電気店「淀橋カメラ」もあります。電子機器、ラップトップ、ゲーム、映画、おもちゃ、さらには服まで、7フロア以上の製品があります。

日本橋電伝町-OSAKA

関西最大のオタク地区。ここでは、堺筋通り沿いに素晴らしいアニメショップ、収集品、多くのメイドやコスプレカフェがあります。

日本橋地区は電電町とも呼ばれ、大阪の難波近くにあります。個人的には秋葉原よりずっといい場所だと思いました。大阪の人は東京よりも受け入れやすいです。

日本のオタク、オタク、ゲーマーのための近所

この近所にはたくさんの子猫がいて、あなたをそれらに入らせています キャッチャーマシン あなたのお金を乾杯します。彼らはどうやら、実際には一度無料でプレイできるカードであるリーフレットを渡すだけで、あなたが入った後、あなたは彼らの主張で抜け出すことができません。

大阪のこの地域を訪れるのは東京よりもはるかに楽しいです。有名などんとぼりのような他の有名な地区に徒歩で簡単にアクセスできます。

池袋-乙女系街

池袋は、東京中心部にある巨大なショッピング、ダイニング、エンターテイメント地区です。主に女性客を主に道神師で狙うアニメ・マンガ店で有名。

近所の景色は独特で、秋葉原と同じ階にある大きなゲームセンターやお店に面しています。東京で別のアキバ体験をしたいなら、池袋がぴったりです。

池袋オタク文化

池袋には、有名なポケモンセンターやeスポーツで有名なストリアカフェがあり、世界で3番目に賑わう池袋駅です。腐女子通りとも呼ばれます。

中野-道神市センター

東京で最も人口の多い住宅街のひとつであり、オタク的な評判も高い。また、16のマンダラケ店があり、それぞれがオタク文化のさまざまな側面に焦点を当てています。

中野ブロードウェイ(中野駅近く)はオタクショッピングセンターです。珍しいオタク素材を見つけることでよく知られています dōjinshi (独立した出版物)。

Manjanakano読者

原宿-日本のファッションセンター

Harajuku ファッションファンの間で人気のエリアです。多くの人が自分たちがコスプレしていると思って混乱します。彼らは実際に日本のストリートファッションを着ています-衣装ではありません。このエリアはコスプレイヤーにもやや人気があります。

原宿は若者の出会いの場と言えます。多くの人が楽しさと娯楽を求めて行きます。そこには、オモテサンドヒルズ、高級モール、その他多くのショップやレストランがあります。

Subcultura

小グループが集まって振り付けをリハーサルする公園があります。これらの同じ公園は、街の喧騒や混乱を忘れることができるレジャー用です。

ネリマ-ドアレモンの家

ネリマは、日本初のアニメーションスタジオがあった東京の郊外地区で、現在でも有名な東映アニメーションをはじめ、数多くのアニメーションスタジオがあります。ネリマは、みんなのお気に入りの架空の猫の家でもあります。 Doraemon.

銀河鉄道999

この記事を共有する: