2022年に日本語に没頭するためのチャンネル


外国語でハイレベルに到達するための最も効率的なアプローチの1つは、イマージョンです。これは、ビデオ、本、雑誌、およびあなたが学んでいる言語でネイティブスピーカーによって作成された他の資料に飛び込むことに他なりません。

詳細の1つは、語彙、文法、構造、日常的な学習の学習など、通常の言語の学習と組み合わせて没頭が行われることです。研究が進んでいるほど、学習している言語に費やす時間に没頭する時間が長くなります。つまり、高度になるほど、ネイティブコンテンツを消費することになります。

これを目指して、この記事では、言語に没頭する手段として使用できるYouTubeチャンネルのリストを紹介します。

日本語学習者にはレベルが違うことを理解した上で、初級、中級、上級のチャンネルを分けてみましょう。
ここでの没入型の焦点は視聴覚コンテンツであり、ある文脈では字幕が含まれていることは言及する価値があります。

それ以上の苦労なしに、リストに行きましょう。

わかりやすい日本語

私たちの最初の推奨事項は、わかりやすい日本語チャンネルです。
名前が示すように、このチャンネルは、日本語の初心者と一部の中学生のために、シンプルで理解しやすい言語を使用することを提案しています。結城さんから紹介されました。

このチャンネルには、日本文化の用語を示すなど、さまざまなトピックに関するいくつかのビデオがあります。

また、ビデオの平均再生時間は6〜15分で、ほとんどすべての日本語初心者にとって簡単に利用できます。

浅見との日本の没入

リストの2番目のチャネルは、浅見との日本のイマージョンです。

前のチャンネルと同じように、ここでの考え方は、日本語の中級レベルの初心者と学生のために、落ち着いた言語で日本語で説明し、話すことです。このチャンネルには、ストーリー、映画、アニメなど、いくつかのテーマとテーマがあります。

このチャンネルの興味深い詳細は、ビデオの中で議論されているトピックについて質問され、日本語でも考えさせることです。

浅見さんのチャンネルの動画は11分から30分くらい、他の動画は1時間くらいの長さなので、初心者でも日本語に没頭できる優れたコンテンツです。

ペッパピッグ(Peppa piggu)とサルのジョージチャンネル

はい、図面。子供向けなので、語彙や表現がわかりやすいです。

具体的には、これら2つの図面には、一定のコンテンツを含むYouTubeチャンネルがあります。つまり、没入感を与えるためのビデオがたくさんあります。あまり注意を払わないことをしているときはただ聞くことをお勧めします。なぜなら、それらは非常に理解しやすく、何かに迷った場合はすぐにまた理解できるからです。

どちらのチャンネルも、平均動画再生時間が20分から1時間と長くなっています。わかりやすいものを探していて、退屈な絵を見つけない人にとっては素晴らしいオプションです。

没頭も楽しいものである必要があるので、子供向けの漫画を見るのが苦手な場合は、あまり理解していなくても他のコンテンツを探すことを検討してください。好奇心から逮捕してください。

弁次郎初心者日本語

次のチャンネルは他のチャンネルと同様の提案がありますが、アプローチが異なり、Benjiro Beginner Japanese(BenjiroJaponêsIniciante)は初心者の日本人視聴者を対象としています。このチャンネルのアイデアは、会話を通して学び、没頭することです。日本語の原住民と一緒に行います。

興味深い詳細は、会話中に彼が彼のそばに浮かぶメモ帳を残し、会話中に使用された単語の意味と意味を同時に示していることです。

このチャンネルは3年間動画を投稿していませんが、すでにいくつかの日本人との会話でアップロードされた動画がいくつかあり、動画の平均再生時間は50分です。

初心者から中級者向けのフルプレートです。

オノマップ

ここで、もう少し中級レベルのチャンネルに移り、オノマップを紹介します。

オノマップは、文化を含む日常の日本語のさまざまなトピックに関するビデオを特集するチャンネルであり、さまざまな言語で字幕を付けることができます。ポルトガル語の字幕付きのビデオもいくつかあります。

このチャンネルは、日本語のオノマトペを紹介するという提案で生まれ、さまざまなトピックについて話している間、いくつかのビデオで説明されています。チャンネルは非常にアクティブで、動画は6〜8分続く傾向があります。初心者の方にとっては、中級者になることはステップアップするための素晴らしい方法であり、すでに中級者の方にとっては前進し続けるための素晴らしい方法です。

くもしゆうすけ(もしもしゆすけ)

Moshi moshi yusukeは、yusukeによって作成されたチャンネルで、学習と没頭の3つの方法をまとめたチャンネルです。また、中級者を対象としています。

彼がファイルシリーズと呼ぶ最初の形式では、通りを歩きながら日本語を話します。重要な詳細は、ビデオ中に話された各日本語の文にキャプションを付けることです。

彼がモノローグシリーズと呼ぶ2番目のスタイルでは、通りを歩き、さまざまな主題について独り言を言います。日本のいくつかの場所や通りを紹介します。このスタイルには日本語の字幕もあります。

最後になりましたが、会話シリーズでは、日本語で話す人々、時にはネイティブの日本人教師を取り上げ、さまざまなトピックについてコメントします。

ビデオの平均再生時間は10〜20分で、チャンネルには非常に活発な投稿があります。

諸島

上級者向けのアーキペルチャンネルはオプションで、日本のアーティストやクリエイターに関するドキュメンタリーに焦点を当てたチャンネルです。

イラストレーター、マンガ家、ゲームクリエーター、ミュージシャンなど、日本文化のさまざまな側面についてのインタビューやビデオを集めたチャンネルです。

ビデオには8分から30分のノンストップ日本語があります。そして、特定の主題にもかかわらず、それは出版の合理的な一貫性を維持することに成功しています。

上記のものと同様の提案を持つ他のいくつかのチャネル:

  • セサミストリート
  • ユキの日本のテレビ
  • クマミキ
  • 気ちますぴLIFE
  • TEDxジャパン

これらの視聴覚チャンネルに加えて、ポッドキャストに焦点を当てたいくつかのチャンネルもお勧めします。ポッドキャストは強力な没入型であるためですが、今回はリスニングのみに焦点を当てています。

  • こんにちわポッドキャスト
  • さくらのヒント
  • ゆうゆの日本語
  • てっぺい

これらのチャンネルのおすすめが気に入ったら、友達と共有して、自分の考えをコメントしたり、日本語に没頭するために不可欠だと思うチャンネルを提案したりしてください。よく勉強して、後でお会いしましょう。

この記事を共有する: