1996年にペルーの日本大使館で誘拐

によって書かれた

Tudo começo na noite de 17 de dezembro de 1996, na Embaixada do Japão em Lima no Peru. Ela foi invadida pelo MRTA (Movimento Revolucionário Tupac Amaru). Os guerrilheiros pediam a libertação de 500 companheiros que estavam presos.

ペルーのTupacAmaru組織は事実上消滅しました。大使館の買収は、グループがまだ活発であり、その再建を計画していたことのデモンストレーションでした。「仲間を解放するか、人質と一緒に死ぬかのどちらかだ」とトゥパック・アマルのメンバーは語った。

日本皇帝の誕生日の公式レセプションのために大使館で会った610人 明仁人質が取られた。これは、信じられないほどの126日間続いたため、歴史上最も印象的な誘拐の1つでした。イランのテヘランにある米国大使館の占領の背後でのみ、444日間続いた。 

1996年にペルーの日本大使館で誘拐

警察と軍隊が日本の大使の家に侵入し、残りの72人の人質を解放したとき、それはすべて終わりました。14のTupacAmaruゲリラすべてが撃たれました。残念ながら、最高裁判所の裁判官である人質のカルロス・ジュスティは、2人の兵士とともに殺されました。他の5人の人質が負傷した。

ChavíndeHuantar作戦

80人のエージェントが侵入しました 大使館 ちょうど午後3時30分に人質を救助する。彼らは防弾ベストを装備し、アルベルト藤森大統領はその場ですべてに同行しました。彼は、人質が40分の任務で「安全で健全な」解放されたと言いました。 

あるゲリラは、最年少の誘拐犯のうち4人が降伏を試みたが、それでも軍によって殺されたと主張している。藤森社長は犠牲者の数を確認し、「他に方法はない」と述べた。 

大使館に侵入したゲリラは毎日サッカーをしていました。軍はこの機会を利用して、トンネルを通って大使館に侵入した。ホルヘ・グムシオ大使は、人質は軍事介入があると事前に警告されていたと述べた。 

解放された人質の中には、ペルーの2人の大臣、日本とボリビアの大使、23人の他の日本人、そして藤森大統領の兄弟を含む数人のペルー人がいた。

1996年にペルーの日本大使館で誘拐

ゲリラのリーダーは、グループの創設者であるVíctorPolayCamposの後ろにいるNéstorCerpaCartoliniでした。&Nbsp; O トゥパックアマル革命運動 この地域の国々の他の左派ゲリラに触発されて1984年に設立されました。

手術中および手術後、日本大使の家の中で原因不明の爆発が数回発生しました。爆発が手榴弾によって引き起こされたのか、テロリストが現場に置いた爆発物によって引き起こされたのかは不明です。 

これは日本とペルーを巻き込んだ歴史的な出来事でした。ご存じない方もいらっしゃると思いますが、ペルーは日本人との関係が良く、多くの移民を受け入れています。ペルー人は ビザなしで入国、七面鳥を統治することによって日本の大統領が提供した良好な関係のおかげで。

あなたはその記事が好きでしたか?あなたがそれを好きなら、あなたのコメントを共有して残してください!

Compartilhe com seus Amigos!