18 和菓子 – 日本のデザート

[ADS]広告

和菓子は、お茶と一緒に出されることが多い伝統的な和菓子の一種です。和菓子は、米粉、餡、砂糖など、さまざまな材料で作られています。

和菓子の形やデザインは、花や鳥、動物など自然をモチーフにしたものが多いです。この記事では、これらのデザートの 18 を見ていきます。

和菓子の話

和菓子は日本で長い歴史を持ち、平安時代 (794-1185) にさかのぼる和菓子の最初の記録があります。江戸時代(1603年~1868年)になると、和菓子の生産がより広まり、日本のさまざまな地域で独自のスタイルの和菓子が開発されました。

今日、和菓子はあらゆる年齢層の人々に愛され、贈り物としても喜ばれています。シンプルな形のものから凝ったデザインのものまで、さまざまな和菓子があります。

和菓子に興味があるなら、花月嵐、一期一会、海洋堂など、東京には和菓子を販売する優れたショップやカフェがたくさんあります。

1.生菓子

なまがしは、お茶会で使われるお菓子の総称です。彼らは美的に心地よいに違いありません。それらの多くはあずき味噌で満たされています。

生菓子には、ゼリー、ゼリーなどを含めることができます。それらは天然成分でできており、花や植物のような自然の外観を持っていることがよくあります.

なまがし。Jpg

2. 桜餅

桜餅は、味噌を詰めて桜の葉で覆ったおにぎりです。 3月3日の日本の女の子の日(ひなまつり)を祝うために餅桜が食べられます。

Sakuramochi

3.「甘納豆」

甘納豆は、ほとんどの場合、砂糖でコーティングされた小豆です。基本的に豆と他の豆から作られたナツメ。豆を砂糖を入れた水で煮て、乾燥させた後、さらに砂糖をまぶします。

あずきだけでなく、大豆やその他の豆を使って甘納豆を作ることで、甘納豆の風味を作ることができます。甘納豆は 60 歳以上の高齢者に最も人気があり、日本の介護施設ではお茶と一緒に出されることがよくあります。 

読むことをお勧めします: 甘納豆–豆ナツメ

Amanatto

4.金平糖(甘納豆)

コンペイトキャンディーは、純粋な砂糖で作られた小さな色のキャンディーです。それらは丸く、星や小惑星のように見える調理プロセスの一部として、小さな自然に発生する隆起を持っています。

金平糖は、16世紀にポルトガルの商人によって初めて日本に紹介されました。金平糖は、日本の皇室への訪問者への感謝の贈り物です。

読むことをお勧めします: 日本のお菓子100個リスト

Kompeito

5.菱「葩餅」

花びらもちは「花びらもち」を意味します。それは伝統的に新年の最初のお茶会で出されます。この伝統は帝国の家族から始まりました。花びらもちは形や色が違います。

緑餡がたっぷり入っています。花びら餅の形や色には、象徴的な意味(正月にまつわる意味)があります。

日本の砂漠はなびらもち

6.すあま(寿甘)

スアマは米粉と砂糖で作ったデザートです。外側は赤い染料を使用し、内側は白とnbsp;のままです。

Suama

7.「和三盆」

和三盆は色付きの砂糖菓子です。砂糖は、四国で地元で栽培された竹糖または竹蔗と呼ばれる細かいサトウキビから作られます。

Wasanbon

8.「ぼたもち」

プリンとあんこを合わせた季節のおやつです。

Botamochi

9.「軽羹」

米粉、砂糖、日本のヤムを使った九州のデザート。

日本のカルカン砂漠

10. 外郎

もちもちでほんのり甘いケーキです。味は抹茶、さくら、いちご、栗など豊富。

Uiro

11.だんご(団子)

だんごは、餅に似た日本の団子です。串に刺して3~4本で提供されます。味は季節によって異なります。その名前は文字通り子供たちのグループを意味します。

日本人は縄文時代から団子を食べてきました。多くは森の木の実を砕いて花を咲かせ、お粥に混ぜて冬を乗り切りました。

一般的にだんごは、串に刺した球状の物体のほぼすべてを指すことができます。家族を形成するようにグループ化された丸いものまたは塊。

また、以下を読むことをお勧めします。 だんご – 好奇心と和菓子のレシピ

日本の伝統的な砂漠のダンゴ

12.「最中」

サクサクのウエハース餅の中にあんこが入っています。

Monaka

13.「羊羹」

羊羹は、あんこ、寒天、砂糖で作ったゼリー菓子です。彼らは通常、緑茶粉末、刻んだナッツ、全粒加糖豆、またはジャムに懸濁した他の成分を持っています.

また、以下を読むことをお勧めします。 ようかん – 海苔ゼリー レシピ

日本の洋館砂漠

14.万寿(饅頭)

饅頭は、もち米粉で作られた伝統的な和菓子で、通常はあんこ (小豆餡) が詰められています。平安時代(794~1185年)の京都が発祥と言われています。饅頭は焼いたり蒸したりすることができ、生地は多くの場合、ボール、ピラミッド、三日月など、さまざまな形に手で成形されます。

饅頭はほとんどの日本のパン屋で見つけることができ、結婚式や出産などの特別な機会に贈り物として贈られることがよくあります.

読むことをお勧めします: 焼きまんじゅう - 豆の詰め物をしたお菓子の紹介とそのレシピ

ストロベリーまんじゅう

15.「葛餅」

くずもちは、くずでんぷんを原料とした餅の一種です。日本では伝統的に夏の間作られています。キャンディーは白色で、滑らかでモチモチした食感です。甘いシロップやきな粉を添えて食べることが多いです。

葛餅は、葛粉を水と混ぜて煮て作ります。次に、混合物を冷却し、小さなボールに成形します。ボールは、焙煎した大豆から作られた粉末に丸められます。

Kuzumochi

16. 草餅

草もちは「ハーブもち」を意味します。日本のマグワートの葉の粉で作ったモチです。それは伝統的に春に消費されます。草もちは通常、甘い大豆粉をトッピングして出されます。

草持日本砂漠

17.「たい焼き」

たい焼きは日本の魚の形をしたケーキです。一般的に、あんこ、チーズ、またはクリームで満たされています。その名前は、文字通り鯛のグリルを意味します。甘くておいしいフレーバーの両方で見つけることができます。

たいやきは基本的に普通の魚の形をしたパンケーキまたはワッフルです。両側に型が付いたグリッド上に配置されます。それはそれらのスイスのクレープに非常に似ています。そしてそれは通常金色になるまで焼かれます。

最も一般的なたい焼きは甘い豆を詰めたものですが、チョコレート、クリーム、チーズ、緑茶、または肉と鶏肉を詰めたものを見つけることができます.形を魚の形にするだけで無限の可能性を秘めたレシピです。

また、以下を読むことをお勧めします。 Taiyaki-有名な魚の形をした餃子

Taiyaki

18.八ツ橋(八橋)

お餅のような食感とシナモンの効いた京都名物。焼きすぎてカリカリになることもあります。また、豆の詰め物を添えて提供されることもあります。

Yatsuhashi

この記事を共有する: