15の日本のモンスター、神話、伝説

[ADS]広告

日本はその迷信、文化、そしてさまざまな信念で知られている国であり、無数の伝説や奇妙な生き物を生み出しています。  何百ものそれらがあり、無害なものもあれば、恐ろしいものもあります。 この記事では会います いくつかの生き物と日本で最も奇妙な伝説。

カマイタチ-サイスウィーゼル

鎌鼬(窮奇)は、日本の民間伝承の怪物で、鎌(カマ)とイタチを意味します。モンスターは鎌のような鋭い歯を持つイタチの形をしていて、犠牲者を非常に素早く切ります。

古代の日本人は、カマイタチが強い突風に襲われたときに人々が苦しむ切り傷の原因であると言います!すると、カマイタチの打撃は、カットが小さいので最初はあまり苦しんでいない人に小さなカットをしますが、カットはおそらく感染するでしょう!

15の日本のモンスター、神話、伝説

Okiku-着物の生きている人形

オキクは着物を着た小さな人形です。それは、寒さで亡くなったオキクという小さな女の子のものでした。彼女の精神は人形を所有していました、そして今、彼女の髪は不思議に成長します。人形は今万年寺にあります。最初は髪が短かったのですが、時間が経つにつれて人形の錠前が大きくなり、今日では人形の腰に届いています。人形の髪がどのように成長し続けるのかは誰にも分かりませんが、科学的研究によると、それは幼い子供の髪、おそらくオキクの髪であると結論付けられています。

うみぼうず-日本の海の怪物

Umiboozu (海坊主)は、通常日本沿岸に出現する恐ろしい海の怪物であり、その伝説は江戸時代に記述されています。この怪物の主な行動は破壊することです。彼は常に船を荒廃させ、人間を海の深さまで連れて行っているように見えます。彼らはまた、それが鍋の形で海岸に渦を形成し、その縁にある人間を引っ張ることができると言います。

うみぼうずの伝説についてはたくさんの説明があります。多くの形をとることができると言う人もいます。しかし、その本来の物理的特徴は、巨大で、水面から30メートルに達し、非常に明るい禿げ頭を持っていることです。これにより、Umibõzuは「ハゲモンスター」というニックネームを獲得しました。 このモンスターには口も目もなく、月明かりのない夜のように色が黒いと言われています。しかし、いくつかの伝説では、彼らは巨大な口と目が火のように輝いているUmibõzuを報告しています。

15の日本のモンスター、神話、伝説

サメを想像してみてください。ここで、ひれがチーズおろし器のようなサメを想像してみてください。ただし、粉チーズの代わりに肉をすりおろします。これは磯撫です。彼は歯とひれを使ってあなたを切り身にし、海の底に引きずり込みます。

くしさけ恩納-口を切った女性

彼女の名前(口裂け女)は「口を切った女性」を意味します。一人で通りを歩いていると、夜遅く、角や路地から飛び出して目の前で止まります。彼女はテレポートしてあなたの目の前に現れるので、あなたは逃げることができません。彼女はサージカルマスクと着用したコートを着ています。

櫛酒は「私は美しいの?」と尋ねます。あなたがノーと言うなら、彼女は大きなはさみであなたの頭を切り落とします。 「はい」と答えると、彼女はマスクを外し、耳から耳へと引き裂かれた口を明らかにし、「今はどうですか?」と尋ねます。 「いいえ」と答えると半分にカットされ、「はい」と答えると彼女のように口がカットされます。

15の日本のモンスター、神話、伝説

富茂の地獄-呪われた詩

トミモのインフェルノは呪われた詩であり、それを声に出して読んだ人を殺すと主張しています。運が良ければ死ぬことはありませんが、とにかくたわごとが起こります。トミモの地獄は、犬彦よもたが「心は転がる石のようだ」という本の中で書いたもので、1919年からの西蔵弥生の27番目の詩集に含まれています。この詩は、死んで地獄に行くトミモの物語です。

ひとばしら-人間の柱

人柱は「人間の柱」を意味します。古代日本では、日本人は生きている人々を建物に封印することで彼らをより強く、より安定させると信じていました。柱や壁で人々を封印することは、建物が長持ちすることを喜んで祝福した神々にとって一般的な犠牲でした。人間の柱は、犠牲を払った人々に悩まされていると言われています。

https:// www。 Flickr。あり/写真/ jannem

TekeTeke-肘の生き物

テケテケテケは、生き物が(ひじを使って)歩くときに鳴る音です。彼女は地下鉄の線路に落ちた(または自分を投げた、いくつかのバージョンがあります)美しい若い女性でした。彼女は電車で半分にカットされたが、彼女の怒りと苦味は非常に強烈だったので、彼女の胴体は復讐を求め続けた。彼女の足がないにもかかわらず、彼女は非常に速く動くことができます、そしてあなたが彼女に捕らえられるのに十分運が悪ければ、テケテケは彼女が持っている鎌であなたを半分に切ります。

雪女-雪女

雪女(雪女?雪女)は、日本の民間伝承に見られる霊または妖怪です。彼は日本のアニメ、マンガ、文学で非常に一般的な人物です。

民間伝承によると、雪女は男性を誘惑するために歌い、吹雪の中で迷子になり、凍死します。多くの場合、彼らは美しい若い女性の形で現れ、多くの伝説では、彼らは男性に恋をし、彼らに近づき、結婚して家族を始め、子供をもうけます。しかし、ラブストーリーは常に、霧や嵐が大きい日に彼女が失踪することで終わります。おそらく彼女の世界の呼びかけが強くなるときです。

別名クローク-レッドケープ

赤マントはケープ/レッドハウスを意味します。それは基本的に、バスルームに出没する苦しめられた精神に関係しています。トイレットペーパーなしでバスルームを使用すると表示されます。それから彼はあなたに「あなたは赤い紙と青い紙のどちらが欲しいですか?」と尋ねます。赤い紙を選ぶと、バラバラになります。青い紙を選ぶと、首を絞め殺されます。物語の他のバージョンによると、赤い紙を選ぶことによって、あなたは生きたまま皮を剥がれ、青いものを好むなら、あなたの血はあなたの体から排出されます。

15の日本のモンスター、神話、伝説

ガシャドクロ-巨大な骸骨

がしゃどくろは、日本神話の生き物である妖怪です。この精神は非常にシンプルで、飢えで亡くなった人々の骨から作られた巨大な骸骨です。彼らは歩き回り、それをつかんで頭を噛み、血を飲み、そしてその骨格を山に加えます。

ホーンテッドイヌナキビレッジ

犬鳴村は完全に他の村から、さらには国自体から分離された神秘的な村です。この村が実際に存在するかどうかは不明であるが、一部の人々はそれがないと言います。村の入り口に、「日本の構成法は、ここでは適用されません」と言う看板があります。

この村の住民は非常に奇妙な生活を送っています。近親相姦、共食い、殺人が一般的です。犬鳴村にいる間は、何らかの理由で携帯電話などの電子機器を使用できません。そこには古いお店や公衆電話がありますが、誰にも電話をかけることはできません。犬鳴村に入る人は誰でも出られないと言われています。

ホーンテッドキオタキトンネル

このトンネルは1927年に建設されました。長さは444mです(4は日本で呪われた数字で、ほとんどの西洋人の13番に似ています)。伝説によると、キオタキは、奴隷のように働くことを余儀なくされた当時のひどい労働条件のために、それを建てている間に死んだすべての労働者によって、そしてトンネルで死んだすべての人々によって、事故の犠牲者に呪われています労働者の精神によって引き起こされます。

夜のトンネルには幽霊が見られ、車を所有して事故を起こすこともあるそうです。また、このトンネルには鏡があり、それを見て幽霊を見ると恐ろしい死を遂げると言われています。トンネルの長さは、測定する時間と期間(夜間または昼間)によっても異なります。

15の日本のモンスター、神話、伝説

別名-ダートリック

別名は「ダートリック」と訳されます。アカナメは、文字通り汚れたトイレを舐め、有毒な唾液に助けられて舌ですべてをきれいにする日本の恐ろしいタイプのブギーマンです。怪物は、親が子供たちにバスルームを常に清潔に保つように動機付ける方法として生まれた可能性があると考えられています。

シリメ-お尻に目がある男

このキャラクターの説明は少し粗いです。しりめは、肛門ではなく目を持つ男の姿に付けられた名前です。私はお尻を見る、もっとよく言った。

彼の外見についての情報はほとんどありません。実際、シリメについて記録された歴史は1つだけですが、これが存在するという考えは、彼が描いた写真にいくつかの超自然的な生き物を含めたアーティストで詩人のヨーサブソンによってかなり同化されました。

15の日本のモンスター、神話、伝説

シリメの話は、誰かが彼に電話をしたとき、一人の武士が夜道を歩いていたと単純に述べています。彼は謎の男が服を脱ぎ、お尻を指さしているのを見た。

どこからともなく、示された領域から大きな明るい目が開き始めました。侍は恐ろしくて悲鳴を上げ、しりめは二度と見られなかった。

この記事を共有する:

「15 monstros, mitos e lendas japonesas」への7件のフィードバック