古田順子–史上最悪の死について

敏感な人にはこの記事をお勧めしません。このテキストで提示されている話は非常に残忍で恐ろしいものです。レイプされ、拷問され、虐殺され、44日間にわたってセメントに注がれた17歳の少女、古田順子。

古田順子は、1989年1月4日に亡くなる前に、クラスメートの手で何ヶ月にもわたる想像を絶する拷問を受けた日本人学生でした。湊のばはる。全部で100人以上が彼の誘拐を知っていました。何も助けにはならなかったし、何人かが拷問に加わった。

古田淳子–犠牲者

1988年、17歳の古田淳子は、一般的な習慣に従って、八潮南高校を卒業する前に、彼女の4年生を修了しました。学校では、女の子は頭が良くてかわいくて恥ずかしがり屋だと考えられていました。彼女の人気にもかかわらず、彼女は同僚や友人が主催するパーティーに出演したことはありませんでした。他のほとんどの学生とは異なり、彼は薬を飲んだり使用したりしませんでした。彼女の毎日の仕事は、学校に通い、ウェイトレスとして彼女の仕事に直行することです。 パートタイム そこから。

古田は埼玉県三郷市で生まれました。彼女は両親、兄、弟と一緒に暮らしていました。

彼女は10代の頃、八潮南高校に通い、1988年10月から放課後のプラスチック成形工場でパートタイムで働いていました。彼女は計画した卒業旅行のためにお金を節約するためにこれを行いました。

彼女は美しい機能を備えた人気のある女の子であり、 アイドルシンガー。彼女が誘拐された夜、古田はトンボのテレビ番組の最後のエピソードを見るために家に帰るのを楽しみにしていました。

-古田順子–史上最悪の死について

古田順子の場合

宮野裕史と彼の16歳の友人湊真司は、女性が性的暴行を受けていた近くの地元の公園でたむろしました。ペアは、柔らかいターゲットを見つけることに鋭い目を持っていることが知られている経験豊富なレイプ犯でした。

1988年の午前8時30分、ふたりは古田淳子が通勤途中に自転車に乗っているのを発見した。計画はすぐに作成されます。シンジは自転車を追い越すときに彼女を蹴って倒し、友人の態度を抑えたふりをして純子を助けてくれるヒロシに機会を与えます。彼はすぐに彼女に同行して働くことを申し出たが、彼女はそれを最終的に受け入れた。

途中で、ヒロシは黙って彼に従わないと彼女を殺すと脅します。彼らは放棄された倉庫に到着し、そこで少年は死の約束で彼女を恐怖に陥れながら彼女をレイプします。そこからシンジの家に連れて行って、17歳の小倉淳と渡辺靖をホラーの一部に誘う。

古田順子がその汚い部屋に閉じ込められた44日間に受けた獣姦のレベルに匹敵するものはありません。出血するまでソドミーと性的暴力を繰り返した後、彼女は手首で天井から裸で吊るされ、男の子たちによってサンドバッグとして使用されました。

彼らは彼女をむさぼり食い、ダンベルで殴り、タバコ、ろうそくで燃やし、電球、はさみ、鉄の棒を導入し、さらには彼女の膣と肛門に花火を打ち、重度の火傷と内臓の破裂を引き起こしました。ヒロシは友人や他のヤクザのメンバーを残虐行為に招待することさえします。

11月27日、古田容疑者の両親は彼女の失踪について警察に連絡した。さらなる調査を思いとどまらせるために、誘拐犯は彼女に母親に電話をかけさせ、彼女が逃げ出したが安全で何人かの友人と一緒にいることを彼女に納得させた。

彼らはまた、古田順子に警察の捜査をやめさせた。湊の両親がいたとき、古田はガールフレンドとして行動することを余儀なくされた。湊宏の両親は、ますます暴力的になる自分の息子を恐れることはありませんでした。

11月28日の夜、古田は数人の少年を見て恐怖で叫びながら逃げようとした。宮野は足を掴み、顔に枕をかぶせた。両親は目を覚まし、悲鳴をチェックしに行きましたが、息子はそれは何もないと言い、レイプが始まりました。

時々、彼女は一日に12人の男性にレイプされました。グループの声明によると、4人は彼らの --、彼女に裸で踊って彼らの前で自慰行為をさせ、夜中に小さな服を着たままポーチに置いた。

彼らは彼女の膣と肛門に火のついたマッチ、金属棒、瓶などの物を挿入し、彼女に大量のアルコール、牛乳、水を強制給餌しました。

彼女はまた、一度に数本のタバコを吸い、シンナーを吸い込むことを余儀なくされました。ある事件では、宮野は古田の足と腕を液体で繰り返し燃やした。

12月下旬、古田は少量の食物、そして最終的には牛乳だけを与えられた後、ひどく栄養失調になりました。

重傷と火傷でバスルームに行けず、湊の部屋の床に極度の脱力感を抱えていた。

攻撃の残忍さにより、古田の容姿は大きく変わった。彼の顔はとても腫れていて、彼の特徴を理解するのは困難でした。

彼女の体もひどく不自由で、4人の少年が彼女への性的関心を失う原因となった腐敗した匂いを放ちました。

その結果、少年たちは、古田のように仕事から帰る途中の別の19歳の女性を誘拐してレイプしました。

古田順子の死

1989年1月4日、前夜に他の誰かと麻雀をした後、宮野は体に軽い液体を注ぎ、火をつけることで古田への怒りを取り除くことにしました。

古田は火を消そうとしたが、次第に無反応になった。彼らは彼女を殴り続け、ろうそくを灯し、彼女の顔に熱いワックスを滴下し、まぶたに2つの短いろうそくを置き、彼女に自分の尿を飲ませました。蹴られた後、転倒して倒れ、発作を起こしました。

彼女は大量の出血をしており、感染した火傷から膿が出ており、4人の少年は手をビニール袋で覆っていました。彼らは彼女を殴り続け、鉄のエクササイズボールを彼女の胃に数回投げました。攻撃は2時間続いたでしょう。古田はやがて怪我を負って亡くなりました。

殺人の罪で罰せられることを恐れて、彼女の死後24時間も経たないうちに、グループは古田順子の体を毛布で包み、スーツケースに入れました。それから彼らは彼女の体を210リットルのドラムに投げ込み、それを湿ったコンクリートで満たした。

宮野裕史は、トンボの最後のエピソードのテープを古田淳久の体の隣に置いて、彼女が彼を悩ませるために戻ってくるのを恐れていると言った。

-古田順子–史上最悪の死について

拷問–歴史上最悪の死

古田淳子の事件は、以下の理由で史上最悪の死と見なされています。

レイプ –純子は44日間で500回以上レイプされました。これらのレイプの多くはギャングレイプであり、4人の少年の友人が彼女に参加して屈辱を与えるように招待されました。ある時点で、100人以上の異なる男性がレイプに関与しました。

彼女の投獄のほとんどの間、彼女は裸で、捕虜の前で自慰行為を強いられました。何人かの少年が彼女に排尿し、彼女は自分の尿を飲むことを余儀なくされました。

膣を切る –鉄の棒、はさみ、針、糸、電球、花火、タバコ、ライターなどの異物が彼女の膣と肛門に強制的に挿入され、重度の火傷や怪我を引き起こしました。さらに、彼女は縫い針で彼女の胸を強制的に突き刺し、彼女の乳首の1つを引きちぎりました。

叩く –彼女は定期的に殴打され、時には人間のサンドバッグのように縛られました。少年たちは棒や竹の棒で彼女を罰することで彼らを不快にさせた。

凍った –死ぬことを懇願した後、彼女は一晩ロックされ(冬だったことを思い出してください)、後で冷蔵庫にロックされました。

やけど –これが彼の死の最終的な原因であると考えられています。彼女は前述のライターと花火でひどく火傷しました。彼女が警察に電話をかけようとしたとき、彼女は軽い液体に酔いしれ、彼女の体は発火した。彼女はどういうわけか生き残ったが、刑務所での彼女の40日目に別の遺体によって殺された。

少年たちは、膀胱の制御が失われ、性器が損傷したことを部分的に非難したため、ダンベルと鉄製のジムボールを胃に投げたとされています。

このテーマに関するポルトガル語のビデオもあります。

宮野裕史–悪魔

犯罪のリーダーである宮野裕史は、万引きや学校の財産への被害など、小学校以来の問題行動の歴史を持っていた。

1986年4月、東京の私立学校に入学し、中退した。その後、彼は時間とともに増加する様々な犯罪を犯し続けました。

淳子が殺害される直前、彼はガールフレンドと一緒に暮らしていた。 渡辺靖と結婚するつもりだったが、タイル職人の給料に不満を持っていた宮野は、ヤクザや性犯罪に巻き込まれ、関係を終わらせた。

宮野裕史は、純子と同じ学校でいじめっ子になり、ヤクザでのパフォーマンスを披露するのが好きで、いくつかの犯罪を犯し、数人の女の子をレイプしました。

学校で、彼はクラス全体の前で彼の進歩を拒否した犠牲者の古田順子に恋をしたので、この恐ろしい犯罪の動機を引き起こしました。

宮野裕史は、1989年1月4日に古田順子を殺害した4人の少年の1人でした。事件当時、彼らは湊の家の2階をたまり場として使用しており、以前は強盗、強姦などの犯罪活動に参加していました。とレイプ。

犯罪の2週間後、皮肉なことに、ヒロシは別の女の子のレイプで小倉淳に逮捕されたとき、古田淳子の死について無意識のうちに警察に身を寄せることになりました。ヒロシは警察がジュンコの事件を捜査していることに気づき、小倉が彼を引き渡したと思った。そのような思い込みにより、彼は純子の遺体の位置を明らかにした。

ヒロシはわずか20年の刑を宣告され、他のトップ犯罪者はそれぞれ5年から10年しか刑を宣告されませんでした。それらのほとんどは、レイプや詐欺を含むさまざまな犯罪のために後で再逮捕されました。

犯罪者は終身刑または終身刑を受けませんでした 死刑 年齢が原因で、非常に恐ろしい人への罰がないため、事件はさらに影響力があります。

主な囚人、ヒロシは 少年刑務所 川越から千葉刑務所に移送される前の期間。元生囚の金原隆一(2009)は、ヒロシを次のように説明している。

宮野裕史は2009年に刑務所から釈放された後、名前を変えた。彼はキックボクシングジムに通い、後輩をバーベキューやキャバレーに連れて行くことがよくありました。

彼はヤクザに関わり続け、BMWや高級時計に乗り続けました。さまざまな詐欺犯罪に巻き込まれ、最終的に2013年に再び逮捕されましたが、すぐに釈放されました。

彼の性格は依然として残酷であり、セックスについて公然と話し、そこで彼は女性をロープに結びつけるのが好きだと言った。今日の彼の所在は不明です。

古田淳子事件の犯罪者

  • 宮野裕史[宮野裕史](横山裕史に改称)。
  • 小倉城[小倉譲](名前を上作城に変更)。
  • 湊伸治[湊伸治]
  • 渡辺靖[渡邊恭史]
  • 中村哲夫[中村哲夫]
  • 井原浩一[伊原孝]

宮野裕史は少年更生センターで懲役20年、湊真司は5年から9年、小倉淳は8年の刑を言い渡された。ヤクザは当時関わっていたと考えられています。

この事件の影響は非常に大きかったため、特に成人として裁判にかけられた少年に関して、日本の刑事制度の変更が要求されました。

-古田順子–史上最悪の死について

古田淳子事件のメディア

古田順子の拷問と殺人は国際的な怒りを引き起こし、彼女の事件は、鎌田洋二が描いたいくつかの映画と漫画に影響を与えました。最も有名な映画は、1995年に公開された女子高生コンクリート詰め作作作曲です。この映画は、松村克弥が監督し、北川悠人が主演しています。

2004年に独立して制作されたもう1つの日本映画、コンクリートも、古田淳子の殺害に至るまでの出来事に基づいています。少なくとも3冊の本は、事件に触発された日本の作家によって書かれました。一部の人にとっては、古田順子の拷問と殺人の背後にある物語は、増強、発明、または修正されています。犯罪が起こったという事実は変わりません!

この記事を共有する: