高山まつりを発見

[ADS]広告

高山の小さな町は、東京の北西と京都の北東の山中にあります。高山は歴史地区で有名で、春(三野まつり、4月14〜15日)と秋(八畑まつり、10月9〜10日)に年2回開催される高山まつりです。

高山のまつりは、16世紀に始まり、全国から(そして外国人も)訪れる人々を魅了する、日本で最も美しい3つの祭りの1つと見なされています。

このため、この都市のホテルの提供は非常に限られており、フェスティバルの2日間はすべて満席であるため、旅行者は事前にホテルを予約する必要があります。市内に滞在できない人のためのオプションは、隣接する古川と下呂温泉です。

また、以下を読むことをお勧めします。

日本で最も有名な祭りの1つである高山祭。

高山まつりへの行き方は?

東京からそこへの直通列車はありません。旅行者はまず名古屋に行き、次に新幹線で高山に行く必要があります。所要時間は合計で4〜5時間です。

京都から高山行きの急行列車もあり、所要時間も4〜5時間です(停車して長時間かかる電車に乗らないように注意してください)。

覚えておくべきもう一つの重要なポイント:天気!高山は山岳地帯にあるため、海抜は他の都市よりもはるかに寒く、2006年4月にはまだ雪が残っており、気温は5度の範囲でした。

市内で手袋や帽子を購入することをお勧めします。そうしないと、特に夜、フェスティバルの初日にフロートパレードが行われるときに寒さで死んでしまう可能性があります。

日本で最も有名な祭りの1つである高山祭。

高山まつりアトラクション

祭りのアトラクションは、日本の文化遺産である山車(やたい)で、最近は街の通りに飾られています(雨天の場合は、街のあちこちの「ガレージ」に飾られています。

通りの車は本当に素晴らしいです:すべて木または金属で彫刻され、漆塗りされ、細部に塗装され、金メッキの装飾が施されています。それらは真に移動可能な宝物であり、それぞれが100年前のものであり、この職人の街の誇りです。

春祭りの山車は秋の山車とは異なり、春に12台、秋に11台あります(ウェブサイトや旅行ガイドによる)。一日の終わりの午後6時30分に夜の行列が始まり、山車が灯籠に照らされて街の通りを運ばれ、子供たちが車の上から手を振っています。

車の中には独自の音楽を持っているものもあれば、大人と子供がフルートを演奏したものもあります(車の上または前後に乗って)。夜のパレードは、雨が降っていない場合、祭りの初日の夜にのみ行われます。

日本で最も有名な祭りの1つである高山祭。

2日目は、夜のパレードを除いてスケジュールは同じです。日中は車が路上で露出し、2つの異なる時間(午前と午後)に人形劇があり、日中の行列(初日、祭壇は寺院から別の場所に運ばれ、2日目に彼は寺院に戻り、祝祭を終了します。

祭りの日以外に高山を訪れると、年間25両のうち4両を展示する特別ホール「やたい会館」で山車が見られます(車はいつも同じとは限らず、年によって変わることもあります)。

日本で最も有名な祭りの1つである高山祭。

この記事を共有する: