鎌倉時代– 鎌倉庄国

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

鎌倉時代や鎌倉庄国をご存知ですか?この記事では、その期間が日本で何であったか、それを作成した人、それがどのくらい続いたか、その時代に起こった紛争などについて話します。

日本語ではこの期間は 鎌倉幕府 [鎌倉幕府]、1185年に始まりましたが、1192年に正式に認められました。

Período kamakura – xogunato kamakura

鎌倉時代は?

鎌倉時代は日本初の封建政権であり、武士の出現と封建制の確立で有名でした。

発表

鎌倉時代は1185年に始まり、日本の行政本部が日本の東海岸の村である鎌倉に移転したことからその名が付けられました。

この時期は、源頼朝が天皇から将軍に指名されたときに始まりました。最初の将軍は鎌倉幕府として知られるようになりました。

将軍は現在、州の管理者と保護者のために独自のバサルを選択する力を持っています。将軍は武士の行動規則に基づく政府の一形態でした。

発表

それは武士道が形成され始めた時であり、それは武士の倫理規定でした。サムライはこの政権の守護者となり、市民、軍事、保護機能を行使しました。

Período kamakura – xogunato kamakura

北条藩の領域

源氏とその息子たちの死後、源氏は将軍の称号の相続人を失いました。将軍は遺伝的に受け継がれました。そこで、源氏の未亡人である北条政子は、子供を養子にし、将軍の称号を与えることにしました。したがって、北条氏は数十年の間権力を維持した。

1232年、北条靖木は51条の最初の侍法を宣言した。この法律は御成敗式として知られるようになり、日本で最初の封建法の規範となりました。

発表

この間、日本は経済と人口の増加、そして新しい農業技術の出現により、一定の繁栄を経験しました。

仏教もかなりの復活と人気を持っています。現在、日本の主な仏教学校は、鎌倉時代に出現した学校の子孫です。

Período kamakura – xogunato kamakura

モンゴルとの戦い

鎌倉時代は、氏族間や他の人々とのいくつかの戦争や紛争が特徴的な時代でした。当時の最も興味深い紛争の1つは、日本人とモンゴル人の間でした。

発表

1274年、モンゴルの王であり、世界で最も偉大な征服者であり軍事戦略家の1人の孫であるクビライ館は、日本は金やその他の鉱物が豊富な国であると信じていたため、日本も征服することで領土を拡大することを決定しました。そこでクブライは博多湾に4万人の軍隊を派遣した。

侍は自分たちの領土を守るために勇敢に戦いましたが、モンゴルの数的優位性は非常に大きかったです。それで侍は戦いに負けましたね?あんまり。

モンゴル人がボートで休んでいる夜、強力なハリケーンが数隻のボートを沈め、軍隊を撤退させました。その後、侍はモンゴル人を永久に追放する機会を得ました。

しかし、モンゴルは日本征服をあきらめず、1281年にクブライ館王は別の軍隊を派遣しました。今回は14万人以上の兵士が、他の軍隊が博多の海岸に上陸したのと同じ場所に上陸しました。

再び奇跡的に台風が九州の海岸を襲い、モンゴルの船が再び後退することを余儀なくされたとき、2ヶ月間、武士は彼らの土地を守ろうとしました。

その後、日本は台風のおかげで彼らよりはるかに優れた敵を2度克服しました。 神風、それは神の風を意味します、なぜなら日本人は彼らが神によって保護されていると信じるようになったからです。モンゴルに対するこれらの勝利は、日本人の強いナショナリズムの出現に貢献しました。

これらの印象的な勝利にもかかわらず、日本の将軍は国防費が高すぎたため、戦士に十分な報酬を与えることができず、武士は鎌倉将軍への信頼を失いました。

Período kamakura – xogunato kamakura

関ヶ原の戦い

鎌倉時代のもう一つの重要な戦いは、関ヶ原の戦い、つまり「王国師団」であり、それが広く知られるようになりました。この紛争は、徳川レヤスが1600年に将軍になる道を開いた。

発表

この戦いは、将軍前田利家の死後、徳川に対する陰謀から始まりました。

この陰謀の主な作者はミツナリであり、彼はいくつかの同盟国と共に徳川との戦争を宣言した。ミツナリは徳川軍と比べて領土の数値的優位性が大きかったが、それでも徳川の印象的な軍事戦略のおかげで、1600年に関ヶ原で戦った戦いに勝つことができた。

徳川はその後、なんとか反乱を制圧し、その時代の最後の少年として昇進した。日本の文化の多くは約2世紀半続いたこの時代と関係があるので、徳川書金の時代は今日私たちが知っているように日本の形成にとって非常に重要でした。

鎌倉時代の皇帝と将軍

鎌倉時代に君臨した皇帝のリストは次のとおりです。

番号。治世天皇漢字での名前
83位1198〜1210土見門 土御門天皇 
84位1210から1221純徳 順徳天皇 
85位1221中京 仲恭天皇 
86位1221から1232後堀河天皇 後堀河天皇 
87位1232〜1242四条 四条天皇 
88位1242から1246後嵯峨 後嵯峨天皇 
89位1246〜1260後深草天皇 後深草天皇 
90日1260〜1274亀山 亀山天皇 
91日1274〜1287後宇多天皇 後宇多天皇 
92位1287〜1298伏見 伏見天皇 
93位1298〜1301後伏見 後伏見天皇 
94位1301から1308後二条天皇 後二条天皇 
95位1308〜1318花園 花園天皇 
96位1318年から1336年後醍醐 後醍醐天皇 

以下は、鎌倉時代に君臨した将軍のリストです。

発表
Nキノコ治世
1頼朝の源氏(1147–1199)1192〜1199
2源頼家(1182–1204)1202〜1203
3源実朝(1192–1219)1203から1219
4藤原頼経(1218–1256)1226から1244
5藤原頼嗣(1239–1256)1244〜1252
6宗尊親王(1242–1274)1252から1266
7惟康親王(1264–1326)1266〜1289
8久明親王(1276–1328)1289から1308
9守邦親王(1301–1333)1308〜1333