日本社会で謝罪する習慣

[ADS]広告

- 日本社会、罪悪感は要因に根ざした感情です 歴史的 e 文化的、そのため、すべての社会的関係は、他人を怒らせ、ひいては非難を逃れることを絶対に避けようとする曖昧な言葉遣いによって「入浴」されることになります。そこから言い訳が生まれます。

この意味で、謝罪の過剰は、日本人が罪の問題に対処したり、対処しようとしたりするのが困難であることに加えて、 過度の礼儀正しさ、これは、お祝い、感謝祭、儀式の熟考でさえ、状況の感情的な焦点となるべき状況で見ることができます。

だから私たちはよく次のような言葉を目にします sumimasen さまざまな翻訳をカバーする単語であるため、さまざまな用途と意味を持ち、感謝または許可の要求になります。

ここをクリックして、日本語で謝罪する23の方法を教える記事を読んでください!

なぜ日本人は雨を50語持っているのですか?

この記事では、日本人が日常生活で謝罪の表現を使うことに情熱を注ぐようになった理由を理解します。また、日本人の罪悪感の起源についても説明します。

侍:罪悪感の起源

武士道-武士道-武士道

見られることが胸だけ Samurais 彼らは、封建領主の前での名誉、従順、尊敬の道徳的価値観に導かれて、領土のための戦いで絶えず戦った日本人でした。名誉、尊敬、ヒエラルキー、規律、忠誠心に導かれた勇気ある人物。彼らのコミットメントを不名誉にすることによって、彼らは 切腹(またはハラキリ)。自分の腹を切り落とし、その結果、自殺は、一部の武士が実践された不名誉を補うことができると信じた唯一の方法でした。

この慣習は、第二次世界大戦中に自殺機のパイロットが真珠湾を標的にしたとき、武士と封建時代の終わりでさえ、より長く続きました。これらは、今度は「神風」(直訳では神の風)として知られるようになりました。武士道や「武士道」の価値観は古くから現代日本の日常生活に存在しているため、日本人が罪悪感や不名誉に対処することは今日でも困難です。 。

このように、罪悪感の起源は封建時代に根ざした習慣にあると信じることができます。

アニメとマンガの謝罪

今際の国のアリス-今際の国のアリス

アニメやマンガでは、キャラクターが「ごめんなさい」、「ごめんね」、「すみません」、さらには「すまん」と言うのを聞くのが非常に一般的です。これらはアニメで最も一般的な言葉である可能性が高く、「ありがとう」や「ドゥモ」などの感謝の言葉も常に対話に挿入されています。

ポップカルチャーはしばしば現実を反映しています。謝罪の特定のケースでは、アニメは実際の社会的関係で実際に起こっていることに非常に忠実であると言っても過言ではありません。助けを求めたり、情報を求めたり、感謝したり、相手の個人的なスペースに侵入したり、場所に入ったり、単に迷惑と見なされないように求めたりするとき、私たちは常に sumimasen.

言い訳が頻繁に使われるもう一つの状況は、日本人がまだしていないことについて許しを求めたり、他の人が何らかの理由で(必ずしも確信が持てずに)嫌いになるかもしれないと思った場合です。

謝罪するには言葉が多すぎます

謝罪-日本人と謝罪の習慣

日本語は同義語がたくさんある言語です。 「言い訳」の意味を持つ言葉はたくさんありますが、使用の文脈やコミュニケーションの方法にいくつかの違いがあります。

以下に、謝罪を示すいくつかの用語のリストを示します。

  • Sumimasen
  • ごめんなさい
  • すみませんね
  • すみませんでした
  • Sumanai
  • スーマン
  • ゴメンね
  • Gomen
  • スマヘン
  • モシワケありません
  • モシワケゴザイマセン
  • もしわけないです
  • モシワケナイ

そしてそこに?あなたはその記事が好きでしたか?だから、コメントして共有してください!

この記事を共有する: