日本語をユニークにする事実

発表

日本は世界で唯一母国語が日本語であるにもかかわらず、日本語は世界で最も人気のある国の1つです。 (nihongo-日本語)。日本語のどのような要素がそれをとても人気があり、ユニークにしているのですか?

この記事では、日本語に関連するいくつかの要因と好奇心を見て、この言語がどれほど異なっていて、面白く、ユニークであるかを示します。学習を容易または困難にする可能性のある事実。

インターネットでは、約10%が日本語を話します。日本語は1500年以上にわたって進化してきました。日本人は毎秒7.84音節以上を話しますが、英語自体は6.19を話します。

日本語をユニークにする事実

発表

ユニークな日本語で会話をする事実

日本人は会話が行われる感情的な方法にもっと関心があります。会話中の文法規則はそれほど重要ではないため、パーティクルや特定の単語を会話から除外できますが、テキストでは絶対に必要です。

日本人が単語や助詞を飲み込むと同時に、それらには3つの言語形式があり、1つは非公式、1つは正式、もう1つは敬語(超正式で敬意)です。彼らは対立を避けるために否定的な言葉や侮辱を避けます。

日本人は集団的な性格を持っており、個人よりもグループを大切にしています。これにより、個人主義的な考えが得られるため、人称代名詞を使用することはめったにありません。また、親密な関係にない人の名を使用することも避けます。

日本語をユニークにする事実

日本人はまた、標識や非言語的な言語を使うのが好きです。沈黙が答えの唯一の兆候である場合があります。日本人にとって、話しすぎると混沌とします。

発表

日本語には性別はありませんが、女性と男性では表現やコミュニケーションの仕方が異なります。地域の方言があるように、男性と女性の間には異なる方言があります。

日本語をユニークにする事実

日本語では、アイデアを表現してまとめる表意文字を使用することがよくあります。たとえば、文字は手で書かれているため、文字という単語は手と紙の組み合わせです。もう1つの例は、好き/愛情の表意文字です。これは、女性と子供の表意文字の組み合わせであり、子供への愛を表しています。

日本語をユニークにする事実

日本語はポリグロットのお気に入りのオプションの1つです。日本語を勉強すると、英語、ポルトガル語、中国語、および日本語を豊かにするのに役立つ他のいくつかの言語の単語を自動的に学習することになります。

日本人は、アイデアや音を表す中国起源のイデオグラムを使用することに加えて、ヒラガナとカタカナと呼ばれる独自のライティングシステムを持っています。

その他の興味深い好奇心: 

発表
  • 日本語には複数形も性別もありません。
  • 発音にアクセントやバリエーションはありませんが、イントネーションはいくつかの単語で重要です。
  • 日本語の記事はありません。
  • 日本語はいっぱいです 同音異義語 音節が少ないため。
  • 動詞は通常、文の終わりに配置されます。言語はSOVシステム(主語、目的語、動詞)を使用します。
  • 日本語は漢字を使用していますが、言語は中国語とはまったく異なります。
  • この言語は3つの書き込みシステムを使用しています。 ひらがな、カタカナと漢字。

あなたはその記事が好きでしたか?日本語についてもう一つ興味深い事実を知っていますか?コメントや共有を残してください!