中国人と日本人の違いは何ですか?

日本語と中国語の違いは何ですか?これらの言語のどれが簡単ですか?この記事では、これら2つの言語について少し説明し、大きな違いがあることを示します。

日本語は音節で、106音節のみで構成されており、ポルトガル語で簡単に発音できます。中国語は音色言語です。つまり、音色が異なれば単語の意味が変わる可能性があり、各音節には4つの音色があり、何千もの音節があります。

日本人は 音節アルファベット 106の音節を形成する46の文字と イデオグラムも使用する。中国語はイデオグラムのみで構成されています。中国語と日本語のテキストには大きな違いがあります。以下を参照してください。

  • Chinês:不知香积寺数里入✓峰(Bùzhīxiāngjīsìshùlǐrùyúnfēng)
  • Japonês: それは私の最後の「愛してる」Sore wa watashi no saigo no aishiteru)
Anúncio

どの言語がより難しいですか?

中国語は世界で最も広く話されている言語ですが、日本語よりもはるかに難しい言語です。中国語は音色言語であり、発音や理解が非常に難しく、イデオグラムしかありません。しかし、日本人のように、中国語は単純な文法を持っており、本当に学びたい人は誰でもそれを行うことができます。

ポルトガル語ですでに知っていて発音している106音節しかないので、日本語は簡単です。日本語は英語よりもはるかに話しやすいです。日本語には読み書きがしやすいアルファベットもあり、ほぼすべての言語を読むために2000のイデオグラムを学ぶだけで済みます。日本人の大きな難しさは、同じ発音の単語がいくつかあることです。

以下のビデオは、中国人と日本人のすべての詳細と違いを示しています。

Anúncio

 

フランゴまたはフランゴ?

人々が作る恐ろしい混乱は、日本人に「パステル・デ・フランゴ」と言うことです。なぜなら、日本語には「L」や「L」のある音節がないからです。一方、中国人は「R」の発音が苦手で「L」と言ってしまうので、「リー」という名前の中国人がたくさんいます。

これのもう一つの証拠は、デスノートのようなアニメでは、文字「L」が「エル」と発音され、文字ライトが「ライト」と発音され、日本人が「L」を話さないことを非常に明確にしていることです。

Anúncio

下のビデオは、パステル・デ・フランゴを話す人々を明らかにし、日本人はフランゴのパステルを話します。