角島と日本で最も美しい橋

角島は山口県の南日本にある美しい島です。角島という名前は文字通り意味します ホーン島、この地域で繁殖している牛と島が持っている2つの角の形のために。島には小さな群れが生い茂る美しい丘があります。

島には、パラディシアの風景、公園、漁村、ビーチ、キャンプ、そして美しい灯台がたくさんあります。しかし、注目を集めているもう1つの点は、島へのアクセスを提供する美しい橋です。角島のビーチの透き通った海は、島の美しさに魅了される何千人もの観光客、サーファー、ダイバーを魅了しています。

角島と日本で最も美しい橋

大橋-角島大橋

到達するには、約4km²の小さな島と約1,000人の住民が、日本で最も美しい橋を通過する必要があります。橋は大橋と呼ばれ、約1780メートルで、北北市と角島を接続します。橋は150億円を費やして2000年に開通した。

大橋は日本で最も長い橋の1つで、コバルトブルーの海に架かる橋で、鳩島と呼ばれる小さな島の周りを緩やかに弧を描いています。いくつかのテレビコマーシャルやその他の作品が制作されている、壮大な景色を望む橋。

Retina pixta 16795116 s

角島の名所

角島灯台 -この美しい島のもう一つの大きな魅力は、1876年3月1日に建てられた灯台です。これは、日本の灯台の父である英国のリチャードヘンリーバートンによって作られた最後の灯台です。灯台は石でできており、高さは43メートルです。灯台の隣には日本の灯台の歴史をすべて学ぶことができる博物館があります。

Farol

灯台の隣には、島の海岸につながる大きなフラワーガーデンのある美しい公園があります。島にはまた、いくつかのエキゾチックな植物や花、明るく美しい田園地帯、そして座って夕日を眺める岩があります。

車の横にある漁村を訪れたり、自転車を借りて島を散歩したりできます。最後に、島の美しさを少し紹介するビデオを残します。

この記事を共有する: