百園ショップ– 日本の有名な100円店

店舗 100円百園ショップ [100円 ショップ] ブラジルの古い1.99店と非常によく似た典型的な日本の店です。 これらでは、約1ドルに相当する100円の価格ですべてを購入します。

これらの店では、多種多様な製品を見つけることができます。家庭用品、文房具、洋服、電化製品から食用製品まで。通常、店頭で提供されるものはすべて100円です。

ただし、小さいものは2倍または3倍で100円で販売されます。100円以上で販売しているお店もありますが、よく知られています。しかし、一般的にこれらのアイテムはもっと 高いのはまだ安い 他の店と比較して。

日本の100円店

店舗も呼び出すことができます Hyakkin [百均]は、その製品の大部分が加工食品、化粧品のアクセサリー、食器、台所用品、日用品、文房具などです。

小さな飲み物やお菓子などの低価格商品は、100円で数個販売されています。この店は、人々が衝動的に購入できるように精巧に設計されています。その製品の多くは中国または他の国で作られています。

街の小さな隅にあるシンプルなデパートから、モールにある多階建ての店までさまざまです。特定の基準を採用しているチェーン店もあります。主なものの4つは、ダイソー、Can-Do、セリア、ワットです。

4人の巨人のうち、 5500以上 サイズとオプションが異なる、日本で利用可能な店舗。2012年度だけでも5500億円以上の店舗を取り扱っております。

100円の店では、文房具、道具、衣類、タオル、家庭用品、台所用品、園芸用品、おもちゃ、レジャーなどを見つけることができます。あなたの家やアパートを改装するための何千ものオプションがあります!

100円ショップ-日本の巨大で経済的な店

最高の100円ショップは何ですか?

A Daiso [ダイソー] は日本最大の100円ストアチェーンです。国内に2900店舗以上、海外に1,400店舗を展開しています。多種多様な商品を一か所でお探しなら、ダイソーが最適です。多くの人が、人間の生存に必要なすべてのものがこの一連の店にあるとさえ言っています。

他のストアフランチャイズは できる ( キャンドゥ) 日本には930以上の店舗があり、ナビゲートしやすく、顧客や観光客の生活を楽にすることでよく知られています。ブランド商品を保管する "の!出演者 " 高く評価され、賞賛されています。もう一つの関連する要素は、エレガントな雰囲気と毎週展示される多種多様な新しいアイテムです。

最後に引用するのは、 100円ショップになります (セリア)このチェーン店は100円店の中でも高い評価を得ています。その形成、組織化、そして美しい製品に多くの理由があります。そのコンセプトは、より洗練された要求の厳しい味を目指したさまざまな製品を提供することです。

Le Plus、Natural Kitchen、Lawson、Meetsなど、他にも100円の店舗やチェーン店があります。100円の店のほかに、300円などの固定価格で販売しているバラエティ店もあります。  3coinsやAsokoなどのストアを引用できます。

100円ショップ-日本の巨大で経済的な店

日本のいたるところに100円の店があり、nbsp;そこには無限の種類のアイテム、装身具、さらには食べ物さえあります。

歴史-百園店はどのようにして生まれたのですか?

「均一な価格で製品を販売する」というアイデアは、 日本の1722年から1723年までの江戸時代。何年にもわたって、いくつかの食料品店や他の製品のような Bunmise, Hachibunya, Shibunya e 倉物まつや (現在の松屋)が登場しました。

100円前の明治時代には、高島屋が「10銭店」を全国に展開していました。このお店は、アメリカの「10セント店」から着想を得たものと思われます。 10 sen それは円の分数バージョン、つまり10セントでした。

何年にもわたって、いくつかの店が現れ、その価値は20センと50センに増加しました。当時、 10セン 今日は180円相当でした。このテーマについて詳しく理解するには、 円の歴史.

1952年の戦後、高島屋や丸高などの店舗がリニューアルオープンしましたが、時が経つにつれ名前が変わり、固定価格のフォーマットはなくなりました。100円の固定値が設定されたのは1960年頃。

当時、100円での購入は毎週行われる特別なイベントに限られていました。これらのイベントは、スーパーマーケットや他の店舗と同じくらい成功しました。現在でも100円店自体に10%減税の特別な日があります。

1985年3月、ライフ株式会社の創業者である松林晃が愛知県春日井市に最初の100円の固定店をオープンしました。その後、1991年にダイソーサンギョ(「ダイソー」)の創業者である矢野博丈が最初の常設店をオープンしました。

バブル後、景気後退とデフレにより、店舗数は急増しました。2000年代には、食料品を中心とした100円のコンビニが登場しました。それらの中で私たちは持っていました くきゅうプラス と「SHOP99“.

100円ショップ-日本の巨大で経済的な店

大曽-100円最大の店舗

ダイソーは、日本国内に約3,300店舗、世界26の国と地域に約2,000店舗を展開しています。これは、観光客が簡単に見つけられるため、観光客の間で非常に成功しています。ダイソーでは、あらゆるもの、道具、道具、文房具、食べ物を見つけることができます。

当初、彼はスーパーマーケットの駐車場で移動式の屋外店を経営していました。商品は卸売業者から70円で購入し、100円で販売しました。クライアントからの苦情の後、創設者は焦点を変えました。

その苦情を受けて矢野博武は、98円で購入、100円で販売するなど、品質重視を決意した。大曽はとりわけ品質の名声を獲得し、同社を業界最大の企業にしました。

日本の有名な100円店

その他100円ショップ

他にもいくつかあります hyakuen 以前に見た4人の大きな有名人のうち。ローソンコンビニエンスチェーンでさえ、有名なSHOP99を統合したことに加えて、ローソンストア100を持っています。

am / pmと99ichibaの店舗もあります minipiago。3COINS、CouCou、Illusie300、Lattice、THREEPPYなど300円の店舗があります。千金ワールドという1000円のお店もありました。

4つの大きな店のうち、いくつかの店には、ワットが購入したシルク、ワット、ミートの名前が付いていました。 Le Pruは2007年にCan-doに入社しました。ダイソーはすでに青山、スピード、オレンジと提携しています。私たちが知らない他の合併や店舗があるに違いありません。

地元100円店

100円という名前の小さな地元の店がありますが、日本の特定の地域で見つけることができる地元の地方の店もあります。これらの人気のある地元の店のいくつかを参照してください:

レスポンシブテーブル: 指でテーブルを横に転がします>>
日本語ローマ字
ワールド企画 wārudokikakun
なんじゃ村 nanjamura
100円ショップ ポピア 100enショップポピア 
100店舗 100店舗 
100えんハウス レモン 100円はすレモン 
百円コンビニユーエスマート 百円コンビニユエスマト 
ナチュラルキッチン ナチュラルキチン 
ひゃくえもん 百ともん 
FLET’Sflet’s
得得屋徳徳屋
ダイコクドラッグdaikokudoraggu 
100きんランド100キンランド 
100円ショップ サンボックス100円ショッププさんぼっくす
日本の有名な100円店

100円店で何を買う?

店内には、手作りの高級品、ギフト用のさまざまなパッケージ、家庭用品、菓子菓子など、多種多様なものがあります。日本の全100円店が提供しています 多くの製品 実用的でエレガント。毎日を楽にしたり、スーツケースをいっぱいにするための、家庭用の非常に多くの製品 lembranças.

ケビン:日本にいたとき、100円の店を何軒か訪れましたが、買ったものや目にしたものを思い出すことができます。

  • ヘッドフォン;
  • 電話ケース;
  • お菓子やスナック;
  • Adesivos, carimbos とスタンプ;
  • 靴下、ネクタイ、ベルト;
  • 履物、封筒、容器;
  • 調味料、プレート、バッグ;
  • このリストを作成しようとしたときに私がバグを犯したことさえたくさんあります..;
100円ショップ-日本の巨大で経済的な店

この記事で紹介する店舗は似たような商品を提供していますが、それぞれスタイルが異なるため、日本ツアーに参加する場合は、すべての店舗を訪れる価値があります。 しかしもちろん、これら以外にもたくさんの店があります。これらの店に行ったことはありますか?訪問したいです?コメントであなたの経験を教えてください。

100円のお店に行くと、何を比較すればいいのか迷ってしまいます。あなたは製品を選ぶのに何時間も費やし、すぐにあなたの財布を空にします。信じられないほどの品種であなた自身を失うことになる日本の他の場所を見てください:

この記事を共有する:


コメントする