あまなっと – 豆ナツメ

[ADS]広告

Amanattō [甘納豆]は、 あずき豆 または他の穀物。あまなっとは、豆を砂糖水で煮て、砂糖をまぶして乾かす日本のデザートです。

このレシピは、砂糖が日本全土で広く利用できるようになった直後の1860年頃に開発されました。砂糖の前は、豆は日本のデザートを甘くするために使用されていました。そして今、砂糖と豆の組み合わせはあなたの口をさらに甘くします。

あまなっとは細田靖平が長年にわたって開発してきました Bunkyu (1861-1863)江戸時代に彼は wagashi 子供の頃の名前で呼ばれた東京、エイタロ。このお店は今日働いています。

甘納豆-豆ナツメ

あずきだけでなく、大豆などの豆を使ってアマナットを作ることで、独自の味わいを生み出すことができます。  アマナットは60歳以上の高齢者に最も人気があり、通常は日本の老人ホームでお茶と一緒に出されます。アマナットは他のレシピの作成にも使用されます。 Sekihan.

あまなっとはもともと呼ばれていました amananattō (甘名納糖)略称 amanattō 第二次世界大戦後。発酵大豆皿との名前の類似性 natto それは単なる偶然です。

甘納豆-豆ナツメ

アマナットのレシピ

Ingredientes:

  • すぐに使える豆(できれば小豆)1パケット
  • お茶1杯
  • お茶2杯

やり方:
豆の準備ボックスから水を排出します。予約します。

水と砂糖の混合物を底の重い鍋に入れます。砂糖が完全に溶けるまで沸騰させます。火を止めて、濾した豆を加えます。この浸した豆を密閉ポットのシロップに入れ、冷蔵庫で一晩保存します。

清潔なプラスチックバッグに入れて大きくします。
1 +1/2カップのお茶
シナモンパウダー大さじ1+ 1/2

やり方:
砂糖とシナモンの混合物を振って、2つの成分が混合するようにします。

シロップで眠っている豆を濾し、シロップを捨てます。

砂糖とシナモンの混合物で、プラスチックの袋に豆を配置します。

袋の端をひねって振ると、すべての粒が砂糖に包まれます。

この混合物を厚いふるいに注ぎ、残りの砂糖とシナモンの混合物を残します。

アルミホイルで裏打ちされた天板に砂糖豆を並べ、180℃に予熱したオーブンに約30分入れます。

この間、豆は水を放出し、砂糖はカラメル化して薄いキャラメルを形成します。

この後、スロット付きスプーン(または金属ふるい)で豆を濾し、予約した砂糖とシナモンの混合物に豆を入れて、完全に包み込みます。完全に冷まします。

冷めたら、しっかりと密封された瓶に包みます。

収入源: chocolatria.com

この記事を共有する: