やきいも – 焼き芋

[ADS]広告

焼きいも、またはローストしたサツマイモは、日本人に愛されているスナックです。シンプルな食べ物のように見えますが、この小さなおやつには風味と栄養が詰まっています。おいしくてヘルシーなおやつをお探しなら、焼きいもがぴったり!

サツマイモは、繊維、ビタミン、ミネラルの優れた供給源です。また、低カロリーで低脂肪です。焼きいもはサツマイモの美味しさを存分に味わえる料理です。

また、以下を読むことをお勧めします。

やきいも

焼きいもはどうやって作られるの?

焼きいもは、サツマイモを直火で焼きます。これにより、たまらなくスモーキーな風味が得られます。次にじゃがいもの皮をむき、一口大に切ります。

焼きいもはそのままでも、いろいろなタレにつけてもおいしくいただけます。友人や家族と共有するのに最適です。

やきいもは繊細な甘みがあり、料理によく合います。おいしくてヘルシーなおやつなら焼き芋!がっかりすることはありません。

中国, 食品, グルメ

日本人は焼きいもが大好き

個人的にはサツマイモのフライが好きなのですが、焼きいもは手軽で簡単に作れるのに人気がすごいです。ブラジルでの調理済みトウモロコシの販売に似ています。

日本では2015年に生産された81万トンのさつまいものうち、約6万トンが焼きいもとして消費されました。

甘さを超えて 焼き芋の人気の理由は、価格の安さです。 10ヶ月働けば一生のサツマイモが買える、ということわざもあります。

日本で焼き芋が普及し始めたのは17世紀頃で、琉球、本州の順に、京都近郊でも焼き芋が販売されるようになりました。

残念なことに、この種の食品は、工業化と他のおいしい安価な食品の出現の後、ここ数十年でその人気を失いました.

屋台-日本の屋台の食べ物を知る

焼き芋の種類

炭火で焼く以外にも、焼きいもを調理する方法は他にもあります。以下のいくつかの準備オプションと焼きいもの種類を参照してください。

石焼芋

石焼きいも[石焼き芋]は通常、熱い石の上でローストされ、小さなカートに入っています.

熱した小石にさつまいもを埋め、間接加熱で焼き上げます。石焼きにはいくつかの方法があり、紅あずま、鳴門金時、紅乙女などがあります。

通常、ベンダーは「いしやいもおいも」などのパターンでコールしたり、ポとピヨの音でホイッスルを使用したりします。今日では、お店やコンビニエンス ストアの入り口で簡単に見つけることができます。

読むことをお勧めします: Konbini –日本のコンビニエンスストア

やきいも

壺焼きいも

壺焼きいもは、壺焼きのように深い焼き物に具材を入れて封をし、火にかけた焼き芋です。

これはロシア起源の調理法で、通常は貝類やその他の野菜に使用されます。壷焼き芋だけを扱っているお店は珍しいです。

その他のさつまいも

かまど焼きは、木製のふたが付いた平らで浅い鍋で蒸した日本のサツマイモの一種です。

中国や韓国などのアジアの一部の国では、サツマイモもサイドドラムでレンガの上でローストすることが多く、このタイプの料理はドラムカン焼きと呼ばれます.

自宅で加熱するために冷凍調理されたサツマイモを販売することも一般的です.市場では、電気または従来のオーブンで焼いたイモも見られます。

焼き芋の見つけ方は?

日本のさつまいもは、路上イベントやスーパーなどの決まった場所、路面電車などで販売されています。

通常、焼きいもは歌と売り手が長い口調で「焼きいもおー」と叫びます。それは本当にユニークなものです!

この記事を共有する: