日本と混ざったスパや温泉はまだありますか?

によって書かれた

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

何世紀も前に、アメリカ人は海での混合入浴を受け入れる可能性を研究していました。日本人は長い間一緒に入浴する伝統がありました 温泉と呼ばれる温泉。あらゆる年齢の人々、服を着ていない女性と男性は、関係なくシャワーを浴びました ヌード 混合温泉と呼ばれる物議を醸す場所で。

日本人は、温泉のおいしい水を楽しんでいる間、他人の裸を修復することができませんでした。変態がいたとしても、温泉にいる人が多いため、水に覆われた女性の体を見続けることも、触れることもできませんでした。

混合浴は呼ばれます こにょく黒 (混浴風呂)そしてあなたが思っているよりも組織化されています。現在、 温泉はすでにルールでいっぱいです、混合を想像しますか?今日、混合温泉を訪れる女性は、倒錯した目を避けるために、通常はタオルで身を覆います。

Ainda existem termas ou onsen com banho misto no japão?

混合温泉はどうなりましたか?

特に温泉に人がほとんどいないときは、常に下品な事件が発生しています。次第にルールが破られ、より多くの悪い人々がその場所に頻繁に訪れました。日本人が混浴の作成を禁止したのは西洋の影響でした。

1868年の明治復興後、日本当局は次第に日本に存在する多くの混合温泉に行き着き始めました。これらすべてが、日本を卑猥で不道徳な場所と見なす西洋人の前に良いイメージを提示しました。外国の歴史家からいくつかの批判が出されています。

西洋人の歴史と日本での混合入浴の禁止は長いです。大きな議論は、日本が新しい混合温泉の出現を禁止することで終わりました。既存のものは性別に風呂を分けることになり、伝統を維持したい人は入浴者の行動のために長くは続かなかった。

Ainda existem termas ou onsen com banho misto no japão?

日本にはまだ混浴はありますか?

カップルがプライベート温泉に入ることができる場所はまだあります。両方が水着とセックスすることを可能にする公共の風呂もあります。服を着ずに入浴できる伝統的な混合温泉は、女性にタオルの使用を求め、出席者全員がその場で行動することになります。

日本での混合温泉の存在は複雑です。何かが起こった場合、責任は所有者にあるからです。このような理由から、伝統的な混浴はますます存在しなくなります。

幸いなことに、一部の農村地域や山では、地元の人々がスパで伝統的な混合入浴を楽しむことができます。これらの場所のいくつかは自然であり、法律の問題を回避するために通常はアクセス料金を請求しません。これらの秘密の混合入浴居住者に出席する日本人の多くは高齢者です。

Ainda existem termas ou onsen com banho misto no japão?

日本の混合浴は実際には遠隔地にあります。通常、これらの場所にアクセスする外国人はほとんどいません。男性と女性に加えて、サルと鹿はあなたと一緒に山で入浴することができます。

混合風呂を見つけたい場合は、ウェブサイトにアクセスすることをお勧めします secret-japan.com。ウェブサイトには、混合温泉の名前、場所、詳細が掲載されています。リストには約82の混浴があります。外国人の入国が許可されているのか、服がないのか、詳細を調べてみてください。

ミックスバスが可能な温泉

ウェブサイトまたは他の検索エンジンにリストされている場所を参照することをお勧めします。いくつかの制限があるか、プライベートであるか、服と混ざっている可能性があります。また、お勧めします 日本で知っておくべき7つの温泉.

  • 大滝(静岡);
  • 泡の湯(長野);
  • 藤吉(静岡);
  • 黒金温泉(山梨);
  • 矢戸のランプ(石川);
  • おやににのゆう(石川);
  • 燕温泉(新潟);
  • やりみかん(岐阜);
  • 相泊温泉(北海道);
  • 温泉ロッジ第一(北海道);
  • 吹上露天のレクリエーション施設白金(北海道);
  • コタン温泉(北海道);
  • 水無海浜温泉(北海道);
  • 然別湖鹿の湯(北海道);
  • 岩部津温泉(北海道);
  • 平内海中温泉(鹿児島);
  • 妙見石原荘(鹿児島);
  • 源流の宿(熊本);
  • 奥の湯(熊本);
  • はげのゆう(熊本);
  • 福本屋壁湯(大分);
  • 保養ランド(大分);
  • 別府海浜砂湯(大分);
  • 青荷温泉(青森);
  • 沼地温泉(福島);
  • 酸ヶ湯(青森);
  • たえのゆう(秋田);
  • 轟旅館(宮城);
  • 彩雲荘(岩手);
  • 乳頭温泉(秋田);
  • うばゆ温泉(山形);
  • 有馬グランドホテル(神戸);
  • 北野家ホテル(京都);
  • Kaisyu(和歌山);
  • 川湯温泉(和歌山);
  • 新祖谷温泉ホテル(徳島);
  • 和の宿ホテル(徳島);
  • 上徳温泉(愛媛);
  • 温泉ゆらら(愛媛);
  • シーパMAKOTO(愛媛);
  • 菊乃家(滋賀);
  • るり渓温泉(京都);
  • 龍神温泉(和歌山);
  • スパワールド(大阪);
  • 湯の峰温泉(和歌山);
  • あすかのゆう(愛媛);
  • 星の岡温泉(愛媛);
  • 湯本八尾(香川);
  • セミ温泉(岩手);
  • 明石屋(鳥取);
  • 湯之助(島根);
  • 女鹿平温泉(広島);
  • 三朝温泉旅館(鳥取);
  • ゆアシス東郷(鳥取);
  • 湯原温泉砂湯(岡山);
  • 湯のごうびしょんかく温泉(岡山);

日本に住んでいるあなたは、混浴に行ってみましたか?あなたの経験は何でしたか?コメントと共有に感謝します。また、以下を読むことをお勧めします。