江島大橋は本当に傾いているのですか?

アニメで日本語を学びましょう。クリックして詳細をご覧ください。

発表

江島大橋は、インターネット上で画像や動画が流通していることで有名になった橋です。この橋は、島根県の松江市と境港市を結ぶ中海湖を渡っています。 鳥取。道路の全長は1.7km、湖上は約1.44 km、幅は11.3 mで、日本最大の強化コンクリート橋であり、世界で3番目に大きい橋です。

実は、この橋は6%以上傾いておらず、インターネットで見つけた写真や動画はすべて、自動車メーカーの大初自動車が使用しているテレビコマーシャルのものです。コマーシャルで使用されている光学的錯覚は、視聴者に橋は非常に急で危険でした。同社は、新車の強さを示すために、橋が恐ろしく急勾配であると人々に信じてもらいたいと考えていました。

Eshima ohashi

発表

本物の江島大橋はいかがですか?

上の画像は、江島大橋が実際にどのように見えるかを示しています。大したことではないように見えますが、登ろうとしているときにジェットコースターの景色を眺めることができます。これは、傾斜があると光学効果が発生し、実際よりも高く見える可能性があるためです。あなたが平らなストレッチから出て、前方にあなたが高いストレッチから来るとき、あなたは道路でこれを見ることができます。橋は印象的ですが、印象的なのはアスファルトと道路の清潔さです。

江島大橋は1997年から2004年にかけて建設されました。高さ44メートルという印象的な橋です。島根側の傾きは6.1%、鳥取側の傾きは5.1%です。日本語でのあなたの名前は 大橋江島 (江島大橋)これは文字通り大江島大橋と訳されます。

下の動画は、まだ険しい江島大橋がどのように見えるかを示しています。

発表