桃太郎– ピーチボーイの伝説

によって書かれた

桃太郎 [桃太郎]は、巨大な桃から生まれ、夫婦に採用された少年の物語である、日本の民間伝承のキャラクターで人気のある物語です。桃太郎が犬、猿、キジを連れて鬼の島を旅する物語は続く。

履歴は、参照したソースによって異なる場合があります。基本的にそれは 幼稚な話 悪魔との象徴的な戦いで悪に対する善の罰を奨励するために主に子供向けの本を目指して語った。

一部のバージョンでは 桃太郎 桃を食べて若返った老夫婦は、子供の頃に過ごしました。どちらの話でも、彼は村人を保護するのに苦労しています ひどい鬼 千の力を与えることができるキビダンゴと呼ばれるモチクッキーを運ぶ。

桃太郎物語

以前、私は話を少し要約しようとしましたが、すぐ下にそれを伝えましょう:

昔々、いつものように川で洋服を洗っていた岡山の老村人が、巨大な桃を見つけ、夫と一緒に食べるつもりで家に持ち帰りました。驚いたことに、彼らは彼の中に赤ちゃんを見つけて彼に電話しました 桃太郎.

子供がいない夫婦は、子供が言うのを聞いた。「恐れるな。私は悪魔でも妖精でもありません。天国は彼らの要求を聞いて、私を彼らの息子に送り、老後の世話をしました。

桃太郎-桃太郎の伝説

老夫婦は桃太郎を大きくて強いものにした。ある日、鬼ヶ島に住む鬼を倒すために家を出ることにした。鬼は村に恐怖を引き起こし、村人を殺し略奪していました。

悲しみにもかかわらず、カップルは自信を持っていました 桃太郎 そして彼の出発を支持した。彼の旅行のために彼はいくつかを受け取りました キビダンゴ [黍団子]、もちこ(米粉)を使った餃子の一種。老夫婦が去る前に言った: 「すべての注意とスピードで行きなさい。神々の祝福を受けて、すぐに戻ってきて勝利を収めることを願っています!」.

途中で、猿、犬、キジが彼に加わり、彼を助けることを約束しました。 オニ キビダンゴクッキーと引き換えに。島に着くと、鬼がいた砦の門が施錠されていた。

桃太郎-桃太郎の伝説

キジは強者に飛び込み、鍵を持って門を開けた。中に入ると、彼らはオニスと戦った。キジは目をつつき、犬は足を噛み、猿は悪魔の背中に飛び乗った。最終的には、 デビルズ 彼らは憐れみを叫びました!彼らは命を救うために、桃太郎に盗まれた財宝をすべて渡した。

桃太郎とその仲間たちは村に戻り、大きなパーティーで迎えられ、彼の民から英雄を宣言した。宝物はすべての村人によって共有され、彼らの古い両親は彼の日々の終わりまで快適な生活を送ることができました。

桃太郎の大切さ

多くの日本の物語の中で単純な物語であるにもかかわらず、その目標は明治時代の子供たちのモデルとして役立つことです。物語は、親の勇気、力、そして世話を強調しています。

元のバージョンでは 桃太郎 老夫婦が桃を食べて若返った後の生まれつきの生まれで、見た目はかなり違いますが、子供たちを混乱させないために、巨大な桃のバージョンが採用されました。

桃太郎-桃太郎の伝説

桃太郎の起源は何ですか?

の伝説に基づいた物語の起源についていくつかの理論があります 桃太郎そして、それぞれが物議を醸しています。愛一や香川など他の州でも起こったのではないかとの声もあるが、1960年の昇進により岡山で人気を博した。 戦争後.

歴史としての正確な形成日は不明ですが、原型(文学)の起源は室町時代末期から江戸時代初頭にかけてと言われ、それ以来、以下の出版物を通じて一般化されてきました。赤い本として。

江戸時代の文献では、桃太郎が持ち帰る宝物は、刀、帽子、ハンマー、金、銀、長寿命のハンドバッグです。他の物語では、ゴールドジュエリーとサンゴが追加されています。

桃太郎の伝説は、沖縄の王女の伝説によく似ています。 うりこひめ メロンから生まれた[瓜子姫]。他の人々は、ラーマーヤナのインドの伝説との類似点を発見しました。

日本の伝説はどちらも、物事に登場する人々の似たような伝説から来たという説があります。鬼島の門は風水信仰を指しているとの主張もある。

桃太郎-桃太郎の伝説

レジェンド桃太郎の日本語版

以下は、日本の桃太郎伝説の人気バージョンです。

むかしむかしのおはなしです。
おばあさんがかわでせんたくをしていると…
どんぶらこっこどんぶらこっこ。
「おやまあ、おおきなももがながれてきたよ」

いえにもってかえると、
ぱかっ!
「おんぎゃあー!」
なかからおとこのこがうまれました。

「げんきなこだねえ」
おばあさんがにこにこすると、
「ももからうまれたももたろうだね」
おじいさんもうれしそうにいいました。

ももたろうはもりもりごはんをたべて
ぐんぐんおおきくなりました。

あるひむらのたからものがおににぬすまれてしまいました。
つよくてやさしいももたろうは
「ぼくがとりかえしてくるよ!」
そういって、おにがしまへいくことにしました。

「ももたろう、これをもっておいき」
おばあさんがおいしいきびだんごを
つくってくれました。

「きびだんごひとつくださいわん」
「うん、いいよ」
いぬがももたろうについてきました。

「きびだんごひとつくださいうきー」
「うん、いいよ」
さるもももたろうについてきました。

「きびだんごひとつくださいっぴー」
「うん、いいよ」
きじもももたろうについてきました。

とうとうおにがしまにつきました。
「こらー、おにたち。たからものを かえすんだ!」
「かえすわん!」
「かえすうきー!」
「かえすっぴー!」
みんなでおおきなこえをだしました。

「かえせー!」
「わんわん!」
「うきーうきー!」
「ぴーぴー!」
あまりにもうるさいので、おにはみみがいたくてかないません。

「やめてくれー、たからものはかえすから」
「もうわるいことをしてはいけないよ」
「ごめんなさい、もうしません」
おにはやくそくしました。

ももたろうはたからものをもって
むらにかえりました。
「おかえり、ももたろう」
「ありがとう、ももたろう!」
おじいさんもおばあさんもむらのみんなもとてもよろこびました。

桃太郎の歌

の曲があります 桃太郎 1911年に岡野貞一からなる普通小学校の歌に最初に登場した文部省によって書かれました。以下の日本語の手紙を参照してください。

  1. 桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけた黍団子、一つわたしに下さいな。
  2. やりましょう、やりましょう、これから鬼の征伐に、ついて行くならやりましょう。
  3. 行きましょう、行きましょう、貴方について何処までも、家来になって行きましょう。
  4. そりや進め、そりや進め、一度に攻めて攻めやぶり、つぶしてしまへ、鬼が島。
  5. おもしろい、おもしろい、のこらず鬼を攻めふせて、分捕物をえんやらや。
  6. 万万歳、万万歳、お伴の犬や猿雉子は、勇んで車をえんやらや。
Compartilhe com seus Amigos!