日本の柑橘類 – ゆず、きんかん、だいだん、すだち

[ADS]広告

柚子、金館、大段、スダチなど、知らない日本の果物がたくさんあります。この記事では、日本で栽培されている未知の柑橘系の果物についてお話します。

柑橘系のフルーツがお気に入りです。日本では、レモン、オレンジ、ミカンを簡単に手に入れることができますが、その多くは、大きさや味が異なる日本の品種です。時には甘く、時には酸っぱく。

ゆず- 日本のレモン

ゆず [柚] は苦みのある日本の柑橘系の果物で、西洋で最もよく知られている日本の果物です。ゆずは非常に苦いためめったに消費されませんが、日本料理、ジュース、飲み物に広く使用されています.

その起源は中国人ですが、日本の果物としてラベル付けされることになりました。その強い風味に加えて、それはまた強い風味であり、開いているかすりおろしているかにかかわらず料理を香ばしくするために使用されます。それはあまり酸性ではなく、レモンとみかんの混合物に似ています。

日本の柑橘系の果物-ゆず、金かん、ダイダン、スダチ

柚子によく似たカボス、シークヮーサーなどの果物も特筆に値します。梅やプラムなどの酸っぱい果物もあります。

読むことをお勧めします: くだもの-果物の名前

みかん-みかん

みかん [みかん] は、日本のミカンの中で最も一般的な種類で、通称カンです (他の品種には伊予柑とポンカンがあります)。皮がむきやすく、種がないみかんは、初冬の旬のデザートやおやつとして広く親しまれています。

みかんは約 400 年前に日本に導入され、西洋ではタンジェリンとして知られています。海外に輸出される数少ない日本の果物です。ブラジル産の他のみかんとは風味に違いがあります。

日本の柑橘系の果物-ゆず、金かん、ダイダン、スダチ

キンカン-ミニジャパニーズオレンジ

金柑(きんかん)は、オレンジに似たとても小さな果実で、オリーブより少し大きいです。学名は Citrus japonica です。また、Xinxim、Kumquat、または fortunella の名前でも知られています。

日本では、キンカンの栽培は主に島とnbsp;九州にあり、その果実は最大3メートルに達することができる茂みにあり、果樹は観賞用にも非常に高く評価されています。 キンカンは丸ごと消費できます。 、その皮は甘く、中は少し酸っぱいです。

キンカンオレンジは、傷を癒し、体の免疫力を強化するのに役立ちます。また、ルテイン、ゼアキサンチン、カロテノイド、タンニンなどの再生特性もあります。キンカンはミネラルも豊富で、減量ダイエットを助け、インフルエンザや喉の症状と戦います。

日本の柑橘系の果物-ゆず、金かん、ダイダン、スダチ

ダイダイ- 長寿の象徴

だいだい[橙]はとても不思議な果物で、日本では長寿の象徴と考えられている日本の柑橘類です。果実は食べられずに数年間木にとどまり、冬にはオレンジ色に、夏には再び緑色になります。

代代という言葉は、数世代を意味し、これは代代色[橙色]と呼ばれる古代のオレンジ色にも影響を与えました。だいだいの実は非常に苦く、めったに食べられません。料理に使われることもあり、樹皮は薬によく使われます。

ダイダイはヒマラヤで生まれました。中国の揚子江渓谷地域に広がり、後に日本で人気を博し、去痰薬や消化器系の強壮剤としても使用されています。

日本の柑橘系の果物-ゆず、金かん、ダイダン、スダチ

スダチ- レモンまたはオレンジ?

すだち[酢橘]は、シンプルなレモンのように見える小さな日本の柑橘類ですが、酸味があり、小さいにもかかわらず、オレンジに比べてわずかです.すだちは、果物の産地が集中する徳島県のシンボルです。

四国で栽培されていますが、果物として食べられることはめったになく、日本料理、寿司、そば、デザート、飾りとして使用されます.すだちを使った酢もあります。

この果物のスライスは、魚、そば、うどん、鍋物、さらにはアルコール飲料など、多くの伝統的な日本料理と一緒に提供されます.すだちは、柚子、かぼすとともにポン酢のベースとなります。

日本の柑橘系の果物-ゆず、金かん、ダイダン、スダチ

日本産の柑橘系の果物ですが、他にもご存知ですか?ご意見をお待ちしております。この短い記事を読んでくれてありがとう、また会いましょう!

この記事を共有する: