東洋療法は患者の健康と幸福に貢献します

[ADS]広告

東洋療法は、人間の健康に役立つ一連の理論と実践です。.

人間は複雑な存在です。バランスを維持することは、身体的および精神的な健康的なライフスタイルに基づいていますが、他の多くの要因にも依存します.何千年も前に東洋の哲学が教えてくれたように、宇宙のすべては相互につながっています。たとえば、伝統的な中国医学 (TCM) やその他の東洋の慣行は、宇宙とその相互関係を理解する方法であり、お互いをよりよく知るための強力なツールになる可能性があります。人間が目指す調和。

東洋療法は、人間の健康に役立つ一連の理論と実践です。その相対的な複雑さは、主にその哲学的および象徴的な基盤によるものです。彼らは、現象を孤立して考えるのではなく、それらの間の関係の観点から考えて、体、心、そして心を全体として見ます。したがって、臓器や人の健康は複数の要因に左右され、それらはすべて相互に関連しています。

鍼治療やヨガについて聞いたことがあるかもしれませんが、これらの東洋療法が実際に何を意味するのか知っていますか?以下でそれらと他の人について少し学んでください。

1. 鍼治療

鍼治療は、5,000 年以上にわたって実践されてきた古代の治療法です。それは、伝統的な中国医学の 2 つの基本原則に基づいています。 1つ目は陰と陽で、すべてに存在する2つの相反する部分を象徴しています。例えば、女は陰、男は陽、水は陰、火は陽。それらは互いに反対し、補完し合います。一方は他方なしでは存在できません。 

第二の原則は、五行の原則です。宇宙は、木、火、土、金、水の五大元素の運動と変容によって形成されています。この理論は、生理学と病理学、および生物と周囲の環境との関係を説明するために使用されます。

中国人は鍼治療を考えていました(ラテン語から) 非難する、「針」、および パンゲレ、「チョップ」)体の防御とバランスを刺激できる方法。それは、体が「経絡」のネットワークを通じて電磁生命力の絶え間ない流れを運ぶという理論に基づいています。不均衡を修正するために経絡上の特定のポイントに針を挿入して、流れを刺激または分散させます。 

鍼治療は、1978 年に世界保健機関 (WHO) によって効果的で受け入れられた医療行為として正式に認められました。

鍼治療を行う手

2. 指圧

指圧は日本発祥の治療法です。親指、指、手のひら、肘、膝、足、つま先を一種のマッサージ用の器具として使用する指圧法(指圧=指圧)を使用し、他の器具の整備士や医師は使用しません。マッサージは、すでに上で説明した経絡のエネルギーの流れのバランスをとるため、十分な回数のセッションの後、エネルギーのバランスが取れます。 

この治療法は、日本の伝統的な手技療法と現代の西洋医学の知識を統合して開発されました。これは、ストレスを軽減し、全体的な健康と幸福に貢献できる非侵襲的な治療法です。これにより、予防効果と矯正効果の両方が得られると考えられています。内臓、筋骨格、および感情的な状態の広い範囲を治療するために使用できます。

たとえば、頭痛、PMS、消化器疾患、疲労、不眠症、線維筋痛症、ストレス、不安、腰、首、関節の痛みを含む痛みの治療に最適です。効果は、セッションの目的に応じて、刺激的で元気を与えたり、落ち着かせたりすることができます.

詳細については、以下をお読みになることをお勧めします。

  • 指圧:心身のバランスを整える日本のマッサージ療法を学ぶ
美容院でマッサージをする女性

3. ヨガ

ヨガという言葉は、体と心の結合を意味します。物理的な観点から見ると、ヨガの練習は柔軟性と身体意識を発達させ、強さとバランスを高め、いくつかの筋骨格の問題を助けることができます.ヨガは姿勢の調整を改善し、可動性を高めます。

身体的な利点に加えて、ヨガは神経系において重要な役割を果たします。副交感神経系へのアクセスを可能にし、とりわけ、ストレスをよりよくコントロールし、よりリラックスした心を持ち、より穏やかに人生に向き合うのに役立ちます.さらに、さまざまな呼吸法を通じて、呼吸に気づき、呼吸を深め、呼吸を改善するのにも役立ちます。

よりダイナミックなヨガのメリットを享受するには、健康で、ある程度の体力を持っていることが推奨されます。そうしないと、追いつくのが難しくなり、怪我のリスクが生じます。背中に問題がある人は、アイアンガーやハタなど、ポーズを適切に習得するのに時間がかかるあまりダイナミックでないヨガを検討するのが最善です.ヨガにはさまざまなスタイルがあり、それぞれが練習の特定の側面を強調しています。 

ヨガの練習は、私たちの心を落ち着かせ、安定させ、内なる平和を確立することを教えてくれます。

スタジオの練習でマットの上で木のポーズでインストラクターと一緒に高齢者のヨガのグループ

4.レイキ

レイキは日本発祥のホリスティックセラピーです。それは、人のエネルギーのバランスを取り、癒しのプロセスを目覚めさせ、体のレベルと心のレベルの両方で、永続的で深い平和を見つけることができるようにすることから成ります. 

この瞑想的なリラクゼーションは、体のエネルギーの流れの特定のポイントに触れることによって起こります。開業医は、患者の体のさまざまな部分に手を置き、エネルギーの伝達を可能にします。このプロセスでは、開業医は普遍的なエネルギーのチャネルとして機能し、個人的なエネルギーを関与させることなく、患者の生命力を回復するためにそれを患者に伝達します.このエネルギーは、それを最も必要とする体の領域に向けられます。

レイキセッションでの女性の顔のショット。

レイキは、体内のエネルギーレベルが低いと、一般的に脆弱な状態になることを理解しています.そして、エネルギーが均等かつ調和的に流れると、人はよりつながりを感じ、現在の瞬間をより意識するようになります。これが、精神的、心理的、肉体的な存在のすべてのレベルで良好なバランスを保つ秘訣です。

この実践は哲学的でもあり、仏教、神道、瞑想法に触発され、ホリスティック、つまりグローバルな次元で行われます。目標は、自分の中に平和を見つけることです。

この記事を共有する: