おだいば– 東京の有名な人工島

Odaiba 【お台場】は、エンターテインメントあふれる大きなショッピングセンター、東京で最も楽しい場所のひとつです。この記事では、レインボーブリッジ、ショッピングモール、美術館など、この素晴らしい島があなたの楽しみのために提供するすべてのものを見ていきます。

ゆりかもめの電車に乗る必要があるとすぐに、東京湾のツアーに参加して、有名なレインボーブリッジを見ながら、たくさんの写真を楽しんだり、写真を撮ったりすることができます。

おだいばは東京湾にある大きな人工島で、 レインボータウン島は東京から6キロ離れており、湊地区に属しています。それは1986年に主要な建築プロジェクトから建てられました。

島は1億1000万立方メートルの土と焼却廃棄物の上に建てられました。おだいばは観光やレジャーに最適な場所です。巨大なエンターテインメントコンプレックス、テーマ別のショッピングモール、ホテル、レストラン、住宅があります。

大台場の主な観光ポイント

小台場には東京で最もユニークな建築物がいくつかあります。今度は、この島がとても人気のある主要な観光スポット、美術館、複合施設、その他の著名なポイントをいくつか見てみましょう。

お台場-東京の人工島

レインボーブリッジ -1993年8月に完成した近代化された橋。フェスティバル、イベント、時期に応じて特別な照明を得る444個のライトで装飾されています。

東京ビッグサイトまたは 東京国際展示センター - ここでは、東京モーターショーなど、今年の多くの重要なイベントが開催されます。

富士テレビビル - テレビ局富士のこの建物は大台場のシンボルの一つであり、そのデザイナーは素晴らしい眺めで非常に興味深いです。来場者に開放されており、レコーディングスタジオやテレビ番組に関するいくつかの展示会を知ることができます。

お台場-東京の人工島

フェリスホイール -大台には高さ110メートルのフェリスホイールがあり、夜は魅力的です。

トヨタメガウェブ -トヨタの最新モデルをすべて展示するトヨタのショールーム。

お台場-東京の人工島

パナソニックセンター -最新のパナソニックテクノロジーが紹介されている複合施設。ここには、コンピューター、テレビ、ゲーム、電化製品などがあります。3階には数学と科学の博物館があります。

Leisureland -アーケードゲーム、ボウリング、カラオケ、ダーツ、テニス、スポーツゲームを備えたエンターテインメントコンプレックス。

大江戸温泉物語 -江戸時代の雰囲気を再現した温泉屋・公園。浴衣を着た江戸を模した小さな町や、足湯もあります。

お台場-東京の人工島

テレコミュニケーションセンター -ここでは、衛星アンテナでいっぱいの観測デッキにアクセスできます。東京湾、時には富士山の素晴らしい景色を眺めることができます。

オダイバのボスタ美術館 -この博物館では、すべてがたわごとやトイレのような形をしています。風船、食べ物、うんちが入ったトイレ、そして色とりどりで楽しいものがたくさんあります。の美術館を訪れる機会をお見逃しなく 日本のたわごと!

レインボーブリッジ -レインボーブリッジ

東京橋と呼ばれる 「レインボーブリッジ」 (レイんボーブリッジ)は、日本で最も美しいアイコンの1つで、1987年に建てられ、1993年に完成しました。6年かかりました。幅570メートル、長さ918メートル、2階建てです。

橋は芝浦、お台場、港区埠頭につながっており、東京の他の多くの観光地、ショッピングセンター、レストランに簡単にアクセスできます。橋は田町駅または芝浦駅からアクセスできます。

Rainbow2

橋からは東京湾が見えますが、 東京タワースカイツリー、大台場のウォーターフロント、さらには富士山。橋のサポートタワーは白で、東京のダウンタウンの空と調和するように設計されています。

橋の名前はレインボー (Rainbow) 橋を照らす赤、白、緑のランプが原因で、日中に充電される太陽エネルギーを介して機能します。

橋の両側には歩道があり、誰でも無料で美しい景色を楽しむことができます。デッキや橋の歩道に自転車を置くことはできません。橋の詳細を示すサンタナ運河のビデオをご覧ください。

森ビルデジタル美術館

O 森ビルデジタル美術館teamLabボーダレス 大台場のすごい場所です。これは普通の美術館ではありません。美術館が嫌いな人でも、誰もが感動するのはすべてデジタルでカラフルです。

この美術館は、カップル、子供、あらゆる年齢の人々のロマンチックな出会いに最適です。ここでは、ミラー、LEDスポットライト、3Dカメラ、拡張現実などを使用したテクノロジーによって作成された色でいっぱいの宇宙に乗り出します。

50以上の作品があり、いくつかはまだ一般の人々と交流しています。あなたが入ると、戦略的な鏡によって作成された効果で床と壁を横切って移動する鏡とアニメーション、芸術とカラフルな画像でいっぱいの部屋に直面します。

私はこの素晴らしい博物館を探索する機会がありました、私は以下のビデオを残します:

みらいかん-国立科学博物館

みらいかんは、日本の科学技術研究の取り組みを紹介する国立科学博物館です。2001年に東京に設立され、最近改装され、大台場にあります。

みらいかんは文字通り「未来の回廊」と訳され、正式名称は 国立新興科学革新博物館。この美術館は、特に週末や休日にここに集まり、さまざまな教育的で楽しい活動に魅了されている小さな子供連れの家族にアピールしています。

博物館の目玉は、ドイツの芸術家によって設計されたLEDディスプレイで覆われたツナガリと呼ばれる大きな地球です。 インゴガンサー。 地球儀は、科学データの過去および将来の予測をリアルタイムで表示するために使用されます。

お台場-東京の有名な人工島

別の常設展示では、ほぼ継続的に発生する微小地震など、定期的に日本をリアルタイムで襲う地震を紹介しています。他の展示会は、宇宙、深海、ロボット工学、物理学、環境科学、生物学のテーマをカバーしています。

博物館はまた、毎年いくつかの特別展 を開催しています。みらいかんは、国内外の研究コミュニティとのつながりが深く、長年にわたって優れた展示会を開催してきました。

みらいかんは、科学だけでなく、芸術や社会など、さまざまなイベントや展示会で知られています。名前が示すように、博物館は未来に焦点を合わせており、人類の運命について未解決の問題を提起しています。

大台場の商業施設

ヴィーナスフォート -ローマの女神のこの小さなテーマのアウトレットは、良い写真を撮るのに最適です。そこに入ると、まるで古代ローマにいるかのように見えます。天井には青い空があり、写真で友達を欺くことができます。

お台場-東京の人工島

ダイバーシティ東京プラザ -玄関先にある巨大なガンダム像で有名な巨大な多層モール。私がそこに行ったとき、アイドルイベントはまだ続いていました。古いガンダムはより現代的なものに置き換えられました。

お台場-東京の人工島
新しいガンダムモデルに置き換えられた古い彫像。

これらすべてに加えて、あなたはと呼ばれる別のモールを見つけます アクアシティおだいば シネマコンプレックスで。最後に、 デッキ東京ビーチ、いくつかのショップ、レストラン、テーマパークがある別のモール。

東京のこの人工島を訪れる機会はありましたか?この機会をお見逃しなく!ご意見、ご感想をお待ちしております。

また、以下を読むことをお勧めします。 

この記事を共有する:


コメントする