有名な日本のマスク

発表

日本にはマスクの長い歴史があります。昔から日本人はマスクをしていて、その伝説はマスクで表現されていましたが、今日でも 日本人は医療用マスクを着用します アレルギーまたは風邪の最初の兆候で。

ほとんどの日本のマスクには歴史と伝統があり、過去から現在までの日本の文化の一部です。実用的なものもあれば、装飾的なものもあります。この記事では、有名な日本のマスクについてお話します。

主な日本のマスク

主で最も人気のある日本のマスクを紹介することから始めましょう。次に、伝説、物語、精霊、日本の生き物を参照する最も伝統的なマスクを見ていきます。

事実上すべてでそれを覚えている まつり (お祭り)日本からは、アニメのキャラクター、動物、神話上の生き物のマスクを販売するショップがあります。ほとんどは特に子供のためにプラスチックで作られています。

発表

特撮マスク

1970年以来、一連の 特撮 ウルトラマムや仮面ライダーのようなものが日本で人気になっているので、特にお祭りで、これらのヒーローや悪役のマスクをいくつか見つけることができます。

有名な日本のマスク

面頬-サムライマスク

侍は通常、戦闘でマスクを着用します。 面頬 [面頬]。彼らは侍の顔を保護し、敵の心に恐怖を与えるように設計されました。

武士のマスクは、武士の個性や好みに合わせて特別な職人によって作られました。いくつかは悪魔的で恐ろしい外観をしており、通常は口ひげ、牙、大きな鼻があります。 

それらは通常鉄と革でできていて、あごの下に汗を排出するための小さな穴がありました。他の人は、鼻から下だけを覆うハプリと呼ばれる面頬と、残りを保護するヘルメットを身に着けていました。

MEN-剣道マスク

の開業医でさえ 剣道 (刀の道)保護用の兜をかぶる。この鎧マスクは「男性」そして通常、顔全体、喉、肩を保護します。名前はまた、頭への剣道の打撃を指すことができます。

発表
マクス

ANIMEGAO-アニメマスク

アニメ顔着ぐる アニメやマンガのキャラクターが登場する大きな目元のマスクです。通常のコスプレとは異なり、顔は本当にキャラクターのマスクです。

これらの衣装やアニメの顔を着ているアーティストは、しばしば呼ばれます 着ぐるみ。 多くの場合、これらの服やマスクは、この種のイベントで子供や若者を楽しませるために使用できます。

日本の精霊の仮面

 鬼のマスク

日本の悪魔または鬼です。鬼のマスク、面白いか怖い。日本の田舎のお祭りでは、地元の人が鬼の仮面をかぶって街頭を駆け巡ることがよくあります。

有名な日本のマスク

キツネ-フォックスマスク

キツネ[狐]はキツネを意味します。日本の伝統によると、キツネは女神稲荷の使者です。伝説では、神々がキツネのように見えるのはよくあることです。人間を欺くために美しい女性のように見える人さえいます。

ひょっとこと岡目

ひょっとこ  マスクで表されるのは神話の精神です。ひょっとこにまつわる物語は地域によって大きく異なり、おへそ金を生み出す変な顔の少年だったところもありました。

神話のすべてのバリエーションで、ひょっとこは変な顔をした幸運な精神です。&Nbsp;ひょっとこは、愚かなステップのピエロのような一連の伝統的なダンスで役割を果たします。

発表
Makss

Okame はひょっとこの女性版です。二人は変な顔をしていて、しばしば一緒にカップルとして見られます。岡目は一般的に、惜しみなく幸運を広める女神と見なされています。

般若のマスク 

般若は鬼に似ているが角のある女性の悪魔です。般若の面は能楽堂で使われています。彼らはしばしば非常に恐ろしくて嫉妬深いキャラクターとして描かれます。能楽堂には般若以外にもいくつかのマスクがあります。

有名な日本のマスク

天狗マスク

天狗 [天狗]は日本の民間伝承の幻想的な生き物であり、その伝説には仏教と神道の両方の痕跡があるエルフの一種です。彼らは森や山に生息しています。天狗の最も印象的な身体的特徴は、長い鼻です。

それらのほとんどはまたひげを持っています。一部の天狗には鳥の頭があります。これらは偉大な武道家と考えられていました。天狗の仮面はさまざまな祭りで使用され、寺院、企業、レストランを飾るための人気のある装飾品です。

マンステング

カッパマスク

カッパは、水泳選手を攻撃し、相撲で人間に挑戦するのが好きな川の怪物です。彼らは通常悪いですが、彼らは約束を守ります。

発表

その記事についてどう思いましたか?他の人気のある日本のマスクを知っていますか?コメントと共有に感謝します!