サッカーアニメ – 最高のジャンルのリスト

[ADS]広告

数年前、サッカーは日本人にそれほど人気が​​ありませんでした。しかし、今日それはになりました 国内で3番目に人気のあるスポーツ。2002年にアジアで初めて開催された日本と韓国を拠点とするワールドカップのおかげです。 日本語では、「サッカー」は英語の「サッカー」に由来する言葉であるサッカです。

しかし、このスポーツの人気の多くは、両方からの多くの作品によるものでもあります mangas アニメのように、それはフットボールを描写します。それまでは、この国ではほとんど練習されていませんでした。

スポーツは空想的な方法で描かれることもありますが、サッカーの現実も示しています。これらのマンガやアニメの多くはブラジルにやって来て、古典的なキャプテン翼(スーパーチャンピオン)から最新のスーパーイレブン(イナズマイレブン)まで、大成功を収めました。サッカーアニメのリストを今すぐ見る:

キャプテン翼(スーパーチャンピオン)(1983)

アニメはの物語を語る オリバー翼、フットボールの狂信的な少年。別の都市に引っ越した後、彼は新しい友達とスポーツ大会の世界を見つけました。

日本のサッカーチームを守ることを主な夢として FIFAワールドカップ。それで彼はたくさんの訓練をし、彼の旅の多くの挑戦を克服します。常にあなたの強さとスキルを向上させるために努力しています。

このシリーズは、フットボールの動きにちょっと夢中です。しかし、それはまた、友人、ライバル、トレーニング、競技会、そしてゲームの進行の間の関係についてです。

  • 主人公はブラジルのチームでプレーするようになります
  • 2018年には remake アニメ;
サッカーアニメ-ジャンルの最高のリスト

ジャイアントキリング(2010)

このアニメは 辰巳武の物語です。 元有名選手、これは treinador フットボールの。あなたの目標は、今ではコーチとして、古いチームをピットから追い出すことです。

辰巳だけでなく、選手、ファン、ボード、チームの運営にも焦点を当てています。実際、フットボールクラブですべてがどのように機能するかを示しています。

イナズマイレブン(スーパーイレブン)(2008)

このアニメでは、円堂守(ブラジル)に会います 遠藤悟)、学校チームの若くて才能のあるゴールキーパー。才能がたくさんあっても、あなたの学校には競争力のあるサッカーチームがありません。しかし、新しい熟練した学生が遠藤の学校に引っ越すと、すべてが変わります。

次に、ゴールキーパーはチームを後押しするために新しいプレーヤーを探しに行きます。非常に空想的な試合、プレイヤーでいっぱい podere多様なスキルの場合、  たくさんのアクション、そして現実になるスタジアム 戦闘アリーナ.

サッカーアニメ-ジャンルの最高のリスト

Area no Kishi (2012)

相澤カケルはの弟です シャツ10 日本の15歳未満のチームから。カケルは選手であることに少し懐疑的であるため、彼は兄の学校チームの単なるヘルパーです。しかし、彼らとサッカーをした古い幼なじみが戻ってくると、すべてが変わります。

彼女はカケルがどのように理解していない サッカーをすることに自信を失った。その若いカケルが全国選手権に参加するという彼の夢を追求することを決心したことから、ひどい出来事が彼らの人生を刻みます。

日(2016)

このシリーズは、 塚本つくしの開発を示しています。 tímido e desajeitado ティーンエイジャーで、サッカーにはあまり熟練していません。しかし、ある日、いくつかのイベントの後、彼はスポーツのスキルがほとんどないにもかかわらず、非常に勤勉で献身的であることがわかりました。

あなたの友人のジンは、 サッカーの天才、つくしの献身を見て、彼はチームに参加するように誘われます。つくしは、もろくて弱くて不器用ですが、気質が良く、難しいように見えてもチームが一緒に仕事をするのに役立ちます。

サッカーアニメ-ジャンルの最高のリスト

その他のサッカーアニメ

  • Whistle! (2002)
  • Ginga e Kickoff!! (2012)
  • Aoki Densetsu Shoot! (1993)
  • Hungry Heart: Wild Striker (2002)
  • Ganbare, Kickers! (1997)
  • Keppeki Danshi! Aoyama-kun (2017)
  • Eyeshield 21 (2004)

そして、あなたはそれらのフットボールのアニメを見たことがありますか?あなたはこのスタイルのアニメが好きですか?コメントを残して友達にシェアしましょう。また、以下を読むことをお勧めします。

この記事を共有する: